第732回例会 職業奉仕例会

開催日時 平成18年10月27日 金曜日
開催場所 西尾信用金庫 中央支店 2F
合唱曲 手に手つないで
卓話者一色RC 山下保彦君
お客様一色RC 鳥居光君
司会進行鈴木善和君

会長挨拶

 本日は、「揺らぎの効果」について少しお話ししたいと思います。元々揺らぎというのは歴史が古く紀元前3千年前、ユダヤ王のサウルがうつ病を羊飼いの若者ダビデが奏でるハープの調べで直したと伝えられております。又、アリストテレスが音楽にはカタルシス効果、体に溜まった苦悩を吐き出しすっきりさせる効果があると言っております。アメリカのジョージ・ワシントンが軍隊に音楽療法を使って多くの場面で兵士の痛んだ心を直したと言われております。そんな中の揺らぎやせせらぎ、虫の音やクラッシック音楽にはそういう効能があって人間が生きていく為の一つの手段にすると良いのではないかと言われております。心臓の音、太陽の光、そよ風等に触れ自分の大事な気持ちを安らげて頂ければ幸いかなと思います。

 本日は、「揺らぎの効果」について少しお話ししたいと思います。元々揺らぎというのは歴史が古く紀元前3千年前、ユダヤ王のサウルがうつ病を羊飼いの若者ダビデが奏でるハープの調べで直したと伝えられております。又、アリストテレスが音楽にはカタルシス効果、体に溜まった苦悩を吐き出しすっきりさせる効果があると言っております。アメリカのジョージ・ワシントンが軍隊に音楽療法を使って多くの場面で兵士の痛んだ心を直したと言われております。そんな中の揺らぎやせせらぎ、虫の音やクラッシック音楽にはそういう効能があって人間が生きていく為の一つの手段にすると良いのではないかと言われております。心臓の音、太陽の光、そよ風等に触れ自分の大事な気持ちを安らげて頂ければ幸いかなと思います。 

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
62 4 58 41   17 70.69  

スマイル委員会報告

大高会長:皆様の協力でガバナー公式訪問を終え、ひと山越えた気がします。
宮地幹事:単身赴任からやっと本社へ戻ってきた感じです。
職業奉仕委員会:先々週の八丁味噌に続き職業奉仕のパート2です。
辻村和美君:岡崎市政90周年イベントで開催されるJAZZの祭典「岡崎JAZZストリート」のチケットスマイルします。
鈴木正司君:結婚記念日、妻の誕生日、妻の退院、JAZZチケット、全部まとめてありがとう。
下谷七郎君:昨日のクラブコンペは最悪のスコアでしたが、馬で大当たりしたのでスマイルします。
大山勝男君:昨日の会長杯で優勝させていただきました。
斎藤保夫君:チケットありがとう。
鈴木善和君:先週中国から帰国、来週はヨーロッパです。
以上 10件

大高会長:皆様の協力でガバナー公式訪問を終え、ひと山越えた気がします。
宮地幹事:単身赴任からやっと本社へ戻ってきた感じです。
職業奉仕委員会:先々週の八丁味噌に続き職業奉仕のパート2です。
辻村和美君:岡崎市政90周年イベントで開催されるJAZZの祭典「岡崎JAZZストリート」のチケットスマイルします。
鈴木正司君:結婚記念日、妻の誕生日、妻の退院、JAZZチケット、全部まとめてありがとう。
下谷七郎君:昨日のクラブコンペは最悪のスコア。でも、馬で大当たりしたのでスマイルします。
大山勝男君:昨日の会長杯で優勝させていただきました。
斎藤保夫君:チケットありがとう。
鈴木善和君:先週中国から帰国、来週はヨーロッパです。
以上 10件

卓話

カーログランスポルト(一色RC 山下保彦君)

 私は昔から車、オートバイが好きで、いじっていたのがだんだん走ってみたいなとなりまして、草レース等を経験しまして今回ロータリーが主催のイベントに参加する事が出来ました。その時の話を少ししたいと思います。このカーログランスポルトというのは走って楽しもうという会で、出走するにはクラッシックカーでないと出走が出来ない訳です。厳しいレースではないんですがF1だとかテレビでやっていますがそういうレースとはちょっと違いましてラリーと思って頂ければ良いと思います。ポイント、ポイントを確実な時間で走り点数にしまして競い合うといったレースです。その時に丁度ニューオリンズの台風の募金集めをしようと始まったので、参加費と寄付を持っていかないと仲間に入れてくれないというレースです。それが今年の3月にありました。来年度はフィリピンの津波の災害の募金を集めようという事でこのイベントを行う予定です。制限速度内で走る訳ですが中には渋滞や工事、信号待ち等がある物ですから60km/hの所を120位で走らないと着かない訳です。それを裏道を使ったりします。お台場のフジTVの前をスタートし海ほたるを渡りましてぐるっと千葉県を1周して帰って来ます。2日間で行うんですが、1分おきに出走していきます。130台いますので2時間半位かかります。着くのも順番に入りますのでその位時間がかかる。以前はそんなに競い合う事も無く、いい加減で上位に入れたのですが最近では、この15分32秒の中で入れという事だとその1秒の中に大体20台位入ってくる訳です。0.0何秒の戦いになってくる訳です。難しく、技がいるレースになってきています。この時は800km位距離がありました。
 色々な古い車がありまして基本となっている車は戦前の車から1957年までが基本となっています。色んな関係からそれではない車も入っています。あまり聞かれた事の無いような車も多いのですが、ベントレーとかロールスロイスはわかるかと思います。このレースに出てくる車はみんな由緒ある車で中には輸出入出来ない車、その国の遺産として登録している車もあります。
 レースが終わりお台場の中で車を集めまして一般の方に車を見て頂こうという事で4時間くらい置きっぱなしで一般の方が見たりしていました。これが新聞に載た写真です。態度がおまえらでかいぞなんてかなり言われました。こういうレースも最近では技術が伴って皆さん成績が良くなってきていまして上位に入る事が難しくなってきております。日本的にもブームになってきておりましてこっぱでとうかいというのがトヨタ博物館がメインでやりますが、それにも参加をしております。もしご興味のある方がおみえでしたらご一緒したいと思いますので参加して頂けたらと思います。結構楽しいイベントでロータリーの皆さんも一生懸命やってくださるものですから面白いイベントです。名古屋でもありますので是非見学にいらして頂けると楽しいかと思います。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]