第733回例会 廣中邦充氏(浄土宗西居寺住職)「やんちゃ和尚の教育論」

開催日時 平成18年11月11日(土曜日) 18:00~
開催場所 ロイヤルスクェア西尾平安殿
合唱曲 国歌並びに奉仕の理想
卓話者廣中邦充氏(浄土宗西居寺住職)
お客様一色RC 鈴木茂朗君夫妻 2名
司会進行鈴木善和君

会長挨拶

 今日は講師は岡崎の西居院 御住職、廣中邦充さんです。昨今、全国津々浦々から色々な問題を抱えた青少年を10人程預っておられます。今まだ予備軍が400名、500名とおられるそうでございます。しかしながらご住職の寺にも範囲がございます。許される範囲が10名~15名位が一生懸命だという事です。文化も進み色々な意味で経済的にもゆとりがある訳ですが経済も体も成長している中で、住職の本の中にも書いてありますが心だけなぜか成長していない、置き去りにされておると。そんな中でどうしてこんな子がいっぱい出来てしまうのかと。毎日報道の中に自殺や親が子を殺したり、子が親を殺したりと大変悲惨なニュースが特に今年になって多くあります。一つ間違うととんでもない事が身内、また身近な所でいつおこるかわかりません。素直な良い子であっても今日の廣中住職のお話を聞いて、また社員教育にも非常に良い効果があるんではないかと感じております。

 みなさんこんばんは。今日はご案内の通りキララロータリーの今年度の大きな方針であります教育関係の一環として今日ここに開催をさせて頂きます。ご案内の通り岡崎から大変お忙しい中我々の講演会にご出席頂きました西居院のご住職でもあられます廣中邦充さんです。廣中住職はテレビにでておられます。昨今の自然の状況を壊れておる中におきまして身をもって全国津々浦々から色々な問題を抱えた青少年を10人程預かっておられる。今まだ予備軍が400名、500名とおられるそうでございます。さりとてご住職の寺にも範囲がございます。許される範囲が10名~15名位が一生懸命だという事です。今も東海テレビの9時~11時迄放映がございました。文化も進み色々な意味で経済的にもゆとりがある訳ですが経済も体も成長している中で、住職の本の中にも書いてございますが心だけなぜか成長していない、置き去りにされておると。そんな中でどうしてこんな子がいっぱい出来てしまうのかと。毎日報道の中に自殺や親が子を殺したり、子が親を殺したりと大変悲惨なニュースが特に今年になって多くあります。今日ここにおられる方は経済的に無事にご子息を育てたと思います。しかし一つ間違うととんでもない事になる身内、身近な所でいつおこるかわからない、素直な良い子であっても今日の廣中住職のお話を聞いて、また社員教育にも非常に良い効果があるんではないかと感じております。皆さん方の良い糧になるんではないかと思いますので、今日企画させて頂きました。前々から一度お呼びしたいと考えていまして、私が会長になりましてすぐにプログラム委員長にこの企画をお願いを致しました。またご住職にご無理を言いました所、今日こうしてお越しいただいた事に改めましてお礼を申し上げ、このような多くの方にこの講演を聞いて頂ける事にお礼を申し上げます。今日は色々ありがとうございます。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
62 4 58 42   16 72.41  

スマイル委員会報告

大高会長:西居院ご住職 廣中邦充様本日は大変お忙しい中KIRARAロータリー教育講演会にお越しいただき心よりお礼を申し上げます。
宮地幹事:廣中和尚様本日は、西尾KIRARA RCへようこそお越しくださいました。
岡田義雄君:女房の誕生日すばらしいバラの花ありがとうございました。そして会長の奥様の手作りの作品はすばらしかったです。
長谷収一君:廣中さんようこそKIRARAへ講演よろしくお願いいたします。他1件
米津長治君:先日あいやさんの経営セミナー聞かせていただきました。杉田さんありがとうございます。 以上8件

大高会長:西居院ご住職 廣中邦充様本日は大変お忙しい中KIRARAロータリー教育講演会にお越しいただき心よりお礼を申し上げます。他1件
宮地幹事:廣中和尚様本日は、西尾KIRARA RCへようこそお越しくださいました。
岡田義雄君:女房の誕生日すばらしいバラの花ありがとうございました。そして会長の奥様の手作りの作品はすばらしかったです。ありがとうございます。
長谷収一君:廣中さんようこそKIRARAへ講演よろしくお願いいたします。他1件
米津長治君:先日あいやさんの経営セミナー聞かせていただきました。杉田さんありがとうございます。   以上8件

卓話

やんちゃ和尚の教育論(廣中邦充氏 (浄土宗西居寺住職))

 私の寺では不登校の子、非行の子、拒食症、過食症、潔癖性等の子達がお寺の中で生活をしております。丁度11年目になった訳ですが、先月いっぱいで486名の子供達がお寺を卒業致しました。お寺から学校へ、お寺から仕事へ。今現在14名の子供がおります。今お寺に入りたと希望している子供達が991名待っている状態です。西尾市の中学校には教育アドバイザーがおります。色々相談もかかってきます。僕は子供達が悪いと思っている間は全然直らないと思います。今のいじめや自殺の問題。沢山の子供達が苦しみ悩み叫び声を上げている中で大人は何をしているのかなと。皆机上の上でコメントしか出さないんですよ。現実に子供の育成を作って何の効果があるのかって事ですよ。そんなもの1割か2割ですよ。助かる子供というのは。それよりももっと苦しみも叫んでいる子供達がもっといるという現状を知らないとと私は思います。不登校の子供達はもの凄い数です。○○中学校からも結構入ってきております。「お坊さん助けてよ~。」それが現実なんです。現場の先生達知らないんです。教育委員会の人達知らないんです、そんな叫び声。僕のお寺は食費は1円も頂いておりません。預かり賃も1円も頂いておりません。なぜ頂かないか。金を払える子供は助けてやっても金を払えない子供は誰が助けてやるかという事ですよ。だから僕は宗教者にも目を覚ませ。坊主よ目を覚ませ。信仰宗教者の人達皆目を覚ませと叫ばさせて頂いておる訳です。助けを求める場所がない、親達に助けを求める場所がない。それが現実なんですよ。 お寺の卒業生の子達、色々な子供達がいます。私が今経験していますのはいじめられるのもいじめる方も家庭の中に8割の原因があります。学校の先生を攻撃する。学校を攻撃する。色んな両親のコメントを聞いていても家庭の中に問題があるのは当然じゃないかと私は思います。西尾市には悲しい出来事がありました。でも美化をする奴らがおるという事です。みんな机上の上でのコメントを出すんじゃないんでしょうか。大学の教授、学校の先生みんな机上ですよ。実践の中での何がわかるのか。子供が悪いと思っているうちは直りません。親が気が付かない限り子供達全然直らないですよ。でも言えないでしょ?教育長さん言えます?親が悪いんだって、お母さんあなたが悪いって。そこが問題なんですよ。僕はいつも何かあった時お寺の本堂を売ろうと思います。そこまで命がけなんですよ。そこまで思いを込めて僕はお寺の子供達、卒業していった子供達、待っている子供達、子供達さえ救われれば僕は何ともないと思っております。今現在、○○学校の女の子に私携帯電話を持たせております。携帯電話を持って行きな、但し学校に着いたら電源を切るようにと。なんかあったらすぐ電話しろ。この携帯電話がおじさんだと思っているから学校へ行けると、現実に言います。それは後ろ盾は誰がするべきかと言ったら父親であり母親であり学校の先生ではないでしょうか。いじめの解決には心と業が必要ではないだろうか。心とは悩みの世界でカウンセリング姿、カウンセリングがなければ絶対なおりません。すぐには直りません、でも5年後や10年後に直れば良いんです。でも業というのは出会いです。出会いとは何かと言ったらおじいさんやおばあさん、父親や母親、スポーツとの出会い。お花との出会い。動物との出会い。また今日のロータリーの人達との出会い。この心と業とが始めて一致した時に解決をして行く事ではないのかなと思います。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]