第736回例会 ベトナム国際親善訪問 報告会

開催日時 平成18年12月1日(金曜日)
開催場所 西尾信用金庫 中央支店 2F
合唱曲 国歌、奉仕の理想
卓話者ベトナム国際親善訪問 ビデオ
お客様なし
司会進行板倉國夫君

会長挨拶

 ベトナムから無事帰ってきました。大変疲れました。ハノイ市長にお会いしました。ロータリーの事をベトナム語で舌がもつれそうな感じでお話をさせて頂きました。なにはともあれ公式訪問を無事終えてきました。
 辺りは師走、12月に入りまして昨日のニュースでもロックフェラーセンターのツリーに点灯したと言っていました。まさに駆け足で1年の締めくくりがやってくるという感じです。そんな師走の中で師走油ということわざがあります。年末に油をこぼすと火事になる。年末の油の扱いに関しては十分注意をして頂きたい。もう一つは「師走女房に難つけな」という師走にからんだことわざがあります。これは年末に奥さんに難癖をつけると奥さんから角が出ますので年末最後は奥さんをいたわって忙しいのに大変だなという感じで過ごしますと良い正月が迎えられるという事で、二つの師走に関連することわざを紹介しました。

 ベトナムから無事帰ってきました。大変疲れました。ハノイ市長にお会いしました。ロータリーの事をベトナム語で舌がもつれそうな感じでお話をさせて頂きました。なにはともあれ公式訪問を無事終えてきました。
 辺りは師走、12月に入りまして昨日のニュースでもロックフェラーセンターのツリーに点灯したと言っていました。まさに駆け足で1年の締めくくりがやってくるという感じです。そんな師走の中で師走油ということわざがあります。年末に油をこぼすと火事になる。年末の油の扱いに関しては十分注意をして頂きたい。もう一つは「師走女房に難つけな」という師走にからんだことわざがあります。これは年末に奥さんに難癖をつけると奥さんから角が出ますので年末最後は奥さんをいたわって忙しいのに大変だなという感じで過ごしますと良い正月が迎えられるという事で、二つの師走に関連することわざを紹介しました。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
62 4 58 39   19 67.24  

スマイル委員会報告

大高会長:ベトナム訪問から無事帰ってきました。皆様から頂いた大事なお金を先方にお渡しして来ました。改めて日本人に生まれてよかったと感じました。メンバーの皆様のご好意に心より感謝申し上げます。
宮地幹事:無事ベトナムから帰ってきました。現地の出来事は、ビデオでご覧下さい。ありがとうございました。
榊原清太郎君:内孫が11月20日に生まれました。名前は「愛華」です。息子夫婦が生まれる前から決めていました。これで我が家は5人家族になり平均年齢も30代半ばと若くなり楽しみです。
長谷収一君:キャッチの16(市民チャンネルだいち)で石川勝男君の歌手デビューが見られます。放送時間は午前、午後とも10時に(12月中)オンエアーしています。(1日2回放送)
太高純治君:1週間遅れでスマイルします。地区大会に行ってきました。

大高会長:ベトナム訪問から無事帰ってきました。皆様から頂いた大事なお金を先方にお渡しして来ました。改めて日本人に生まれてよかったと感じました。メンバーの皆様のご好意に心より感謝申し上げます。
宮地幹事:無事ベトナムから帰ってきました。現地の出来事は、ビデオでご覧下さい。ありがとうございました。
榊原清太郎君:内孫が11月20日に生まれました。名前は「愛華」です。息子夫婦が生まれる前から決めていました。これで我が家は5人家族になり平均年齢も30代半ばと若くなり楽しみです。
長谷収一君:キャッチの16(市民チャンネルだいち)で石川勝男君の歌手デビューが見られます。放送時間は午前、午後とも10時に(12月中)オンエアーしています。(1日2回放送)
太高純治君:1週間遅れでスマイルします。地区大会に行ってきました。

卓話

ベトナム国際親善訪問視察 報告(大高会長)

 25日から28日にかけましてベトナムの方へ親善訪問をして参りました。ビデオでも見て頂きますがこういう国がまだあるんだという事をつくづく感じました。色々考えさせられた事もありますが無事に帰って参りました。委員長が持っておりますのは絵なんですけど縫い取りです。日本で言うと緞子のような形です。それを身障者の方達が大変な努力をなさって販売や観光用という形で努力されております。本当に素晴らしい物で、市の方からこちらの方に頂きました。私共は日本人形をお持ちしまして差し上げて参りました。これは事務所の方に展示しておきたいと思います。 現地の市長さんは45歳位で大変お若い方でした。グエン君のお父さんも51歳で非常に良い家族だったなと感じました。市長さんからは町への進出のお願いが感じで伝わってきました。ここに松下の工場があるよとか工場団地の話等を力説していました。我々も慎重にロータリーはこういう事なんだとか今年から始まりました現地採用型奨学生のお話をしてきました。公式訪問には報道陣とテレビ等がおりまして、新聞は皆さん方の机の上に置いてありますが、私と市長が握手をしている写真が載っているのかなと思ったらグエン君の写真でした。それから身障者の施設へ行きました。枯れ葉剤の影響の子供もみえましたし、とにかく北と南が地域格差、北の方が共産党が多く単車が多い。洪水の様で道路が怖くて渡れない。そんなような形で貧しい国だなというのがつくづく感じました。ちなみに賃金5千円~1万円、もっと田舎に行くと本当に2~3千円という感じのひどい所でした。ちなみにガイドは6万円という高給取りで、日本語外国語がしゃべれると良いようです。
 ベトナムへ向かう飛行機の中で、飛行機そのものは大きくてゆったりしておりました。飛行場の規模は決して大きな規模ではありません。花束を持った人達はグエン君の家族親族の方達で総出で私達を迎えて下さいました。市長に表敬訪問をしました。ここから部屋に入りまして正式な懇談会に入りました。ここは人口が30万の市で岡崎位の場所ですがバスで見た限りではそれ程の大きさを感じませんでした。
 新聞記者、カメラマン、テレビ局の方達も撮影をしてみえました。コウロア町排出児救助ホームで訪問に参りました。排出児という言葉にしましても大変な言葉だと思うのですが、枯れ葉剤の被害者、戦がく被害の子供、身障者の子供、胸につまされる思いでした。小さな部屋に何十人といましてそこで勉学をとっています。 この後にグエン君の家族との懇親会を行いました。食事は日本の食事とはかなり違いますのでなじむのにはちょっと時間がかかりそうな感じでした。グエン君のお父さんは学校の教師でこの地域としてはエリートの家族、お父さんの同級生が市長です。グエン君のお姉さんが最終日に私達に同行して下さって市内見学をして下さいました。市の中心ではオートバイだらけで凄い勢いで走って参ります。現地の方々はその中を平気でぬって横断して行く方がいます。こういう機会でないとベトナムという所まで行って来れないものですから楽しんで参りました。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]