第743回例会 会員卓話 杉田芳男君

開催日時 平成19年2月2日(金)
開催場所 西尾信用金庫 中央支店 2F
合唱曲 我等の生業
卓話者会員卓話 杉田芳男君「杉田のよもやま話」
お客様なし
司会進行堀田義之君

会長挨拶

 さて、今日2月2日は二日灸と言ってお灸を今日しますと倍の効果があると言われております。明日は節分。節を分けると立春の前の日がこういった日にあたっております。この節分という日も元々それぞれの季節の前日を節分と言っておったようですが、昨今の行事としては2月3日のみが言われる様になった。豆まきをして玄関先で邪気を払い幸いを招くと言われております。豆の蒔き方も形取って行きますと神棚に煎った大豆を奉ってそれから蒔くと言われております。本来は平安時代の宮中の行事では追儺という行事の一環で行われておると。目に見えぬ邪気を払い病魔を払い幸せを招聘するという行事から民間の行事へと変わってきたようです。1年の幸せを2月3日を境に新しい春を迎えて1年が無事である様に言われてこういう行事があります。またこの節分の日は初午の日とも言われております。京都の伏見稲荷等で五穀豊穣、商売繁盛と行われるのも3日です。

 皆さんこんにちは。今日は会長挨拶の前に一つ皆様方にお許しを頂きたいと思います。既にご承知かと思いますけど、去る1月30日午後2時2分。元会員の平岩二郎君がご逝去されました。本人の気持ちとしては晩やむなく退会という流れの中で、永眠される迄基本的には会員であるという心の中だったとご推察致します。したがって皆さん方にロータリーのネットワークを使って許可も無しに御案内申し上げた事につきましての説明とお許しを頂きたいというふうに思います。
 さて、今日2月2日は二日灸と言ってお灸を今日しますと倍の効果があると言われております。明日は節分。節を分けると立春の前の日がこういった日にあたっております。この節分という日も元々それぞれの季節の前日を節分と言っておったようですが、昨今の行事としては2月3日のみが言われる様になった。豆まきをして玄関先で邪気を払い幸いを招くと言われております。豆の蒔き方も形取って行きますと神棚に煎った大豆を奉ってそれから蒔くと言われております。本来は平安時代の宮中の行事では追儺という行事の一環で行われておると。目に見えぬ邪気を払い病魔を払い幸せを招聘するという行事から民間の行事へと変わってきたようです。1年の幸せを2月3日を境に新しい春を迎えて1年が無事である様に言われてこういう行事があります。またこの節分の日は初午の日とも言われております。京都の伏見稲荷等で五穀豊穣、商売繁盛と行われるのも3日です。
 今日は久々に冬らしい冬がやって来ました。今年は冬の無い冬と言われ、景気の方も悪影響が出るかと思いますけど、そういった悪い邪気を節分の行事で一気に払って頂き後程、今日のゲスト、杉田よしお君によもやま話と儲かる秘訣をしっかりと伝授して頂きあやかりたいと思います。本当に良き友と知り合えたなというのが私の心の支えです。どうか一つ忌憚の無い卓話をお願いを致します。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
59 1 58 46   12 79.31  

スマイル委員会報告

大高敏睦会長・・・明日は節分です。下世話な邪気を払い幸せを招いて良い年になるよう祈念します。今日の卓話はメンバーの杉田くんのお話です。!!感謝 感謝
宮地幹事・・・先週の日曜日、名古屋大須で占い師として始めてお店にでました。売上の一部をスマイルします。
辻村義之君・・・春を待たずにつわものが逝った。彼の熱き語らいが懐かしい。KIRARAのみなさん 身体を大事にしましょう。
杉田芳男君・・・地元紙と中日に載りました。今日の講師代はいただけないけれど、スマイルします。
長野敏行君・・・26回目の結婚記念日を迎えます。毎年、旅行に出かけていますが、今回は今のところ未定です。2~3日中に決めたいと思います。ありがとうございました。

大高敏睦会長・・・明日は節分です。下世話な邪気を払い幸せを招いて良い年になるよう祈念します。今日の卓話はメンバーの杉田くんのお話です。よもやま話期待してますので宜しくお願いします。!!感謝 感謝
宮地幹事・・・先週の日曜日、名古屋大須で占い師として始めてお店にでました。売上の一部をスマイルします。毎月第4日曜、大須にお出かけの時にはオズの占いコーナーに寄ってください。
辻村義之君・・・春を待たずにつわものが逝った。彼の熱き語らいが懐かしい。KIRARAのみなさん 身体を大事にしましょう。
杉田芳男君・・・バッチ忘れてすみません。地元紙と中日に載りました。今日の講師代はいただけないけれど、スマイルします。
長野敏行君・・・26回目の結婚記念日を迎えます。毎年、旅行に出かけていますが、今回は今のところ未定です。2~3日中に決めたいと思います。ありがとうございました。

卓話

杉田のよもやま話(会員 杉田芳男君)

 皆さんこんにちは。今日は儲かると言うよりもよもやま話をしたいと思います。私の会社で日頃やっている事でお話しすると、毎朝朝礼をやっています。全員集まって、そこで新入社員がお茶を出す訳ですが、そこで今日どういうお客さんがいらっしゃいます。どういうお叱りがありました。こういう事がありました。地域の話から色んな話を致します。そうすると全員会社がどちらへ向いているのか、どちらへ向かって走っているのか、どういう事があったのかという事が一部の人だけじゃなくて全員知る事が出来るなと思い毎朝続けています。私共の会社が全員で62人いる中で、部課長が全員で8名います。そこでまた特別集めて意思統一をします。これも毎日やっています。そうしますと垣根が取れるんですね。例えば業務、店舗売り、品質管理と色々ありますが、品質管理をやっている人はビーカーワークばっかりやっている訳です。そうすると営業の事は全然わからない。お店にどんな人が来ているのか全然知らない、我関せずではいけないという事でそういう垣根を取っ払ってくれと、何を会社として言っているのかという事、それぞれが連携をするミーティング。それにも私は出て行きません。課長が座長で全部やってくれと、経費は会社が持つからそれぞれやってくれという事で自主的にやっています。その中で問題点だけはメールしてくれと伝えてあります。なるべく風通しの良い会社にしようと思っています。
 2月一日から新しい年度が始まります。なかなか今まで有給休暇が残っちゃって失効しちゃう訳です。この繰り越し出来ない有休残を3千円で功労金として買っていました。それは結果が良くないなと思いまして、若い人はもっと使いたいのではないか。今平均年齢が28.3歳位です。そういう若い人達は有給を使いたいだろうと思い、今年からAさんが休みたい時はBさんがフォローし、Bさんが休みたい時にAさんがフォロー出来れば平日5日間休めるのでそういう事にしてくれ、それでも余った人に対しては功労金としては出せないけれどもどこかで評価しますと。一度試みでやってみます。私は有給休暇を上手く使ってもらえる方法、仕事ばかりじゃないよと言う事を特に若い社員に話をしたいと思っています。
 去年の暮れから米国の絡みがありまして、今日のニュースで不二屋さんに山崎製パンさんがテコ入れをするとありますが、山崎製パンが持っている米国の非常に厳しい食品安全に関わる手法を不二家に導入して再建を図るという事をニュースでやっていました。これは私が今年やった事だなと思いました。それはAIBと言うんですが、去年米国へ輸出する関係で米国さいどの大手さんからそれをとってくれと依頼がありました。1000点満点の850点は取ってくれと言われまして、私は自信がありましたので良いよと一口返事ですぐ審査を受けました。専門官が2人で来て本当にデスクや配電盤、ゴミダメの中、トイレ全部見て行きます。全部もれなくチェックしてそれが見事に滑りました。840点で滑った。そしたら社員が燃えてくれてもう一回やろうという事で、殆ど正月返上して綺麗にして設備を新しくした訳ではなく、今まで指摘された欠点をクリアして丁度1週間前に855点で合格する事が出来ました。本当に社員がよくやってくれました。私の仕事は目標だけ、こうやろうという事だけ話して後は皆に、皆がやってくれるという形でなるべく手を出さない、なるべく小言を言わない、聞くだけ、なるべく聞こうという事のバランスが良いのか悪いのかわかりませんが社員が燃えて来てくれます。それが利益の源泉だなと思います。ちょっと人より秀でていると非常に強い、私はそれを皆さんよりちょっと早く、他人を足蹴りにする事ではなく上に行ってしまえば次の人から掴まれない。これが利益の源泉かなと思っています。また自分に対して利益をどこまでは絶対確保しなければいけないかなと思っています。私は社員に1Kgの抹茶を作るのにいくらの経費がかかるんだよと言っています。そうするとコスト意識が出て無駄を省く事を提案して来てくれます。この提案に対しても皆で評価してわずかなお金ですがお出ししています。そうすると言った事に対してはやってくれます。私の会社の自慢話をやっていても面白くないのでたばこの話をします。
 たばこを吸うと税金を多く払っていると言われるのは地方税が入るからです。西尾市でたばこを吸えば西尾市に入るから吸ってくれという話です。たばこの63%が税金です。その6割強を分解しますとその半分、約30%が地方に入ります。たばこの害で医療費が4倍いるといわれております。
 財務省とパソコンで調べてみて下さい。国の借金が1秒ごとに250万円ずつ増えているのがわかります。隠れ借金も含めて1,111兆1653億円。想像がつきませんが1秒ごとに250万円ずつ間違いなく増えています。赤ちゃんから明日死ぬ人を含めて一人当たり888万9320円。これは誰が払うのかな。一家に例えると40万円のサラリーマンの人、そうすると家計費に37万いります。ところが田舎に両親がいると、国に例えると地方財政を助けないかんという事でこれが12万円。国債というローンがある訳です。これに払うのが15万円、月々24万円の赤字なんですね。いったい何を毎月食べているんだということですね。
 少なくとも自分の体だけは、歩いて歩いてまた歩いて健康にされて次の子供達に良い地球を贈ってあげたいなと思います。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]