第768回例会 ガハ゛ナー補佐訪問

開催日時 平成19年8月10日金曜日12:30~
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者ガバナー補佐金子利夫君、G補佐幹事杉浦智博君、地区副幹事松尾憲二郎君
お客様平田健治君〔岡崎RC)
司会進行杉田芳男

会長挨拶

●会長挨拶
 皆様こんにちは。ここ数日、何度暑い暑いという言葉を口にしているかわかりません。今日も朝から大変暑い日で、今年から35℃以上の日を真夏日と言うのではなくて猛暑日という呼び名があるそうです。(中略)我々キララロータリークラブも普段なかなか地区からのお話を頂く事が少ないですので、ガバナー補佐におかれましてはガバナー、RI会長のお話を頂ける大変良い機会ですので、どうか今日の良い機会をロータリーの勉強の場と頂きたく会長挨拶とさせて頂きます。

皆様こんにちは。ここ数日、何度暑い暑いという言葉を口にしているかわかりません。今日も朝から大変暑い日で、今年から35℃以上の日を真夏日と言うのではなくて猛暑日という呼び名があるそうです。
 それではゲスト・ビジターの紹介をさせて頂きます。知立ロータリークラブ金子利夫ガバナー補佐でいらっしゃいます。同じく知立ロータリークラブ杉浦知博ガバナー補佐幹事でいらっしゃいます。小牧ロータリークラブより松尾憲二郎地区副幹事でいらっしゃいます。岡崎ロータリークラブより平田けんじ君です。ようこそいらっしゃいました。今日はガバナー補佐はじめお三方お越し頂きました。我々キララロータリークラブも普段なかなか地区からのお話を頂く事が少ないですので、ガバナー補佐におかれましてはガバナー、RI会長のお話を頂ける大変良い機会ですので、どうか今日の良い機会をロータリーの勉強の場と頂きたく会長挨拶とさせて頂きます。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 1 57 51 6 6 89.47 100.00

スマイル委員会報告

金子ガバナー補佐、松尾地区副幹事、杉浦ガバナー補佐幹事 スマイル有り難うございます。
岡田会長・金子ガバナー補佐、松尾地区副幹事、杉浦ガバナー補佐幹事、ようこそキララローリークラブへ。今日は勉強させて頂きます。
岩瀬幹事・金子ガバナー補佐、松尾地区副幹事、杉浦ガバナー補佐幹事、今日はよろしくお願いします。
杉田芳男・昨夜は家内もお誘い下さり、楽しい酒宴でした。いつもの割り勘勝ちをお返しします。
鈴木善和・娘が嫁ぐことになりました。うまくやってくれると、良いのですが。

金子ガバナー補佐、松尾地区副幹事、杉浦ガバナー補佐幹事 スマイル有り難うございます。
岡田会長・金子ガバナー補佐、松尾地区副幹事、杉浦ガバナー補佐幹事、ようこそキララロー リークラブへ。今日は勉強させて頂きます。
岩瀬幹事・金子ガバナー補佐、松尾地区副幹事、杉浦ガバナー補佐幹事、今日はよろしくお願 いします。
杉田芳男・昨夜は家内もお誘い下さり、楽しい酒宴でした。いつもの割り勘勝ちをお返しします。
鈴木善和・娘が嫁ぐことになりました。うまくやってくれると、良いのですが。

卓話

2760地区の現況(金子利夫 2760地区ガバナー補佐)


杉浦 補佐幹事

松尾地区副幹事

石川君より報告です

熱心に話しを聞いています

「なるほど なるほど」いつか私もガハナー補佐になる時が…話を良く聞いて参考にしよう。

ようこそ お越し下さいました
●松尾憲二郎地区副幹事
 金子ガバナー補佐についてこの西三河9分区のロータリークラブを訪問させて頂くようになりまして今回3回目になります。ちょっとずつどきどきするのが減ってきたように感じます。今迄小牧ロータリークラブの中で18年間やらさせて頂いて来たのですが地区というものに出た事がなかったものですから今回地区の副幹事というものを仰せつかりまして、否応無しに色々勉強をせざるを得ない状況で、今勉強している最中です。西三河分区の地区副幹事を仰せつかるのが一つ、もう一つは地区のロータリー財団の8委員会の会合にも出るというのが役目です。ですから財団に関しましては自分也に勉強してきました。今回西尾キララさんが地区補助金に申請をされ、承認され20万の補助金を地区の方から供与される事が決まっております。これもロータリー財団の活動の一つです。ロータリー財団は寄付金を集めるだけの委員会では決してありません。確かにロータリー財団は寄付金を集めるのが大きな仕事の一つでありますがそれだけではない事を知って頂きたいと思います。
 現在西尾キララさんは昨年度3,300・の年次寄付をして頂きました。一人当たり53.23・という事になっております。今世界のロータリーでは一人当たり100・の寄付をしようという目標でやっております。この2760地区におきましても平均106・という状態になっております。この金額が大きくなればなるほど3年後の担当する会長さんの年度に沢山地区の補助金が出て来るという事です。81ロータリークラブの中でそれを利用しようと考えられるクラブはより沢山の原資があるという事になって参りますので、寄付金が多くなればなるほど自分達のロータリーの活動がしやすくなるというふうにお考えになって、是非ロータリー財団の寄付にご協力をお願いしたいと思います。
 私共小牧ロータリークラブの地域の小牧で、今年地区大会が行われます。ホストは甲南ロータリークラブさんが行いますが、11月18日の大会は小牧市が造ったパークアリーナ小牧という運動施設で行われます。非常に大きな施設ですので狭いという事はありませんので、ちょっと遠いですが是非小牧迄足を運んで頂いて地区大会を盛り上げて頂けますようお願いしたいと思います。


●金子利夫ガバナー補佐
 ロータリークラブそのものの事業は強制されるものではなく、自発的にする事だと思っております。ロータリーで知り合った人達がファミリーであり、そのファミリーが一つになりそこから異業種のロータリアン一人一人が何が出来るかという事を考え、奉仕活動をするという事がロータリーの奉仕活動の原動力になっているのではないかと思います。この西三河が一つのファミリーになって私はIMを開こうかなと思っております。一つのテーマとしましては「違いをもたらそう」というテーマがあります。中身が難しい話ではありますがキララさんの中で違うというのは何かという事をIMの中で見せる事によって西三河の中で活性化されると思いますし、隣のクラブは何をやられているのだろうという一つのPRにもなります。そういう事で今企画をしておりますのでその節は色々ご協力を賜りたいと思います。全員参加でよろしくお願い致します。次にキララさんがIMをやられる時には知立は全員でお返ししますと会長さんにお話ししました。
 私の役目としましてはRIの方針やガバナーの方針をしっかり伝えて、各クラブがそれによって運営をするような事で伝えるというのが私の責務ですので少しばかりお時間を頂きたいと思います。
 RIは分かち合いの心という事がテーマとなっております。ご承知だと思いますが会長はウィルキンソンさんです。新年度のRIのテーマは「ロータリーは分かち合いの心」という事についてRI会長はロータリーの真髄は愛であり分かち合う心であって分かち合う事で人を助けると色々と話されております。ロータリーにおける分かち合いというのは自分自身が不要になったものを分かち合うのではなく人の為に我を忘れて自らを捧げるという事であると強調されております。
 2760地区の江崎ガバナーのお話ですが地区の運営方針ですが「違いをもたらそう」というのがテーマです。年度方針としては5つほど掲げられております。クラブの基盤の強化。成果の多い奉仕を。奉仕の資源に関心を。指導者の育成。研修と教育の充実、これはRIレベルの会合に出席して頂いて自己研鑽をするという事です。以上が年度方針です。一度はキララさんの中で棚卸しみたいなものをされて、こういう事が課題だから次年度はこうした方が良いのではないか、やってみようというふうに問題点を見出してどうして活性化をしていくかという事を棚卸しをしてみてはどうかというふうに思っております。
 奉仕活動はロータリーだけでなく地域にNPOの活躍が注目されております。ボランティアは地域のニーズに応えております。そこでロータリーの違いを見直し専門性、職能性を元にした奉仕で違いをもたらし感銘を与える事だとガバナーは言われております。クラブ喚起もマンネリ化してはいないだろうか。クラブ奉仕ももう一度見直す必要があるのではないかと言われております。こういう事も含めて棚卸しをしてみてはとガバナーは言われております。
 色々取り留めない話を致しましたが、私は補佐を受けました。ロータリーの能がないなと思いましたが出来る事なら引き受けましょうという前向きな姿勢で引き受けました。やはり人と人との人間関係が親睦となり奉仕となると感じるからです。また虐待のハラスメントという事について世の中だんだん変わってきたなというお話を申し上げて終わりたいと思います。どうもご清聴ありがとうございました。
 
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]