第771回例会「大沼善誉氏」

開催日時 平成19年9月7日金曜日12:30~
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 国歌並びに奉仕の理想
卓話者大沼善誉氏
お客様鳥山欽示君(西尾RC)
司会進行太高純治

会長挨拶

●会長挨拶
 皆様こんにちは。先週ガバナーをお迎えしての公式訪問、皆様のご協力のおかげをもちまして無事終了致しました。ありがとうございました。本日のビジターですが、西尾ロータリークラブから鳥山欽示君です。ようこそいらっしゃいました。本日のゲストです。大沼善誉先生でいらっしゃいます。助手の浜田さんにもお越し頂きました。
 さて、私共50歳~60歳代と申しますと大変健康に関心を持っていかなければならない年代だなと思っております。先日医師であられて医事評論家であられる森田こういちろうさんのお話を聴く機会がありました。人の寿命というのはだいぶ遺伝の要素が大きいと、家系で決まる部分が多いですよと。それにプラスαァがあるというお話をされました。そのプラスαというのは何だとうかという事ですが、これを体と心で分けて考えた時に、体の部分でいえば生活習慣が大きく寄与して来るという事です。食事でいえば塩分を控えめにしなさい、数、種類のものを少しずつ食べなさい、そんな事をおっしゃいました。塩分控えめでヒントを頂いたのは醤油は酢醤油にすると良いと聞きましたので私も早速家に帰って実践しております。心の部分で大事な事は復元力を人間は持たなくてはいけない。ダメージを受けた時に元に戻る力、ストレスに強い心。そういうものを持っていかなくてはならないというお話を伺って参りました。今日は講師の先生に自然治癒のお話を頂けますので、我々も先生のお話を参考にさせて頂きながら、奥さんに負けないように長生きが出来ますように頑張って頂きたいと思います。

●会長挨拶
 皆様こんにちは。先週ガバナーをお迎えしての公式訪問、皆様のご協力のおかげをもちまして無事終了致しました。ありがとうございました。本日のビジターですが、西尾ロータリークラブから鳥山欽示君です。ようこそいらっしゃいました。本日のゲストです。大沼善誉先生でいらっしゃいます。助手の浜田さんにもお越し頂きました。
 さて、私共50歳~60歳代と申しますと大変健康に関心を持っていかなければならない年代だなと思っております。先日医師であられて医事評論家であられる森田こういちろうさんのお話を聴く機会がありました。人の寿命というのはだいぶ遺伝の要素が大きいと、家系で決まる部分が多いですよと。それにプラスαァがあるというお話をされました。そのプラスαというのは何だとうかという事ですが、これを体と心で分けて考えた時に、体の部分でいえば生活習慣が大きく寄与して来るという事です。食事でいえば塩分を控えめにしなさい、数、種類のものを少しずつ食べなさい、そんな事をおっしゃいました。塩分控えめでヒントを頂いたのは醤油は酢醤油にすると良いと聞きましたので私も早速家に帰って実践しております。心の部分で大事な事は復元力を人間は持たなくてはいけない。ダメージを受けた時に元に戻る力、ストレスに強い心。そういうものを持っていかなくてはならないというお話を伺って参りました。今日は講師の先生に自然治癒のお話を頂けますので、我々も先生のお話を参考にさせて頂きながら、奥さんに負けないように長生きが出来ますように頑張って頂きたいと思います。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 1 57 39   18 68.42  

スマイル委員会報告

岡田会長/先週のガバナー公式訪問も皆様のおかげで、無事終了いたしました。有難うござ
ました。
岩瀬幹事/先週は、皆様のご協力により、ガバナー公式訪問例会を無事に行なう事ができました。有難うございました。本日スピーカーの大沼先生よろしくお願い致します。
清克行/清耳鼻科は8月をもって閉院しました。3代目の我が息子の開業まで、しばらく 
休院します。その息子に、先週子どもができました。2人目の孫になります。 
鳥山欽示〔西尾RC〕/本日は久しぶりにメーキャップです。よろしくお願いします。ufjの森田支社長より紹介いただき大沼先生の卓話を拝聴にまいりました

岡田会長 先週のガバナー公式訪問も皆様のおかげで、無事終了いたしました。有難うござ
     ました。
岩瀬幹事 先週は、皆様のご協力により、ガバナー公式訪問例会を無事に行なう事ができまし     た。有難うございました。本日スピーカーの大沼先生よろしくお願い致します。
清克行  清耳鼻科は8月をもって閉院しました。3代目の我が息子の開業まで、しばらく 
     休院します。その息子に、先週子どもができました。2人目の孫になります。 
鳥山欽示〔西尾RC〕本日は久しぶりにメーキャップです。よろしくお願いします。ufj       の森田支社長より紹介いただき大沼先生の卓話を拝聴にまいりました。
 

卓話

自然免疫活性療法について(自然医学総合研究所長 大沼善誉氏)

●卓話(大沼善誉先生)
 私は北海道出身なんですが、子どもの頃は鮭の軍団が川に上がってきていました。それが年々減少してきています。また飛行機で北海道へ帰る訳ですが、上から北海道を見ますと年々広くなっているように感じる訳です。海が真っ黒になっているのです。大自然というイメージの北海道が水から川からそっくり壊死状態です。これは外から見ている我々は非常に良くわかるのですが中に住んでいる方は全然おかまい無しです。雄大な自然があってちょっと位汚しても良いという感じです。北海道を離れて30年。どんどん北海道が汚れていって大切な食料も海外、遠洋迄出て行って確保して来なければならない状況に変わりつつあるという事です。
 今日は皆さんの健康に直接役に立つお話という事で前立腺のテーマの中で、前立腺癌がここの所非常に多くなってきておりますので、過去25年間で悪性の前立腺癌で余命1年と言われた方があるのですがその方が皆さんが驚く様な、奇跡だといわれるのですがでも海外では割と有名な話になります。西洋医学のお医者さんの常識と全く違った所に健康があるのではないかという、これが結論なんですけど。まずその話をさせて頂きます。
 近年、女性の癌の罹患率が30代がトップです。昔私がこの仕事に従事した頃は癌年齢というのは50歳過ぎの人のイメージでした。どんどん低年齢化してきています。癌になる人が増えているという事です。ですから国家予算を沢山とって優秀な医者を育て患者を沢山みるというのが医師会の考え方です。私達が携わっているのは統合医療学会というのですが、西洋医療、東洋医療それらを全部統合してたった一人の患者さんの為に何が良いかと真剣に考え、手段を得るという政策にした方が良いのではないかと考えます。現在では癌が見つかったというと常識では切る。そして切り取る事が出来なかった場合、完璧に切り取ったはずでも再発という事が多々あります。そうすると抗癌剤です。この抗癌剤は危険で劇薬です。まず貧血になってしまいます。またこの抗癌剤はもともと発癌剤です。それでも効き目がないとなるとホルモン療法になります。このホルモンも一般の人には2年間で限界が来ます。ホルモン療法でも致死量があります。化学物質には必ず致死量があります。風邪薬でも死ぬ事は出来ます。常に使っていくと肝臓に溜ったりしてまともな血液を作れなくなってきてしまうのです。日本人は薬は大丈夫だと、薬があれば安心だ_と思ってみえますがここが日本の常識と海外の常識の一番の違いです。これは処方箋の内容の違いです。処方箋というのは薬の説明書です。殆ど大切な部分、非常に危ないなと言われる部分は全部削除されています。安全である長所の部分だけ書いてあります。これは世界に例がないです。どこの国も100%治験してわかった事は正確に書いたものを渡しております。ここが日本人が薬好きになった一番の理由ではないかなと思います。ですからここをなんとか正しく伝えればきっと日本人は健康になるんではないかな、薬に頼らず他の事を考えるのではないかなと思いました。そこで私は処方箋開示法案という私が独自につけた名前ですがそういった法律を作って実際に国会議員に働きかけた方が良いのでなないかと思ってそういう市民活動をしております。まだまだはじめたばかりで少ないですが、実際に署名運動というと100万人集めなさいという事を要求されますので、証拠を集めて100枚、1000枚で済みますので、そういう証拠を持って厚生省なりマスコミなりに数が集まった時に勝負しようと。始めて皆さんの目や耳に正しい情報が届くんだと思います。病気になった人が信頼してなんとか生き返ってもう一度チャンスをやり直そうと思って行った病院でそういう詐欺まがいな事をやっているのです。信じがたい事なんですが日本だけの事なんです。
 最後に、血圧の低い人はあげなくてはいけない。癌体質の人は冷えている人が多い。体というのは冷えるとリンパ液そのものが冷えに非常に弱い。免疫の細胞が働かなくなってしまいます。そういうふうで癌体質になっています。そういう人は日頃から味噌や塩、ミネラルの豊富な食品を取って頂く事をお勧めします。色でいえば黒い物を積極的に取って頂くと癌の予防には非常に効果的です。皆さんもよろしければ予防医学セミナー、新聞、ホームページなど御覧になって頂いて実際にあった事が本当だという事を確認して頂いて利用出来る事は利用して頂きたいと思います。
 

米山奨学生ーグエン君

 


詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]