第775回例会「大西弘高君、地区米山奨学委員長」

開催日時 平成19年10月5日金曜日12:30~
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者大西弘高君
お客様西尾RC 山崎周彌
司会進行斎藤喬甫

会長挨拶

皆さん今日は。朝夕大変涼しくなってまいりました。大変過ごし易くなってきたと思います。本日は、地区より米山奨学委員長をお迎えいたしました。本年私も基本方針の中で”ロータリーをよく知ろう”というテーマを掲げさせて頂きました。今日は委員長のお話を伺い、しっかりと勉強させて頂きたいとおもいます。有難うございました。

皆さん今日は。朝夕大変涼しくなってまいりました。大変過ごし易くなってきたと思います。本日は、地区より米山奨学委員長をお迎えいたしました。本年私も基本方針の中で”ロータリーをよく知ろう”というテーマを掲げさせて頂きました。今日は委員長のお話を伺い、しっかりと勉強させて頂きたいとおもいます。有難うございました。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 3 55 39   16 70.91  

スマイル委員会報告

・岡田会長/今日は私共の例会に、地区米山奨学委員会の大西委員長にお越しいただきました。大変ご多忙の中を本当に有難うございました。”米山奨学事業”の大切さをしっかりと学びたいと思います。
・岩瀬幹事/大西委員長さん、わざわざ西尾まで、おいでいただき有難うございます。米山奨学会について勉強します。
:加納隆/第2760地区、米山奨学委員会大西委員長の来訪を心より歓迎いたします.故、犬飼ガバナー年度では、お互いロータリー財団のGSE委員会に所属し、ブラジルサンパウロに出かけたことが、大変懐かしくおもいだされます。本日はお会いして色々とお話を聞かせて頂くつもりでしたが,急用で例会に出席できなくなってしまいました。誠に残念で申し訳なくお詫びもうしあげます。最後になりましたが、大西委員長の益々のご活躍を心からご祈念申し上げます。
・大西弘高/(名古屋東南RC)米山奨学委員長の大西です。西尾キララさんには、米山奨学に対しご支援、ご協力、大変有難うございます。   
・山崎周弥/(西尾RC)日ごろ大変お世話になっている方々に感謝いたします。
・犬塚万弘/地区米山奨学委員長大西様、本日大変お忙しいところお越しくださいまして、有難とうございます。宜しくお願いもうしあげます。
・大高敏睦/妻のツタヤさんでの展示会に多数の方々にお越し頂き有難うございます、ロータ
リーの友情に感謝します。西尾RCの山崎さん、ようこそKIRARAへお越しくださいました。いつもお世話になっています。
・辻村義之/KIRARAのホームページ会員紹介が、楽しいですね。会員委員会さんご苦労

(岡田会長)今日は私共の例会に、地区米山奨学委員会の大西委員長にお越しいただきました。大変ご多忙の中を本当に有難うございました。”米山奨学事業”の大切さをしっかりと学びたいと思います。
(岩瀬幹事) 大西委員長さん、わざわざ西尾まで、おいでいただき有難うございます。米山奨学会について勉強します。
(加納隆)  第2760地区、米山奨学委員会大西委員長の来訪を心より歓迎いたします。故犬飼ガバナー年度では、お互いロータリー財団のGSE委員会に所属し、ブラジルサンパウロに出かけたことが、大変懐かしくおもいだされます。本日はお会いして色々とお話を聞かせて頂くつもりでしたが,急用で例会に出席できなくなってしまいました。誠に残念で申し訳なくお詫びもうしあげます。最後になりましたが、大西委員長の益々のご活躍を心からご祈念申し上げます。
(大西弘高)(名古屋東南RC)米山奨学委員長の大西です。西尾キララさんには、米山奨学に対しご支援、ご協力、大変有難うございます。
(山崎周弥)(西尾RC)日ごろ大変お世話になっている方々に感謝いたします。
(犬塚万弘)地区米山奨学委員長大西様、本日大変お忙しいところお越しくださいまして、有難とうございます。宜しくお願いもうしあげます。
(大高敏睦)妻のツタヤさんでの展示会に多数の方々にお越し頂き有難うございます、ロータ
リーの友情に感謝します。西尾RCの山崎さん、ようこそKIRARAへお越しくださいました。いつもお世話になっています。
(辻村義之)KIRARAのホームページ会員紹介が、楽しいですね。会員委員会さんご苦労様                                 

卓話

米山奨学生について(地区米山委員長大西委員長)

●卓話(地区米山委員長 大西委員長)
 西尾キララさんは平均寄付額がかなり高い数字で出ております。本当にどうもありがとうございます。私も今年米山奨学委員長になりまして、本当の米山の目的は何だろうかと考えまして結論を出して来た訳ですが、先日米山のロータリーアンに対するアンケートを取りましたら5人に1人が米山の事は知らないとロータリアンが答えました。これでは寄付を集めるにしてもいけないという事なので、これからはもっと米山の事を知ってもらおうと思います。
 米山というのは米山梅吉さんの功績を祈念して作ったのがこの米山奨学会なんです。1952年に出来たのですが、その15年後に文部省に認められまして財団法人米山奨学委員会となりました。今年で創立から55年、法人化されてから40年経っております。109カ国13,902名の奨学生を支援しています。民間では日本で最大の奨学事業であります。目的と使命ですが、一言で言えば平和の為にやっているんだという事です。日本と世界を結ぶ架け橋となる様な奨学生を育ててロータリー活動も良く理解出来る様な奨学生を支援するとあります。米山では毎年800人もの奨学生、特に東南アジア方面の生徒を支援しているのですが正直言って未だに関係がギクシャクしている状態です。私はこの平和の為になる奨学生を支援していきたいと思っています。来年の面接は日本と母国の平和の為に活動してくれるかという事をよくみて選んでいきたいなと思っています。勉強等は皆さん本当に優秀ですので平和の為にという事に力を入れていきたいと思っています。ですからロータリアンもこういう事を頭に入れて支援しないと単にお金だけ支援して母国に帰ってもらうのではなく平和の為にという事を意識しながら皆さんもご支援して頂けるとありがたいなと思います。
 米山の現状ですが現在の財政ですが積立金が77億円あります。基本積立金50億ありますがこれは絶対取り崩さないという事で積み立ててあります。しかし財政的に厳しい状態が続いてきましたので2年前に集まった寄付金によって奨学生の数を決めようとなりました。2年前から千人だった奨学生を800人に減らしております。お渡しする奨学金も15万円だったものを14万円、大学生の12万円を10万円に減らし様々な援助も減らし、経費削減をしてやっと1億5千万の上乗せになりました。昨年は14億5千万の寄付金が集まりました。現在奨学生1人あたり200万円の援助がありますので来年も約800人の奨学生を支援すると思います。
 地区奨励の奨学生の件ですが、愛知県には一般の18大学で74名の推薦者を受けています。その中かから34名の奨学生を支援します。また地区で専門学校やロータリアンの知っている方を支援しても良いというのがあります。但し1人7万円迄と決まっています。そういう制度もありますのでこのクラブの中で専門学生や大学生の中で留学生がいらっしゃるのでしたらその子に対して支援したいとありましたら私共に言って頂ければ採用が出来ます。ロータリアンの意向が通る様な米山奨学会になってきましたので是非申し出て下さい。その場合はそのクラブでお世話して頂くという事が条件です。その生徒を他のクラブでというのは無理です。出来るなら性格が良く平和の為に愛する人を推薦して頂けるとありがたいなと思います。
 米山制度の一番の特色は世話クラブとカウンセラー制度だと思います。文部省の奨学金は17万円、米山は14万と3万円差があるのですが奨学生の95%以上が米山の奨学生のが良いと言っております。ロータリーというのは優秀な人達の集まりだと思うので、こういう人達と奨学生が生活が出来るという事は勉強に換えがたい成果があるのではないかと思います。ですから採用するにあたっては例会に必ず出る事、ロータリーの活動に一緒に活動をする事という事が第一条件になっております。奨学生が卒業した後の学友会ですが、委員長さんやカウンセラーの方、委員長さんが声をかけた一般のロータリアンにも参加をして頂きたいと思っております。実際に奨学生の方達との交流の場を持って頂けると本当にこの米山の素晴らしさが分かりますので是非参加をして頂きたいと思っております。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]