第785回「WCSについて」

開催日時 平成19年12 月 21 日金曜日12:30~
開催場所 西尾信用金庫 中央支店 2F
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者地区世界社会奉仕委員長(名古屋中RC会員) 篭橋美久
お客様無し
司会進行小島富雄

会長挨拶

●会長挨拶
 先週の日曜日、キララの本年度の事業、新世代委員会さんに大変頑張って頂きまして科学実験教室を西尾小学校で開催させて頂きました。メンバーの皆様には日曜日、早朝からお出かけ頂いてありがとうございました。西尾市内の11の小学校から114名という子供さん達が駆けつけて頂きました。また鶴城ケ丘の方から30数名の生徒さん、校長先生、教頭先生もご参加を頂きました。鶴城の生徒さん達がロボットを作ってそれを小学生と一緒にロボット製作に励んでいた姿が大変感動的でした。
 実験教室という事でブースを分けまして紙飛行機やシャボン玉で色んな実験をしたりと、それぞれのブースで賑わいがあった訳です。そんな中でも紙飛行機を作るブースが大変賑わっていました。私をはじめメンバーの方々も昔を思い出して一緒になって紙飛行機を作りました。とかく今、小学生が理科離れをしているのではないかと心配をされておりますが、様子を伺っていますと子供達も目が大変輝いておりまして本当に真剣な顔で一生懸命遊んでおってくれたという事で収穫があったなと思いました。その中でも赤堀先生がおっしゃられた言葉の中に最近の教える側の先生の方が理科離れをおこしている。なかなか実験を実証する事が難しいカリキュラムで、実験をしなれていない先生が多いとおっしゃられていました。この機会が先生方にも非常に良い実験の場になったと喜んで頂きました。何はともあれ大きな事業を新世代委員会さんご協力の元、皆様方のご協力も賜りながら無事終える事が出来ました事を感謝致します。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 2 56 42   14 75.00  

スマイル委員会報告

岡田会長 籠橋委員長様には、ご多忙の中をキララへお越し頂き誠にありがとうございます。     今日はwcsについてのお話、宜しくお願いいたします。 
岩瀬幹事 先日の科学実験室には、たくさんのメンバーの参加をいただきました。有難うござ     いました。  
竹内幸弘 短い期間でありましたが、皆様有難うございました。本日が最後の例会となります
     今後は後任の山内支店長がお世話になります。宜しくお願いいたします。
斉藤喬甫 昨夜は有難うございました。二次会、途中でご無礼してしまいましてごめんなさい     会費の一部としてスマイルさせていただきます。
二宮誠二 今日は少しいいことがありました。スマイルします。

岡田会長 籠橋委員長様には、ご多忙の中をキララへお越し頂き誠にありがとうございます。     今日はwcsについてのお話、宜しくお願いいたします。 
岩瀬幹事 先日の科学実験室には、たくさんのメンバーの参加をいただきました。有難うござ     いました。  
竹内幸弘 短い期間でありましたが、皆様有難うございました。本日が最後の例会となります
     今後は後任の山内支店長がお世話になります。宜しくお願いいたします。
斉藤喬甫 昨夜は有難うございました。二次会、途中でご無礼してしまいましてごめんなさい     会費の一部としてスマイルさせていただきます。
二宮誠二 今日は少しいいことがありました。スマイルします。

卓話


1月の会員さん誕生日

竹内さんと入れ替わりに山内さん入会

WCS活動の目的
●卓話(篭橋美久)
 先日地区大会においてWCS委員会として始めて地区大会で報告をさせて頂きました。その時私が一番最後でしたのでその時ご紹介出来なかった事をゆっくりご紹介したいと思います。
 WCSとは世界社会奉仕委員会です。今年は現物を提供して頂くという事で、学用品・衣料品お願いしますと皆さんにご案内致しました。そしたらドーンと来てしまいまして、量がもの凄く集まりました。そしてその一部を既にラオスへ送りました。後は手分けをして少しでも多く持っていこうという事で来年1月21日から26日まで現地を視察するという事になっております。その中でラオスの話も少し話させて頂きます。
 WCSとは援助を必要としている生活の質を国際奉仕を通じて高めるという目的があります。また異なる国のロータリーと地区が協力してプロジェクトを遂行するを援助するとあります。この中で基本となるのは各クラブで主体を持ってやって頂くという事が本当の姿です。ではなぜ私共がラオスと言っているのかと言いますと、ラオスのこういう事をやりますよと提供する。提供した物にのかって頂くと、一つのクラブでなかなか大きな援助が出来ない、活動が出来ないという場合に便利かと思います。
 今年度の活動計画ですが、どういう形で行っているかと申しますと、クラブ会員の理解度を高める為の卓話、プログラムの積極的な取り組みの奨励。我々が提供したプログラム、このラオスに参加されるクラブが現在38クラブになっております。地区でやれる事、クラブ独自ででやれる事は垣根はありませんがチェック体制が独自でやられる場合は非常に大変だというふうに聞いておりますので、是非地区のプログラムにご参加くださいと奨励しております。その他に今年度の活動として奨学基金の贈呈。これは9年間続けております。ラオスへの支援、小学校への支援を行っております。ベトナムやバングラディッシュ等の視察をしております。枯れ葉剤の散布の影響や平均寿命がとても短い、50歳いかないと言われておりますがそういう事で何か手を差し伸べる事が出来ないかと思っております。次年度はこれをもっとやってみようと思っております。
 実例報告ですが奨学基金の贈呈式の様子をビデオでご覧下さい。一人9千円位の奨学金を毎年70名程の奨学生に渡しております。今ラオスを支援、視察しておりますが2つの小学校を建設して参りました。来年度は約400万位の予算で計画をしております。去年の地区に参加されたクラブは40クラブです。この40クラブで活動をして参りました。
 ここで色々活動をして以前戦争があって大変な思いをされていたんだと苦労を気付かされました。来年はたぶん他の所にも行くのではないかと思っております。是非その時には皆様のご参加もお願いしたいと思います。
 最後に援助を必要とする誰かに手を差し伸べるプロジェクトにどうぞ参加して下さいという事を申し上げまして結びとさせて頂きます。ありがとうございました。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]