第813回「メタボリックシンドロームと特定検診について」

開催日時 平成20年7月25日金曜日12:30~
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 手に手つないで
卓話者西尾幡豆地域産業保健センター長 浅井清和氏
ビジター無し
お客様無し
司会進行三治信芳

会長挨拶

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。日々暑い日が続いておりますが、今日も健康に関して素晴らしい先生をゲストにお招きしております。浅井きよかずさんです。よろしくお願い致します。
 暑い中、西尾祭りも天気の良い中行われ、天気の良い日が1週間続いております。この暑い中、道ばたの雑草も水が欲しいと訴えている様な、農家の方も水が一番欲しいとおっしゃられております。昨日も土用の丑という事で暑い夏を乗り切るために鰻を食べるというのが風習だそうですが、昔の人はうどんを食べてこの土用を過ごされたという話も聞いた事があります。この世の中暗い話ばかりでなく、8月から北京オリンピックが開催されますので、一段と日本、世界が明るくなる様に共に勉強しながら、歩みながら行ってまいりたいと思います。またこの暑い中、皆さん一人一人が健康を保つために努力をしながら自分の体を管理して、この1年間皆様と一緒に乗り切っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。日々暑い日が続いておりますが、今日も健康に関して素晴らしい先生をゲストにお招きしております。浅井きよかずさんです。よろしくお願い致します。
 暑い中、西尾祭りも天気の良い中行われ、天気の良い日が1週間続いております。この暑い中、道ばたの雑草も水が欲しいと訴えている様な、農家の方も水が一番欲しいとおっしゃられております。昨日も土用の丑という事で暑い夏を乗り切るために鰻を食べるというのが風習だそうですが、昔の人はうどんを食べてこの土用を過ごされたという話も聞いた事があります。この世の中暗い話ばかりでなく、8月から北京オリンピックが開催されますので、一段と日本、世界が明るくなる様に共に勉強しながら、歩みながら行ってまいりたいと思います。またこの暑い中、皆さん一人一人が健康を保つために努力をしながら自分の体を管理して、この1年間皆様と一緒に乗り切っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
56 1 55 41   14 74.55  

スマイル委員会報告

杉浦会長】西尾幡豆地域産業保険センター長浅井清和様お暑い中ようこそキララロータリーに来ていただき有り難うございます。本日の卓話宜しくお願いします。【後藤利之】浅井先生圧中スピーチ宜しくお願いします。会員の関心事であるメタボリックの話楽しみにしております。【新實幸市】大正7年創業以来いろんな方に支えられ天神は年輪が90を越えました。明日感謝祭を行います。皆さんおいしい手作りカレーを食べに来てください。また一歩一歩頑張りますので宜しくお願いします。【鈴木正司】浅井先生今日は有り難うございます。ここはメタボ予備軍がたくさんいると思われます。厳しい話をしてやってください。【宮地喜良】昨日はソロプチ西尾にて卓話させていただき多額のお礼を頂きました。一部をスマイルします。米津長治有り難うございました。【清 克行】本日の講師は私のかかりつけ医の浅井先生です。皆さんかかりつけ医はおりますか? 【高原 宏】あまり欠席が多いので頭がぼけて本日は欠席の連絡をしたのに例会に来てしまい申し訳ありません。無断出席は入会以来初めてです。

【杉浦会長】西尾幡豆地域産業保険センター長浅井清和様お暑い中ようこそキララロータリーに来ていただき有り難うございます。本日の卓話宜しくお願いします。
【後藤利之】浅井先生圧中スピーチ宜しくお願いします。会員の関心事であるメタボリックの話楽しみにしております。
【新實幸市】大正7年創業以来いろんな方に支えられ天神は年輪が90を越えました。明日感謝祭を行います。皆さんおいしい手作りカレーを食べに来てください。また一歩一歩頑張りますので宜しくお願いします。
【鈴木正司】浅井先生今日は有り難うございます。ここはメタボ予備軍がたくさんいると思われます。厳しい話をしてやってください。
【宮地喜良】昨日はソロプチ西尾にて卓話させていただき多額のお礼を頂きました。一部をスマイルします。米津長治有り難うございました。
【清克行】本日の講師は私のかかりつけ医の浅井先生です。皆さんかかりつけ医はおりまか?【高原 宏】あまり欠席が多いので頭がぼけて本日は欠席の連絡をしたのに例会に来てしまい申し訳ありません。無断出席は入会以来初めてです。

卓話

「メタボリックシンドロームと特定検診について」(西尾幡豆地域産業保険センター長 浅井清和)


講師 浅井清和
●卓話(浅井内科:浅井きよかず)
 今日はメタボに入る前にアンチエイジングにまつわる話、エイジングいわゆる加齢、年を重ねるというのはどういう事なのかという事を最初に話したいと思います。エイジというのは3つあります。カレンダーエイジ、実年齢です。フィジカルエイジ、身体的な年齢、年を重ねる事によって見た目以上に老けていく、見た目以上に若々しいという開きが出てきます。ソーシャルエイジ、社会的な年齢です。しかし現実的にソーシャルエイジがだんだんと狂ってきまして最近のニュースでも色々騒がれております。この中で皆さんが一番興味あるのがフィジカルエイジではないのでしょうか。これに一番影響を与えるのがメタボという状況です。
 メタボリックシンドロームというのは内蔵に脂肪がたまり動脈硬化の危険因子が重なった心血管病になりやすい状態です。内蔵脂肪が溜りやすい状況があると高血圧・高脂血症・糖尿病、それが動脈硬化につながる。動脈硬化になると狭心症等の病気が起こってきます。内蔵脂肪というのは単に脂肪を貯めているだけの細胞ではありません。内分泌機能を持っていて色んな働きを持っている事がわかってきました。脂肪には二つあり、内蔵脂肪と皮下脂肪とあります。この二つは同じ脂肪でも作用は全然違います。肥満は内蔵に脂肪がたまる、皮下脂肪よりも下にどんどん脂肪がたまる状況で男性に多く、りんご型肥満と言われています。皮下脂肪型肥満は女性に多いです。女性の場合は太っていても内蔵に脂肪がつきにくいです。メタボ検診で男性のウエストが85センチ、女性は90センチです。皮下脂肪はついてもあまり悪さをしないので基準が緩くなっています。この検診は最初にウエストを測ります。ここで基準値をオーバーした人は中性脂肪が150mmHg以上、血圧は上が130以上、下が85以上、空腹時高血糖が110以上、この基準に殆どの人が該当してしまいます。大体40~50才の男性の場合、半分は引っかかってしまう基準値です。なぜこんな厳しい基準なのかと言いますと、メタボリックシンドロームというのは病気ではない、病気の前段階だと頭に入れておいて下さい。病気の基準値よりも厳しくなるのは当然で、ほっておいたら病気になりますよ、この辺で何とかしましょうよというのを目的としています。
 危険因子、肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症等が全くない人を1とした場合一つ危険因子がある人は5.1倍、二つ危険因子がある人は9.7倍、ちょっとずつ危険因子が悪くて3つ重なっている人は31倍の危険率があがります。行政が一生懸命になっているのはこの理由があります。現在医療費が問題になっていますが、一番医療費にお金がかかっているのはこのメタボ系です。癌よりも多くなっています。そうしないと医療費高騰に歯止めがかからないという事で国も方向転換をしました。
 今までの検診は病気を見つけるのが目的でしたが、これからは病気になる前に指導をするという方向に変わってきています。この検診にはペナルティーがありまして、5年後に肥満状態の改善が25%達成出来ないと後期高齢者に対しての補助金のカット等があります。生活習慣を変えて内蔵脂肪を減らす事で危険因子の全てが改善するという事がわかっています。内蔵脂肪は適度な運動、食事を見直したりしていかないと減らす事は出来ません。
 メタボ検診のウエストはベルトの位置ではありません。おへその周囲です。これを良く知っておいて下さい。これでいくと皆さん結構オーバーしちゃいます。非常に厳しい基準です。危険因子がいくつか重なっている人は保健指導があります。1ヶ月・3ヶ月後に電話や手紙等で質問や指導もあります。皆さん運動をして下さいと言ってもなかなか大変なので食事を見直して下さい。人間の基礎代謝が1200キロカロリーですのでくれぐれもカロリーオーバーにならない様にして頂きたいと思います。また運動ですがストレッチ・有酸素運動・レジスタンス運動の3つをうまく取り入れて運動をするのがベストですが、脂肪を燃やす有酸素運動を多く取り入れた方が効率が良いです。一番消費カロリーが多いのが速歩です。皆さんも今すぐに生活習慣を改めて頂ければと思います。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]