第815回 テーマ「寺津小・寺津中の食育について」

開催日時 2008年8月8日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者寺津中学校教論 山本勝彦氏 
ビジター無し 
お客様無し
司会進行長谷収一

会長挨拶

●会長挨拶
 皆さんこんにちは。まだまだ暑い日が続きます今日この頃です。今日のゲストは寺津中学校教諭の山本勝彦氏です。よろしくお願い致します。
 この暑い夏は高校野球で始まり、高校野球を見ながらお盆を先祖をお迎えするように、この例年にない位暑い夏を過ごしております。高校野球は朝早くから生徒が素晴らしい野球を、プレーを見せてくれて生き甲斐にもなり、次の仕事への発起にもなります。本日から待ちに待ったオリンピックが始まります。一つの世界、一つの夢というテーマで素晴らしいスポーツの祭典が始まります。205カ国、1万6千人位の選手・役員の賛同にて催されます。

●会長挨拶
 皆さんこんにちは。まだまだ暑い日が続きます今日この頃です。お体を気をつけて頂いて次の例会に皆さんのお顔が見れる事を楽しみにしておりますのでよろしくお願い致します。今日のゲストは寺津中学校教諭の山本勝彦氏です。よろしくお願い致します。
 この暑い夏は高校野球で始まり、高校野球を見ながらお盆を先祖をお迎えするように、この例年にない位暑い夏を過ごしております。高校野球は朝早くから生徒が素晴らしい野球を、プレーを見せてくれて生き甲斐にもなり、次の仕事への発起にもなります。本日から待ちに待ったオリンピックが始まります。一つの世界、一つの夢というテーマで素晴らしいスポーツの祭典が始まります。205カ国、1万6千人位の選手・役員の賛同にて催されます。日本からもスタッフ含めて550~560名位の方が北京へ向かって旅立ちました。皆さんもこの夏を楽しく乗り切って頂きたいと思いますのでお体に気をつけて頂きたいと思います。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
56 1 55 44   11 80.00  

スマイル委員会報告

杉浦会長 西尾市立寺津中学校山本勝彦氏、夏休みの中をようこそキララRCへ来て頂き、卓
    話を楽しみにしています。
後藤幹事 皆様残暑お見舞い申し上げます。暦では昨日が立秋との事、未だに35~36℃で
    非常に暑いですね、体調に気を付けましょう。山本先生今日は「食育について」の卓
    話よろしくお願いします。
プログラム委員会 本日の卓話は寺津中にて「食育」に取り組んでおられる山本先生です。皆
    さん今日は「食」の大切さを再認識してください。山本先生よろしくお願いします。
犬塚万弘 いよいよ北京オリンピックが始まります。奇しくも本日8月8日は私の誕生日です
    今から64年前の今日中国のハルピンで生を受けました。あまり関係なかったかな?
柴川和義 今日からオリンピックです。最近釣りに行っています。岩瀬一、山本俊秋君と私の
    3人で宮崎の恵比寿海岸に黒鯛狙いで釣っています。今のところ私が3匹で一番です
    もう少し大きい3年生を釣りたいです。年なしを釣ったら持って来ます。よろしく

杉浦会長 西尾市立寺津中学校山本勝彦氏、夏休みの中をようこそキララRCへ来て頂き、卓
    話を楽しみにしています。
後藤幹事 皆様残暑お見舞い申し上げます。暦では昨日が立秋との事、未だに35~36℃で
    非常に暑いですね、体調に気を付けましょう。山本先生今日は「食育について」の卓
    話よろしくお願いします。
プログラム委員会 本日の卓話は寺津中にて「食育」に取り組んでおられる山本先生です。皆
    さん今日は「食」の大切さを再認識してください。山本先生よろしくお願いします。
犬塚万弘 いよいよ北京オリンピックが始まります。奇しくも本日8月8日は私の誕生日です
    今から64年前の今日中国のハルピンで生を受けました。あまり関係なかったかな?
柴川和義 今日からオリンピックです。最近釣りに行っています。岩瀬一、山本俊秋君と私の
    3人で宮崎の恵比寿海岸に黒鯛狙いで釣っています。今のところ私が3匹で一番です
    もう少し大きい3年生を釣りたいです。年なしを釣ったら持って来ます。よろしく

卓話

「寺津小・寺津中の食事について」(西尾市立寺津中学校教論 山本勝彦氏)

●卓話(寺津中:山本勝彦)
 今日は食育についてお話をさせて頂きます。食育とは平成17年6月10日に国会で食育基本法という法律が成立して7月15日に実施されました。・生きる上での基本であって知育・徳育・体育の基礎となるべきもの ・様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し健全な食生活を実践する事が出来る人間を育てる事です。この食育基本法が制定された背景には食に関する様々な問題があるためです。・食を大切にする心の欠如。いただきます、ごちそうさまと感謝をする気持ちが少しずつ出来なくなってきています。・栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加。最近では朝食を食べない若者が非常に増えてきており、間食や夜食を食べる割合が増加しております。またインスタント食品やファーストフード・スナック菓子が多いというのが現状です。・肥満や生活習慣病の増加。現在男性に肥満の割合が増えてきております。働き盛りの男性の3割以上が肥満となっております。・過度の痩身思考。男性では肥満が増えてきていますが、若い女性では痩せ過ぎが増えてきております。20代の女性の26%が痩せ過ぎです。しかし約半数の女性の方は自分が太っていると思っている様です。これは自分の体重の理想が何キロなのかという事の理解が不足している結果だと思われます。・食の安全上の問題の発生。食品に対する不安の第1位は輸入農産物、輸入源材料の安全性です。・食の海外への依存。一方で食品を海外の輸入に頼っているのが現状です。大体6割の食べ物が海外からの輸入にたよっています。・伝統のある食文化の喪失。最近家庭の台所から無くなってきている調理器具がすり鉢とすりこぎです。箸を上手く使えない人も多くなってきました。子供達の半数が正しく使えていません。この様な食を巡る様々な問題があります。昔は食の問題は家庭で解決するべき問題でしたが、今は法律を作って国を挙げて取り組んでいかないといけない所まできております。
 寺津小・中学校での取り組みを紹介します。平成11年より食に関する指導を行っております。この成果を生かして食育という教科を設けました。その教科の目標は体験的な活動を通して正しい食事のあり方を理解し望ましい食習慣を身につける。食事を通して自らの健康管理が出来る様にすると共に、生涯にわたって健康な生活を営もうとする態度を育てるとしています。・育みたい心。食に携わる人々や自然に対する感謝の心、自分の健康を守り命を大切にしようとする気持ち、日本と世界の食文化を大切にしようとする気持ち。・食生活に関する様々な情報に感心を持ち、食に対する適切な判断が出来る力。・健康的な食生活を送る為に必要な食品や栄養に関する基礎的な知識。日本型食生活の大切さと食を通した日本と世界の結びつきの理解を目標としています。寺津小・中ではこの食育を9年間を3つの段階に分けて指導をしています。ファーストステージは小学校1~4年生で身につける段階。セカンドステージは小学校5年生~中学校1年生で自己を見つめ深める。サードステージは中学校2・3年で広げるという段階をつけております。またこの他に家庭や地域への啓発活動も行っております。その一つに食の文化講座があります。保護者と一緒に家庭の味や地域の味を見直し、料理の知恵や工夫を学ぶ機会を設ける事を目的としています。この様な活動を通じまして、子供達の朝食を食べてくる割合が多くなり、給食の残食の量も減ってきました。
 食という字は人に良いと書きます。今日のお話を通して少しでも食育に感心を持って頂いて、皆様にとって食が良いものになればと思います。有難うございました。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]