第817回例会「会員増強について」

開催日時 平成20年8月29日金曜日12:30~
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 手に手つないで
卓話者地区会員増強委員長 名古屋東南RC 伊藤秀雄
ビジター無し
お客様無し
司会進行長谷収一

会長挨拶

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。昨日の雨でメンバーの方被害もなく、皆さんのお顔が見れましたので例会に入っていきたいと思います。本日のゲストは地区増強委員長で名古屋東南ロータリークラブの伊藤秀雄君です。よろしく御願い致します。今日の卓話を楽しみにしております。ならびに今日キララに見学におみえになりました江崎昭治君です。ごゆっくりお楽しみ下さい。毎月おもてなしの心にメンバーでありますあいや様の社員の石川さとみさん、手嶋ゆみこさんです。毎月ご苦労様です。

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。昨日の雨でメンバーの方被害もなく、皆さんのお顔が見れましたので例会に入っていきたいと思います。本日のゲストは地区増強委員長で名古屋東南ロータリークラブの伊藤秀雄君です。よろしく御願い致します。今日の卓話を楽しみにしております。ならびに今日キララに見学におみえになりました江崎しょうじ君です。ごゆっくりお楽しみ下さい。毎月おもてなしの心にメンバーでありますあいや様の社員の石川さとみさん、手嶋ゆみこさんです。毎月ご苦労様です。
 昨日の大雨、西尾近辺ではそんなに被害はなかった様ですが、被害がなかったというのも二の沢川を掃除をして頂いた社会奉仕の方とメンバーの努力で、川の草等が除草された為、上町付近がいつも増水の被害があるのですがそれもなく幸せだったと思います。また岡崎周辺の方々には大変な事だったと思います。雨が欲しかったこの地域ですが、一気に雨が降ると増水する事が多いかと思います。一色の大提灯は自然の魔物を除去するという事で大きなろうそく、大きな提灯で自然の天災を除去する行事が行われました。この風物詩が終わるという事で夏も終わりだなと感じました。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
56 1 55 40   15 72.73  

スマイル委員会報告

(杉浦会長)地区会員増強委員長、名古屋東南RC伊藤秀雄君ようこそ、キラらラRCに来て
  頂きありがとう御座います。本日楽しみにしています。あいや様の石川、手島様毎月の
  おもてなしの心をつくしていただき感謝、感謝
(後藤幹事)地区増強委員長の伊藤様本日の「会員増強に関する」卓話よろしくお願いしま   す。当クラブも会員増強に苦慮しており少しでも会員増強に役立てたいです。
(新實幸市)日本のロータリーの中で一番の論客、伊藤様交通事情の悪い中キララまでお越し
  頂きありがとう御座います。ぜひ我々のクラブに活力を吹き込んでください。
(山本俊明)先日トラディションCCに誘われ出席しました。天候は晴れ時々曇りで石川逸男
  君が最終ホールにて二桁のスコアになって同じチームの犬塚先輩に大金を頂きました。
(斉藤喬甫)先日妻の誕生日「薔薇の花束」ありがとう。

(杉浦会長)地区会員増強委員長、名古屋東南RC伊藤秀雄君ようこそ、キラらラRCに来て
  頂きありがとう御座います。本日楽しみにしています。あいや様の石川、手島様毎月の
  おもてなしの心をつくしていただき感謝、感謝
(後藤幹事)地区増強委員長の伊藤様本日の「会員増強に関する」卓話よろしくお願いしま   す。当クラブも会員増強に苦慮しており少しでも会員増強に役立てたいです。
(新實幸市)日本のロータリーの中で一番の論客、伊藤様交通事情の悪い中キララまでお越し
  頂きありがとう御座います。ぜひ我々のクラブに活力を吹き込んでください。
(山本俊明)先日トラディションCCに誘われ出席しました。天候は晴れ時々曇りで石川逸大
  君が最終ホールにて二桁のスコアになって同じチームの犬塚先輩に大金を頂きました。
(斉藤喬甫)先日妻の誕生日「薔薇の花束」ありがとう。

卓話

「会員増強について」(地区会員増強委員長名古屋東南RC会員 伊藤秀雄)


名古屋東南RC 伊藤秀雄 君
●卓話(伊藤秀雄)
 私、名古屋東南ロータリークラブに入会して17年です。ちょうど99人目で、一瞬100人になりましたがその後下がりっぱなしで、昨年会長、一昨年はエレクトをやっておりましたがその時は67名でした。昔の100人にしましょうという事で、それまでの15年間は会長・会員増強委員長が必死になっていましたが、みんなはどうにかなるだろうと思っている様でした。ロータリーってそんなに人が入ってくれないのかというのは、いつの間にかこの15年、20年にロータリーが変わってしまった。変な方向に進化してしまったと思うんです。皆さんがロータリークラブに入らせてもらったのバッチをつけてもらったときの感激、嬉しさというものがどこかへ行ってしまってロータリーのステータス、誇りと自信がなくなってしまったのではないかと思うんです。ご存知の通り名古屋西南ロータリークラブがクラブ名を変更して丸の内にしました。名前を変えたとたん入会者がドドーンと増えました。結局考え方を変えた方が良いのではないか。入って頂けませんか、入って頂けませんかと言っている様なクラブでは絶対増えません。ステータスのある自信を持ったロータリークラブにはなりません。人数がいるだけ。ロータリークラブという誇りを皆さんが根本から考え直さないといけません。そこで私は副会長を2名作って3年計画で行いました。この時の約束が3年間で1人の会員さんをお昼のランチ会に誘って下さい。それは会員増強ではありません。ロータリーを知って頂きたい、ロータリーに触れて頂くという広報の名目で連れてきて下さいとお願いしました。食事代はどうするんだという事は営業補助費という事でクラブで持ちますという事を伝えました。昨年28人クラブに入会されました。最初の1年は会員は増えなくても良い、とにかく食事に来てもらおう。ロータリーを知ってもらおう。その時に会長挨拶や皆さんが会員増強という単語を出すなと言いました。1日に2名まで、安売りはしない。その2名をメインテーブルに座わってもらい、連れてきた方は違う所へ座って頂きその両サイドをクラブの名士が固める。内のクラブですとJRの偉い様だとか高島屋の社長だとかが両サイドに座る訳です。例えば12時にみえるという事だと12時10分位に会長さんが迎えに行って「本日はロータリーを知って頂く、触れて頂こうという会にようこそお越し頂きました。お忙しい中ありがとうございました。食事をしてロータリーがどういうものか見て帰って下さい。」と言って座ってもらう。そしてその両サイドをこの地区の重鎮の方が名刺を渡す。普段ですと高島屋の社長や名鉄の副社長なんかの名刺なんかはもらったことがないですから、こんな偉い方がおるんかと嬉しく思われる訳です。でも誰も入会しろなんて言わない。食事が終わり例会が終わる。入口までお送りして「お忙しい中ありがとうございました。」とお送りする。本人は帰る時に称し抜けする訳です。入ってくれと言われると思って来たのに何にも言われないので、何だ俺はただの飯を食いに来ただけかと思うんです。その後が大事。連れて来た人は1週間その人に電話やメール、例も言うなと。そして「この間はありがとね、お陰で顔がたったわ。」これ位で済ませます。すると向こうから入るにはどうすれば良い?と聞いてくるんです。そして入会の運びとなります。そうやって入ってくれた人は一昨年に種まきをして昨年の7月の第一例会に11人の入会がありました。一人づつにバッチをつけて紹介をするので1時間では終わりませんでした。それからは4人以上は入れないようにしました。1年間で28人ですが、6月になってからは年度末という事もあって次の会長にバトンタッチをしました。
 皆さんがロータリアンとして心から品格を持って、プライド・自信・誇りを皆が必ず持ってあたっておれば私はロータリーに入れて下さいと言う方がかなりあると思います。ロータリーを知らない方が多い。もう一つ、ロータリーに入られるとあそこの会社は従業員が4人しかいなくて小さいと言われる方がおりますが、私は入られる方の人間性が大事だと思います。会員を増やすという時は全員が心を一つにしてやる気にならないと出来ません。会長・幹事がいくら力んだって出来ません。3年計画位立てて、チャレンジ80とかチャレンジ100でも良いですからたててこの地域で3年間で1人つれてこれば倍になるんです。食事に来て頂いて会員になるまでの打率は7割です。書類を回して大体6割り位の方が入会されます。皆さんは西尾キララの重さ・品格をしっかり身につけて頂ければ面倒を見て頂きたいなと思う方が出てくるんです。ロータリーに入って良かったという喜びを全員が本気で考えれば必ず増えると思いますので、この次に私がここへメーキャップにでも来た時に100名の西尾キララである事をお祈り致しまして挨拶とさせて頂きます。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]