第829回「ロータリー財団について」

開催日時 平成20年11月21日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者地区RC財団年次寄付委員長 吉川 正敏氏
ビジター なし
お客様 なし
司会進行 新海雄二

会長挨拶

 皆さんこんにちは。一段と肌寒くなってきました今日この頃です。イチョウの並木も本当に素晴らしく散り落ちて、新たに次の芽が発動する日が待ちどうしくなります。本日のゲストは地区ロータリー財団吉川正敏君です。今日はよろしくお願い致します。11月の15・16日には地区大会があり。大勢の方が出席して頂きまして本当にありがとうございました。15日は地区指導の育成セミナー、16日も講演並びに小泉さんの講演がございました。小泉前総理大臣の講演には本当に大勢の方、2,700人くらいの方がご参加頂きまして耳を傾けて頂きました。

●会長挨拶
 皆さんこんにちは。一段と肌寒くなってきました今日この頃です。イチョウの並木も本当に素晴らしく散り落ちて、新たに次の芽が発動する日が待ちどうしくなります。本日のゲストは地区ロータリー財団吉川正敏君です。今日はよろしくお願い致します。11月の15・16日には地区大会があり。大勢の方が出席して頂きまして本当にありがとうございました。15日は地区指導の育成セミナー、16日も講演並びに小泉さんの講演がございました。小泉前総理大臣の講演には本当に大勢の方、2,700人くらいの方がご参加頂きまして耳を傾けて頂きました。素晴らしい講演で政治と卓話は日本の進路という話をされたのですが、その中にも我々ロータリーの話を上手く噛み合わせてお話を聞かせて頂きました。地区指導育成セミナーの中で、一冊の本の中に書いてありますがロータリーとは何かという事を15日にスライドで説明した中にありました事をお話しして会長挨拶とさせて頂きます。「ロータリーとは何か。21世紀は心の時代と言われている。しかし人間の心は綺麗ですか。人間の心は自然と似ていると言われる。雑草は放っておいても瞬く間に生え茂る。しかし美しい花は水を与え肥料をやり、虫を除け丹誠込めて育てなければ花は咲かない。人間の心もそれと同じである。放っておくと雑草が生える。心の花を咲かせる為には絶えず心を磨き雑草を抜き取らなければならない。」というように続いております。もしも行かれなかった方は本や中部経済新聞にも載っておりますので、ロータリアンは凄いなという大きな気持ちを与えて頂きますので感謝しております。後半年ありますので皆さんと一緒に勉強ができたら幸いかと思っております。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
56 1 55 32   23 58.18  

スマイル委員会報告

【杉浦会長】地区RC財団年次寄付委員長吉川正敏君本日年次寄付についてのお話をわかりやすく指導を宜しくお願いします。
【三浦隆司】吉川地区RC財団年次寄付委員長様ようこそキララへ寄付事業に理解のある人たちばかりですのでご安心下さい。・・・・たぶん??
【後藤幹事】吉川様ようこそキララへロータリー財団について勉強させていただきます。
【犬塚万弘】地区大会辻村義之君の代理で出席させていただきました。小泉元総理の記念講演さずがに感動しました。有り難うございました。

【杉浦会長】地区RC財団年次寄付委員長吉川正敏君本日年次寄付についてのお話をわかりやすく指導を宜しくお願いします。
【三浦隆司】吉川地区RC財団年次寄付委員長様ようこそキララへ寄付事業に理解のある人たちばかりですのでご安心下さい。・・・・たぶん??
【後藤幹事】吉川様ようこそキララへロータリー財団について勉強させていただきます。
【犬塚万弘】地区大会辻村義之君の代理で出席させていただきました。小泉元総理の記念講演さずがに感動しました。有り難うございました。

卓話

「ロータリー財団について」(地区RC財団年次寄付委員長 吉川 正敏氏)


杉浦会長

長野会報委員長

杉浦 会報委員
●卓話(吉川正敏)
 今月は財団月間ということで11月財団月間のご寄付を皆さんにお願いしておりまして、このご寄付のお願いも財団の事をご理解頂きまして進んでご寄付を頂くように81クラブ全てのクラブに回らさせて頂いております。私一人で回っているのではなく8委員会で手分けをして回っております。年次寄付はどんな委員会かと言いますと、寄付金を集める委員会ですので寄付金をどのように皆さんに出して頂けるかと色々委員会の方で考えまして、数年前からご理解を深める為にパンフレットを作ろうと2760地区の年次委員会が作ったパンフレットを皆さん方にお渡しして寄付を頂いたお金がどの様に運用されて行くのかという事をわかるようにさせて頂きました。今日はこの毎年あなたも100ドルをという三つ折りのパンフレットを是非見て頂きたいと思います。このタイトルはRI全ての全世界に発信をしている言葉であります。全員のロータリアンが1年に一度100ドル以上のご寄付を頂きたいという事でお願いに来ております。今1ドルが100円という事ですので1万円のご寄付をお願いしたいと思います。ロータリーの多くのプログラムが財団の世界平和に向けたプログラムが数多くございますのでそのプログラムを運用するのにどうしても資金がいるという事で毎年100ドルを皆さん方にお願いしている次第です。パンフレットを開けて頂きますと左側に年次寄付の流れが書いてございます。寄付が1000ドルになりますとポール・ハリス・フェローという認証を頂く事が出来ます。ポール・ハリス・フェローなって頂きますように100ドルを何回か重ねて頂きますと1000ドルになりますのでよろしくお願いしたいと思います。この100ドルが事務局からRIロータリー財団という所へ送金をされ3年間はその資金は使用しません。3年間備蓄をしてその収益を色んなRI事務局の運営経費に使わせて頂いております。元金の3年後はDDFとWFに50%ずつ分けて使います。DDFの50%が2760地区に戻ってくる資金です。地区財団活動資金という事で戻って来ておりましてこの地区で運用をさせて頂いております。残りの50%につきましては国際財団活動資金という事でRIのプログラムが色々ございますがそこで運用をさせて頂いております。その下に20%地区補助金とありますが、これがDDFの20%を地区補助金として地区の方で使わせて頂いております。金額にしますと100ドルの10%が地区補助金として使われておりますが、この2008~2009年度は590万の地区補助金があります。今現在補助金委員会の方で各ロータリーからきたプログラムを審査させて頂きまして、全ての590万の補助金は終了させて頂いております。この西尾キララロータリークラブさんも今年申請をして頂きまして、受理をされたかと思います。昨年も受理をされておりますので2年連続してこの地区補助金を利用して頂きましてありがたく思っております。国際親善奨学生やマッチングブランド補助金GSEというようなプログラムをこの地区は運営をさせて頂いております。
 最近の実績は2760地区一人当たりの金額が書いてありますが、2001年~2002年時は平均72ドルでしたが昨年度は2007~2008年度は126ドルという大きなご寄付を頂くようになってきました。当地区としては130ドルという目標を立てて皆様方にお願いをさせて頂いております。
 西尾キララさんの実績は前年度一人当たり81ドル49セントという事で100ドルを切っておりますので、是非この100ドルを目標にして頂きまして会長さん、財団委員長さん一つご努力を頂ければと思います。愛知県には81クラブございます。81クラブの順番は西尾キララさんは74番目という事になりますので少しご理解が少ないかなと思いますので、是非ご理解を頂ければと思います。また今日はDVDをお持ちしました。この1億ドルのチャレンジという事についてのご説明のビデオでございます。見て頂きましてご理解頂ければと思います。
 今見て頂きました1億ドルのチャレンジ、ポリオを地球上から撲滅しようという素晴らしいプログラムに是非ご協力頂ければと思います。ポリオのワクチンは1滴で効果は一生続きます。この1滴が0.6ドル、60円という金額で子ども達が助かるというワクチンです。お願いばかりでお邪魔しましたが、財団月間まだ1週間ありますので、この月に是非ご理解を頂いてご寄付を頂ければと思います。よろしくお願い致します。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]