第833回例会「卓話 カーボンオフセットと竹炭」

開催日時 平成20年12月19日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者NPOまほろば理事 濱田武人氏
ビジター なし
お客様 なし
司会進行 山本裕充

会長挨拶

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。今日は12月に入りこの素晴らしい晴天の下大勢の方が出席して頂き本当にありがとうございます。本日のゲストは浜田技術士事務所NPOまほろば理事の浜田たけと氏さんです。今日は卓話をお願いしております。よろしくお願い致します。
 今日は本当に素晴らしい天気で、12月、師走に入ってこの晴天は本当に生かされている私達にとってありがたい事だと思います。またこの西尾近辺、見た事聞いた事で来年新しい年が来る事をみんなで見つけながら、異業種の人達との交流を縁の下の力持ちとして活気のある来年度になるように頑張っていかなければと思います。ロータリーに入っててよかったなと感じられるように成長して行きたいと思います。また明日は親睦さんが楽しい計画を練って頂きましたクリスマス例会です。皆さんのお顔が見られるのを楽しみにして明日も一人でも多くの方が出席して頂けるようにお願いを致します。

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。今日は12月に入りこの素晴らしい晴天の下大勢の方が出席して頂き本当にありがとうございます。本日のゲストは浜田技術士事務所NPOまほろば理事の浜田たけと氏さんです。今日は卓話をお願いしております。よろしくお願い致します。
 今日は本当に素晴らしい天気で、12月、師走に入ってこの晴天は本当に生かされている私達にとってありがたい事だと思います。またこの西尾近辺、見た事聞いた事で来年新しい年が来る事をみんなで見つけながら、異業種の人達との交流を縁の下の力持ちとして活気のある来年度になるように頑張っていかなければと思います。ロータリーに入っててよかったなと感じられるように成長して行きたいと思います。また明日は親睦さんが楽しい計画を練って頂きましたクリスマス例会です。皆さんのお顔が見られるのを楽しみにして明日も一人でも多くの方が出席して頂けるようにお願いを致します。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
56 1 55 39   16 70.91  

スマイル委員会報告

[杉浦会長] 本日は12月にしては天気も最高の晴天で気持ちもすがすがしい日ですね。
 本日、卓話を楽しみにしています。浜田武人氏よろしくお願いします。
[後藤幹事] まほろば理事の浜田様ようこそきららへ、今日問題になっている環境問題につい ての卓話をよろしく。また加納分区大会実行委員長、犬塚様下谷様8クラス訪問ご苦労様。
[加納 隆] 西三河分区大会のPRに下谷さん犬塚さんの助けを借りて、8クラブ全部の訪問を
 終えました。各クラブでのメーキャップを久しぶりに楽しんできました。
[犬塚万弘] 分区大会のPRに加納実行委員長さんに御一緒させていただきました。5クラブに
 おじゃまさせていただきましたが、それぞれ楽しい例会でした。
[清 克行] 正昭さん... 昔の京美人のお店を紹介していただきありがとうございました。
 でも、若おかみはもっと美人でした。 

[杉浦会長] 本日は12月にしては天気も最高の晴天で気持ちもすがすがしい日ですね。
 本日、卓話を楽しみにしています。浜田武人氏よろしくお願いします。
[後藤幹事] まほろば理事の浜田様ようこそきららへ、今日問題になっている環境問題につい ての卓話をよろしく。また加納分区大会実行委員長、犬塚様下谷様8クラス訪問ご苦労様。
[加納 隆] 西三河分区大会のPRに下谷さん犬塚さんの助けを借りて、8クラブ全部の訪問を
 終えました。各クラブでのメーキャップを久しぶりに楽しんできました。
[犬塚万弘] 分区大会のPRに加納実行委員長さんに御一緒させていただきました。5クラブに
 おじゃまさせていただきましたが、それぞれ楽しい例会でした。
[清 克行] 正昭さん... 昔の京美人のお店を紹介していただきありがとうございました。
 でも、若おかみはもっと美人でした。 

卓話

「カーボンオフセットと竹炭」(NPOまほろば理事 濱田武人)

●卓話(濱田武人)
 今求められるCO2削減と炭素循環、カーボンオフセットと竹炭という事でテーマをあげておりますが、私としては環境ビジネスとカーボンオフセットという話になるかと思います。今の環境を改善していこうという事で自然環境や地球環境、地域環境を含め世界的にもありますが、環境負荷というのは国民総生産活動で出てきた負荷によって環境に影響を与えております。
 大量木炭化をご紹介します。建設工事をしますと大量に木材が出ます。これを廃棄しますと産業廃棄物になりますのでこれを炭にしました。畳20畳敷きで深さ2Mくらいの釜で焼きます。西尾では西尾の道の駅で1,500リューベー程、23号線の発生材を焼きました。大きな幹から細い枝迄炭焼きの原理で作っておりますので、石油を炊いたりはしておりません。床の下に使ったりしております。私が携わって来た中で、地球温暖化が課題です。キーリング博士がハワイでCO2の測定をしておりますが、1955年位から2005年迄の50年間でCO2の濃度が上がってきております。その結果100年後には5~6度上がると言われております。ですからビジネスとしては確実に伸びてくる分野ではないかと思います。地球温暖化防止活動の必要性という事で、次世代に対しての責任という事で現世代の我々が現実的な行動をしていく事が必要です。しかしCO2を排出する事は簡単ですが削減する事は難しい。家庭、事務所、事業者等何をすれば良いかがわかってない。市民と共に何をすべきか、何が出来るかという事を共に考え共存していく事を体感したいと考え、そこでカーボンオフセットを一つの道具としてその活動をしていこうと行動を起こしました。是非西尾を発信源として活動をしていきたいと思っております。
 地球温暖化防止対策として大気のCO2を増やさない為にCO2の排出するものを減らすという事と、大気のCO2を減らすという事です。排出量を減らすという事は盛んに行われていますが、大気のCO2を減らすという事は今あまり言われておりませんが、モウソウ竹を竹炭化しますと有効です。カーボンオフセットすなわち排出してしまったCO2を取り返す、炭という形で取り返す。私が車に乗ったCO2をどうやって取り返すか。炭を買う事によって相殺出来るという事です。各家庭、個人として取り上げた時に排出量を計算してあげて、それに見合うだけの労働、間伐や炭焼き作業をしたりその竹炭を購入したりと出したものをオフセットするという事で削減しようという事です。
 日本のカーボンオフセットの現状ですが、実際問題来年が元年です。まだ企業・個人としての取り組みで国としての認証はしておりません。今年度中になんとか認証をしてカーボンオフセットというシステムで削減を推進していきたいと国は思っております。市民・企業・行政の3者の取り組みは市民活動としての取り組みをしていく事、企業・ビジネスとして削減するという道を開くという社会のシステムが出来ないといけないなと感じます。
 1950年位から日本も炭素を排出するようになりました。後50年で循環型社会をきちんと作って安定した環境が出来上がれば次世代に安心な地球が継承出来るんではないかと思います。これからの世代の方に知恵と工夫を貸してその動機付けがこの2000年にあると思います。早く環境技術、環境活動をいう社会構造を大きなビジネスとして捉えて行かなければいけないと思います。
詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]