第889回「第17回 西尾KIRARA賞贈呈式」

開催日時 平成22年3月5日(金)
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 奉仕の理想
卓話者水曜おはなし会 代表 杉浦千代子氏            榎本宣子氏
ビジター岡崎南RC 和田昭 君
お客様にしおボランティア センター長 大楠益男 氏
司会進行鈴木正司 君

会長挨拶

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。3月に入りまして春の陽気がなんとなく漂ってきたかなという雰囲気です。今日は明るい花のサイネリアを持って参りました。早速本日のゲストをご紹介させて頂きます。にしおボランティア市民活動センター長の大楠益男様です。よろしくお願い致します。読み聞かせボランティアサークルの水曜おはなし会の代表であられます杉浦千代子様です。同じく会員の榎本宣子様です。よろしくお願い致します。本日のビジターは岡崎南ロータリークラブの和田昭君です。また本日は今年度3回目のおもてなしの会という事であいやさんの看板娘、石川さんと榊原さんが先程からお抹茶を接待させて頂いております。今日はどうもありがとうございます。今日は月初めという事で報告事項が沢山ありますので簡単にお話しさせて頂きます。

 みなさんロータリーの友の3月号をご覧頂いた方は結構いらっしゃるかと思いますが、その中で3月8日~14日迄が世界ローターアクト週間であります。私も改めて認識した次第ですが、このローターアクトは約40年前に設立されたそうで、年齢は18歳~30歳迄の青年男女によって構成されているクラブです。その目的は個々の指導能力の開発、道徳と人権尊重、奉仕と世界平和を推進する若者を養成し行動を起こす事といった活動です。3月号を読んでみますと日本でもかなりのロータリーがローターアクトに取り組んでいると知りました。皆様にはもう一度御一読頂きたいと思います。以上です。ありがとうございました。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
56 1 55 40   15 72.73  

スマイル委員会報告

高須会長
本日はKIRARA賞授賞式においで下さった大楠様、杉浦様、榎本様KIRARAへようこそ今日は宜しくお願いします。

小林幹事
水曜お話会 代表の杉浦千代子様KIRARA賞受賞おめでとうございます。又、推薦者の大楠様今日はご苦労様です。我が家の隣の大楠さんでありビックリしました。いろいろとこれからも宜しくお願いします。

岩瀬晴彦君
長男が先日(2/27)結婚しました。高須会長より祝電頂きました。ありがとうございました。「嫁をもらったのに息子をとられたみたい」と女房は言っています。

川上万一郎君
先日、私の卓話を聞いて頂いてありがとうございます。愛知県の平成22年度の予算の厳しさを理解して頂きたいと思います。

長谷収一君
大楠さま、杉浦さま、榎本さまようこそKIRARAへ今日は宜しくお願いします。

二宮誠二君
杉浦正昭君素晴らしい富士山の写真額に入れて頂きありがとうございました。会社の会議室に飾らせて頂きます。

高須会長
本日はKIRARA賞授賞式においで下さった大楠様、杉浦様、榎本様KIRARAへようこそ今日は宜しくお願いします。

小林幹事
水曜お話会 代表の杉浦千代子様KIRARA賞受賞おめでとうございます。又、推薦者の大楠様今日はご苦労様です。我が家の隣の大楠さんでありビックリしました。いろいろとこれからも宜しくお願いします。

岩瀬晴彦君
長男が先日(2/27)結婚しました。高須会長より祝電頂きました。ありがとうございました。「嫁をもらったのに息子をとられたみたい」と女房は言っています。

川上万一郎君
先日、私の卓話を聞いて頂いてありがとうございます。愛知県の平成22年度の予算の厳しさを理解して頂きたいと思います。

長谷収一君
大楠さま、杉浦さま、榎本さまようこそKIRARAへ今日は宜しくお願いします。

二宮誠二君
杉浦正昭君素晴らしい富士山の写真額に入れて頂きありがとうございました。会社の会議室に飾らせて頂きます。

卓話


にしおボランティア市民活動      センター長 大楠 益男氏

「水曜おはなし会」         代表 杉浦 千代子氏

杉浦 千代子氏と       榎本 宣子氏
●キララ賞授賞式
◆にしおボランティアセンター長 大楠益男氏
 本日は水曜おはなし会、杉浦千代子さんの表彰式にお招きを頂きましてありがとうございます。私からこの水曜おはなし会の経緯とボランティアにつきまして2点程お話をしたいと思います。水曜おはなし会は1980年7月に西尾市立図書館の児童館で発足を致しまして図書館を訪れる子ども達に絵本の面白さと喜びと感動を与えようと毎週水曜日に開催をしました。1988年4月に読み聞かせ勉強会としてひまわり朗読会を設立し、名古屋から先生をお迎えし絵本等の勉強を始めました。子どもの心の中にふるさとを持たせてやりたという、子どもにしてあげなければならない大切な事で身近に出来る事をという事で絵本の読み聞かせを始めました。今日で31年目になりますが語り続けられておりますのでボランティアとして続けております。子どもと絵本が大好きな仲間の集まりです。

 ボランティアのルーツは皆様方の様なロータリーやライオンズの方々だと思います。このボランティアという名前が広まり始めたのは関東大震災以降だと言われております。近年では阪神淡路大震災以降世間に広まりました。ここ10年位がピークで徐々に下り坂になっております。それは日本が平和で行政が手を出し過ぎではないかと感じがします。我々としてはボランティアに協力して頂ける方、ボランティアを作って頂ける方を育成しようと西尾ボランティア市民活動センターに就任して以来、たくさん PRをして参りました。その結果少しずつですが増えてはきております。ボランティアを長く続けて頂きたいと思います。みなさんと我々ボランティア
センターが上手く共生し合って進めていきたいと思いますので、仲良く手を組んで邁進して参りたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。

◆水曜おはなし会 杉浦千代子
 本日はお招きを頂きありがとうございました。先程は名誉ある素敵な賞を頂きましてありがとうございます。みなさんの会は20周年を迎えられるそうですが、私達の会は30年です。当時は子ども達が高度成長の最盛期でしたので共稼ぎが多く家が留守になる、そういう子ども達が図書館めがけて遊びに来ていました。当時は猿や沢山の遊具もあり蒼々たる森でした。木登りやセミ取り等外で夢中になって遊んでいました。そういう子ども達を見てせっかく図書館に来るから、今のおもちゃ館、当時の児童館ですが子どもの本が沢山あったので、ここで本を読んであげたらと私達の先輩が始めました。私達も主婦ですから長続きする人もいましたが、入れ替わり立ち替わりしました。私は図書館から家が一番近かったという事で世話役になり今迄続けてこれました。皆様方の様な方達の温かいご支援があって続けてこれました。

今日振り返ってみましたら私がこうして続けられるのも家族が理解してくれた事も大きな力になったと思います。息子が中学生の時ボランティアって一体なんだ?とくってかかってきた事がありました。その時とっさにボランティアとは思いやりなんだ、相手にそってあげる事なんだと答えた事があります。この水曜おはなし会も30年が経ちましてこの先どうなるかはわかりませんが、もうしばらく子ども達と遊ばせて頂きたいなと思いますのでよろしくお願い致します。本日はどうもありがとうございました。

例会風景

例会風景

「サイネリア」 会長挨拶 幹事報告
「水曜おはなし会」へ      表彰状贈呈 おもてなしの日
「あいや」の社員様
会員誕生日祝い
西尾KIRARA賞贈呈式
長谷 収一 社会奉仕委員長 
出席委員会報告 スマイルBOX委員会報告

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]