第891回「環境と経済の好循環を目指すグリ-ン・ニュ-ディ-ルについて」

開催日時 平成22年3月19日(金)
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者愛知県環境部長 藤井 敏夫氏
ビジター西尾RC 松田 茂治君  碧南RC 坂本利彦君
お客様なし
司会進行鈴木 正司君

会長挨拶

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。早速本日のゲストをご紹介させて頂きます。愛知県環境庁の藤井敏夫様です。お忙しい中ありがとうございます。本日の卓話のテーマは「環境と経済の好循環をめざして」です。よろしくお願い致します。本日のビジターです。碧南ロータリークラブより坂本利彦さん、西尾ロータリークラブの松田茂治様です。ようこそおいでいただきました。ごゆっくりしていって下さい。
 みなさん西浅井町にある源空院というしだれ桜で有名なお寺があります。先週は酒井設計さんによる大改修が行われまして落慶法要が行われました。先週の土曜日はまだちらほらという感じでしたが、今日ここへ来る前に確認をしてきましたら満開でした。2本あるのですが、樹齢250年位だそうです。とても今見所です。今日明日お出掛けください。夜間はライトアップがあるそうです。明日は接待もあるそうです。
 最近この時期になってお亡くなりになる方が多いようです。日本中が老人社会になってくるのかという感じがしますが、西尾にも葬儀屋さんがありますが、また新たに2社進出してくる事を聞きました。今一番景気がいいのは葬儀屋さんなのでしょうか?一度はお世話になる所ですが、何となくあまり増えて欲しくないなと感じました。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
56 1 55 46   9 83.64  

スマイル委員会報告

高須会長
愛知県環境部長の藤井敏夫様今日はお忙しいところありがとうございます。

小林幹事
3月23日から25日まで2泊3日で釜山五六島ロータリークラブへ設立20周年記念式典に総勢11名で参加してきます。

山本俊明君
皆さんこんにちはやっと階段の上り下りが出来るようになり楽しみにしていた例会にやっと参加する事が出来るようになりました。「我れ一生の不覚なりです」これからは20cm以上の高さからは飛び降りないようにします。

鈴木善和君
先週中国出張の折搭乗した北京行きの飛行機の中でハイジャック未遂事件に合い大変怖い思いをしました。無事帰国出来たことを喜びスマイルします。

大高敏信君
3月14日の結婚記念日に穂積堂さんよりおいしいケーキとおまんじゅうが届きました。心よりお礼申し上げます。当日は妻と3人で杉浦義利さんのらくだでディナーにいきました。偶然にもKIRARAのメンバーに合い楽しく記念日を過ごさせて頂きました。

米田有孝君
3月14日歓迎コンペを開催ただきました。企画して頂いた清先生。杉浦義利さんありがとうございました。

大須賀慶一君
本日の中日新聞の1面にレインボーの記事が載りましたのでスマイルします。心を伝得る時は花に心をこめて送って下さい。

竹内幸弘君
先日、妻の誕生日に薔薇の花束を頂きありがとうございます。大変妻も喜んでいました。

高須会長
愛知県環境部長の藤井敏夫様今日はお忙しいところありがとうございます。

小林幹事
3月23日から25日まで2泊3日で釜山五六島ロータリークラブへ設立20周年記念式典に総勢11名で参加してきます。

山本俊明君
皆さんこんにちはやっと階段の上り下りが出来るようになり楽しみにしていた例会にやっと参加する事が出来るようになりました。「我れ一生の不覚なりです」これからは20cm以上の高さからは飛び降りないようにします。

鈴木善和君
先週中国出張の折搭乗した北京行きの飛行機の中でハイジャック未遂事件に合い大変怖い思いをしました。無事帰国出来たことを喜びスマイルします。

大高敏信君
3月14日の結婚記念日に穂積堂さんよりおいしいケーキとおまんじゅうが届きました。心よりお礼申し上げます。当日は妻と3人で杉浦義利さんのらくだでディナーにいきました。偶然にもKIRARAのメンバーに合い楽しく記念日を過ごさせて頂きました。

米田有孝君
3月14日歓迎コンペを開催ただきました。企画して頂いた清先生。杉浦義利さんありがとうございました。

大須賀慶一君
本日の中日新聞の1面にレインボーの記事が載りましたのでスマイルします。心を伝得る時は花に心をこめて送って下さい。

竹内幸弘君
先日、妻の誕生日に薔薇の花束を頂きありがとうございます。大変妻も喜んでいました。

卓話

グリーンニューディ―ル計画について(愛知県環境庁環境部長 藤井氏)


スピーカーを紹介する             伊藤 則男 君

愛知県環境部長             藤井 敏夫 氏 1

愛知県環境部長             藤井 敏夫 氏 2
●卓話(愛知県環境庁環境部長 藤井氏)
 本日のテーマは「環境と経済の好循環」といういささか格好をつけたテーマではございますが、少しでも皆様方のお役に立てばと思っております。後半はCOP10のホットな状況をご紹介したいと思います。
 今世の中はデフレ経済です。なぜそのような状況になるかと言いますと需要が足りないという事です。ではどうしたら良いかと言うと、需要を創出する事です。ところがどういう需要を創出するかというのがテーマになります。今地球環境が大変だという事で環境というものに需要を拡大したらどうかというのがグリーンニューディ―ルという考え方です。環境エネルギーへの投資・需要の創出を図って当面の雇用対策、景気回復をやると同時に産業の構造転換を図ろうという事です。しかし問題として環境という商品に対して個人の消費に結びつくだろうかという事がポイントでした。そこで私達環境部の仕事は環境の消費をする、環境に対するサービスを使うという事は格好良い事だと吹聴して回る、啓発するという事が大きな仕事です。

それでは愛知県のグリーンニューディ―ル政策のたたき台はどうかといいますと、環境危機・地球温暖化等の問題、経済の危機。この二つの危機を上手く結びつける。需要があるという事ならば、この地域のものづくりという技術を使って供給していこうというサプライヤー的立場の視点。需要をもっと増やす。コンクリートから人へという中で多くの公共事業がしぼんでいます。地域の再生を図り生き物を豊かにするという新たな公共投資も必要ではないかという事で基盤を育てる。この3つから県のニューディ―ルをイメージしました。環境部では循環ビジネスを行っております。最終処分する廃棄物は1tあたり1,000円頂いております。年間10億足らず入ってきます。その内の半分位をリサイクル産業の育成に当てております。次に新しい環境商品を作る、太陽光発電等です。エネルギー産業を育てる、水と緑税を活用しています。

 愛知の環境政策の基本として、自動車のエコカーの普及率が全国1です。太陽光発電は愛知県で住宅用は35000件あります。この1年間で8000件増えました。これは環境意識が高いという事もありますが、全国の中で九州並の日射量があるんです。全国一の太陽光発電の普及率です。次世代の自動車は電気自動車です。ハイブリッド自動車・プラグインハイブリッド等ありますが重要なのはバッテリー電池の性能です。ここ数年でコストダウン、機能アップします。この電池を制した者が自動車を制すると言っても過言ではありません。

 地球温暖化対策の国の施策です。環境需要を創出する為には経済的な規制的な手法をとらなくてはならないという方向を取ろうとしています。もの凄くダイナミックに動きます。世界が同じベクトルで動いてきますので技術開発力、循環ビジネスは地域でシステムを作っていく事が重要ではないかと思います。
 COP10は国益をかけた議論をするものです。地元としてしっかりとやっていかなくてはいけません。この総事業費は50億です。国が37億、地元が13億です。この50億のプロジェクトの多くは名古屋で消費されます。プラス海外から約8000人、日本からももっと沢山みえます。今年の10月ですが色んな意味で名古屋はにぎやかになると思います。会の中身は国がやりますので我々は問題ないように警備も含めてサポートしてやる事が大事です。その中で愛知の魅力を発信して、愛知の人々は親切だ、この地域の食べ物はうまいといった強い印象を持って頂き国際的評価を高めていきたいと思っております。メッセ名古屋にて環境技術フェアを開きます。そこで世界に向けて我が社の技術をアピールしたいという方はご参加して頂けると良いのではないかと思います。地域からの行動として、各セクターごとの会議をします。その中に経済人会議という物があります。経済活動と環境という面で世界の経営者の立場、トップのメッセージがこの会議で作られます。この様々な会議の結果は閣僚級会議に持ち込んで世界が合意出来るように持っていくという事になります。

万博から5年経ちました。モリコロパークに地球市民交流センターが出来ます。これは万博の剰余金で作った物ですが、ここを中心として、多くの県民の方にお越し頂いてこの難しい生物多様性という問題を分かりやすく、皆さんが交流したり体験したり出来る仕組みも作っていきたいと思っています。

例会

例会風景

会長挨拶 幹事報告 左 西尾RC 松田 茂治 君
右 碧南RC 坂本 利彦 君
出席委員会報告 スマイルBOX委員会報告 環境保全委員会より
二ノ沢川クリーン作戦の案内
環境保全委員会より
二ノ沢川クリーン作戦の案内
国際奉仕委員会より
五六島RC表敬訪問の案内
会長エレクト研修セミナー報告

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]