第895回「環境家計簿の事例について」

開催日時 平成22年4月16日(金)
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者NPO法人まほろば会員 杉浦京子氏 同副理事長 赤堀隆氏
ビジターなし
お客様なし
司会進行丸目 藤二 君

会長挨拶

●会長挨拶
 みなさんこんにちは。冬が戻ってきた様な感じになってきまして、また冬物を出して着ているといった様な状態で、異常気象には参ったものです。本日のゲストをご紹介させていただきます。NPO法人まほろば会員の杉浦京子様、同じくまほろば副理事長赤堀たかし様です。よろしくお願い致します。後程皆様の為になるお話をして頂きます。よろしくお願い致します。

 先週もお話ししましたが、最近の異常気象は農作物に大変な被害をもたらしているという事です。特にお茶関係、静岡では一番茶の新芽が6割位が枯れてしまったという事らしいです。西尾のお茶は大丈夫でしょうか。また岡山では梅が9割も落ちてしまったという事です。殆ど壊滅状態で異常気象には困ったものです。また近年世界で地震が起きている。それも大きな地震がという事で、その影響で津波による魚への影響もあるようです。アイスランドの火山の大噴火。規模が国単位の飛行機が離着陸が出来ないという事で、自然の影響は怖いものです。日本でもこういった災害がいつ起こるか分からない状況の中で、自然災害が起こらない事を祈っています。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
56 1 55 42   13 76.36  

スマイル委員会報告

高須会長
本日はNPO法人まほろば会員の杉浦京子さま副理事長の赤堀隆さまお忙しい中KIRARAへおいでいただきありがとうございました。よろしくお願い致します。

小林幹事
先日地理研で大和町へ行きウォーキングあり温泉あり又豆腐湯葉料理を食する事が出来又車中で公私の話ありで有意義な時間を過ごせました。堀田さんありがとう。赤堀様ご無沙汰しています。今日は杉浦様共、宜しくお願いします。

高須会長
本日はNPO法人まほろば会員の杉浦京子さま副理事長の赤堀隆さまお忙しい中KIRARAへおいでいただきありがとうございました。よろしくお願い致します。

小林幹事
先日地理研で大和町へ行きウォーキングあり温泉あり又豆腐湯葉料理を食する事が出来又車中で公私の話ありで有意義な時間を過ごせました。堀田さんありがとう。赤堀様ご無沙汰しています。今日は杉浦様共、宜しくお願いします。

卓話

環境家計簿の事例について(NPO法人 杉浦京子氏)


スピーカーを紹介する             伊藤 則男 君

NPO法人まほろば会員         杉浦 京子 氏

NPO法人まほろば副理事長      赤堀 隆 氏
●卓話(NPO法人 杉浦京子氏)
 まず環境に関心を持ったきっかけをお話しします。昔は働いているばかりで日々何気なく過ごしていたのですが、数年前高木さんという方の講演会を聞く機会がありました。その講演会ではその先生がスーパーでせっかく新しい物を買ってきても自分の家で古くしていませんか?とおっしゃっいました。それではっと思ったんですが、スーパーや商店では賞味期限が切れた物は廃棄をしています。またお弁当の食べ残し等も全て廃棄です。日本は食べ物の廃棄量が半端ではない。1日に捨てる食品の量でアフリカの子ども達が1000万人位救えるんだという話をされました。またドイツのペットボトルの話もされました。ドイツではペットボトルはリサイクルではなくリユースだそうです。リサイクルは素晴らしい事ですがエネルギーを使いますので、リターナブルの方が効率的です。

また日本は自動販売機が多いと思いませんか?日本中の自動販売機を動かす分で原発が1基必要な位エネルギーが必要だそうです。CO2をどんどん排出する事によって北極のオゾン層がどんどん破壊されている話や南極の氷が半端なく崩落して溶けている話等をされ、今迄感じた事考えても見なかった事を話されて、その時から目覚めました。まず自分も出来る事からと、マイバックを持つ事を始めました。

 そこでまほろばが取り組んだのが環境家計簿をつけて頂く事です。家計簿をつける事が目的ではなく、環境に関する自分の意識改革をする事が目的です。それでは様式を配りますので、下の欄にチェック表がありますのでご自分でつけてみて下さい。10点以下の方、この方は環境に関しては失格です。10点以下の方が多い様な感じです。これをする事によってちょっと意識して気をつけてみようと思いませんか?これが環境家計簿です。みなさんお家へ帰って奥様に聞いてやってみて下さい。

 今回まほろばが取り組んだ環境家計簿をつけていただくという運動は、私が微力だったので大勢の方にお願いが出来ませんでしたが、結果は5月が25家庭で16302キロCO2を排出していました。7月が14000という数字になりました。季節的な事も考えられますが、多少意識が働いて節約して低くなったんではないかと考えられます。

 環境家計簿をつけた事によって無駄なエネルギーを使っている事を気付いた方が多かったと思います。情報交換の場となったり、比較をする事によって節約する事の努力が出来るようになりました。具体的な節約方法ですが、風呂の残り湯の利用、ポットのコンセントを抜く、電球をこまめに消す等があります。環境家計簿をつける事によって気付きという事がステップの1段階です。そこからステップアップをしてCO2がどんどん減っていくといいなと世界みんなの願いです。今後は白熱電球をLEDにかえたりソーラーシステムやエコキュートを取付けたいなと思うのですが経済的な事もありましてなかなか1歩が踏み出せないでいます。

しかし今こういう時代だからこそエコによりつながるのではないかと思います。この環境家計簿ですが、小さな所よりも学校や企業で取り組んで活動する方がより効果が上がると思いますので、是非キララロータリーさんの活動にも取り入れて頂いて、少しでもCO2が減らせるように運動をして頂けたらなと思います。

例会風景

例会風景

会長挨拶 幹事報告 出席委員会報告
スマイルBOX委員会報告 地区協議会案内 写真部コンテスト応募案内

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]