第946回 創立20周年 記念式典

開催日時 平成23年5月15日(日曜日)
開催場所 西尾市文化会館 小ホール・大ホール
合唱曲 奉仕の理想
卓話者記念講演会 川口淳一郎氏(宇宙航空研究開発機構「はやぶさ」プロジェクトマネージャー)
お客様
司会進行記念式典 伊藤則男君、記念講演会 高須光君

会長挨拶

 榊原西尾市長を始め、多くの皆様のご臨席をいただき、西尾KIRARAロータークラブの創立20周年記念式典を開催できますことを、大変光栄に思います。
この記念式典の目的を、感謝と東日本大震災復興支援の二つに位置づけました。
1991年(平成3年)7月、西尾KIRARAロータリークラブは、西尾ロータリークラブ様のスポンサーにより誕生しました。お越しいただいている皆様に感謝の気持をお伝えすることが、本日の記念式典の大切な目的の一つでございます。
 もう一つは、大震災の被災地の復旧・復興の問題です。姉妹提携している韓国の釜山五六島ロータリークラブからいち早く多額の義援金が送られて来ました
 キララは、皆様と共に、良心に従って活動をしていきたいと思います。
「チャレンジ、オリジナリティ、そしてバランス」。これはキララの心です。

 本日、ここに榊原西尾市長を始め、多くの皆様のご臨席をいただき、西尾KIRARAロータークラブの創立20周年記念式典を開催できますことを、大変光栄に思います。
特に、本年3月11日、未曽有の大惨事となった東日本大震災が起きました。そのことにより、私たちは、この記念式典の目的を、感謝と復興支援の二つに位置づけました。ご理解をいただきたいと思います。
また、本日、この式典当日に合わせて、20周年の記念誌を発行することができました。ここには、地域を代表する皆様から、温かいお言葉をいただいております。私たちは、心の通い合う、つながりのある、すばらしい地域社会で生活をさせていただいているんだなあと改めて感じました。是非、ご一読いただきたいと思います。
1991年(平成3年)7月、西尾KIRARAロータリークラブ、西尾キララは、西尾ロータリークラブ様がスポンサーとなっていただき、誕生しました。初代鳥山会長から19人の歴代会長は、それぞれにリーダーシップを発揮し、多くの奉仕活動が行われました。
 本日、ここにお越しいただいている皆様は、そのキララの活動と或いはキララとご縁のある方ばかりでございます。こうして20周年を迎えることができるのもひとえに皆様のお陰でございます。深く感謝申し上げます。感謝の気持をお伝えすることが、本日の記念式典の大切な目的の一つでございます。
 そして、もう一つは、大震災の被災地の復旧・復興の問題です。西尾キララは、韓国の釜山五六島ロータリークラブと姉妹提携をしています。今回、同クラブからいち早く多額の義援金が送られて来ました。世界人権宣言は「人間は良心を授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない」と謳っています。同クラブの行動は、人間としての良心に基づくものであり、その崇高な志と迅速な行動力に敬意を表したいと思います。
そして、この度の被災地の復旧・復興は、やはり、私たちにおいても、人間としての良心に基づく、長期にわたる継続的支援が必要だと思います。そのためには、ここにいらっしゃる皆様とともに、私たちの住むこの地域社会全体をさらに活力のある社会にすることが大切だと思います。特に、この4月、新西尾市が誕生しました。海あり、島あり、美しい浜辺があります。山、川、田園、温暖な気候、歴史。本当に環境資源に恵まれています。私たち新西尾市民は、これを大いに活用し、将来の担い手となる子どもたちが、明るく元気に大きな夢を抱くことができるような地域社会にすることが大切だと思います。
 最後に、キララは、皆様と共に、良心に従って活動をしていきたいと思います。
「チャレンジ、オリジナリティ、そしてバランス」。これはキララの心です。
本日はありがとうございました。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 58 54 3 4 93.10 98.28

スマイル委員会報告

西三河分区ガバナー補佐 尾崎隆爾君
西三河分区幹事 岩瀬正範君
西尾RC 会長 筒井兼之君
西尾RC幹事 柴田高広君
一色RC会長 山下民義君
一色RC幹事 小出道治君
刈谷RC会長 太田宗一郎君
刈谷RC幹事 杉浦文雄君
安城RC会長 大嶽岩雄君
安城RC幹事 奥田法行君
三河安城RC会長 阿部光廣君
三河安城RC幹事 稲垣善朗君
知立RC会長 早川高師君
知立RC幹事 倉田英行君
高浜RC会長 野々山貴文君
高浜RC幹事 野々山光秋君
碧南RC会長 奥田雪雄君
碧南RC幹事 新美宗和君
伊勢度会RC 上野郁夫君

西尾商工会議所会頭 都築勝久様
西尾信用金庫理事長 近藤実様

肴町大名行列保存会会長 都築幸昇様

河合那苗様
ひまわり朗読会会長 尾崎貞子様

卓話

記念講演会(川口淳一郎氏)


寄付贈呈式

来賓祝辞 榊原西尾市長

来賓祝辞 尾崎西三河分区ガバナー補佐

記念講演会 辻村会長挨拶

講師 川口淳一郎氏

記念講演会の様子
【会長挨拶】
西尾KIRARAロータリークラブは創立20周年となりました。日ごろお世話になっている地域の皆様への感謝の事業として、JAXAはやぶさの川口先生の講演会を開催いたします。
ここにいらっしゃる皆さんは、はやぶさに感動されたと思います。私も感動しました。
 7年かけて、3億キロ離れたイトカワを往復して戻ってきたこと、510キロのはやぶさが大気圏に突入し、燃え尽きることなく、6キログラムのカプセルとなって地球に戻って来ました。母親が難産の末、子どもを産み、力尽きたという印象です。
私は科学とは全く関係のないところで感動していますが、これから、科学的なお話を川口先生から聞きしたいと思います。

【講演要旨】
小惑星を調べることは私達が住む地球を調べることでもあります。
地球は地表とマントル、核というように層状に分化しています。
重い物質は地表にほとんど存在せず、地球内部に多く存在します。
レアメタルがレア(稀少)なのは、重い物質なので地表にほとんど存在しないからです。地球内部にどのような物質がどの程度存在するのかを調べるには、地球内部まで掘り進めなければなりません。
高温の地球内部を調べることは現実的ではありません。
小惑星は分化していない星です。
小惑星の地表には地球の内部に多く存在するような物質も存在すると考えられます。
これが小惑星探査衛星はやぶさによる探査の科学的意義です。
はやぶさは打ち上げたら故障しても人手で直すことができません。
地球に帰還するチャンスは1回しかありません。
故障してもはやぶさが自力で対処できるよう、あらゆる事態を想定して、それらに柔軟に対応できるシステムを作り上げました。
重大なトラブルが発生しましたが、はやぶさのコンピュータを教育して克服しました。
地球まで辿り着いたはやぶさに自分の目(カメラ)で地球を見させて、カプセルを放出し、自身は大気圏で燃え尽きました。
カプセルはわずか目標地点から500mの誤差で落下しました
<はやぶさ余談>
はやぶさの名前の由来である「隼」という字は、探査機の形状を表している!「隼」の文字が誕生したときから小惑星探査機を予言していた!
寝台特急はやぶさの廃止は、小惑星探査機はやぶさの暗雲を予感させた!
東北新幹線の新型車両が「はやぶさ」と命名されたことは、小惑星探査機はやぶさの復活の瑞兆だった!
川口先生の個人的な神頼み!中和神社。

懇親会 平安殿 他

記念式典と講演会の疲れも忘れて楽しみました!

お疲れ様です 上手く撮れねえなあ! 日本語の上手な韓国五六島RC朴寿子元会長
このゲームは難しい? ハーレム状態の会長 気持ちよく歌う和美さん でも聞いてない
辻村会長と沢アナウンサー

記念講演会

講演会では多数の聴講者にご来場いただきました。川口先生の著書にサインをお願いする人も多かったです。

ビデオを見ながら講演会を待つ来場者。 講演会受付風景。 マーカー実寸模型に注目!
パネルを熱心に見る来場者の皆さん。 開演直前の会場。 講演風景。
成功裡に講演終了! 文化会館大ホール満席 講演の前に記念撮影

記念式典

成功裡に式典を終えました!皆さんお疲れ様でした。

記念式典前の辻村会長挨拶。 連絡事項。 記念式典受付最終確認。
友愛の広場の風景。 祝舞 花柳弥月様 これまでの準備の集大成 実行委員長杉田君開会の辞。
国歌斉唱・ロータリーソング ソングリーダー石川勝雄君 岩瀬幹事。

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]