第971回 会員卓話 市川治君・秋山正純君

開催日時 平成23年12月9日(金) 12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者市川 治 君、秋山 正純 君
お客様
司会進行里野 泰則 君

会長挨拶

今日の会員卓話は、市川治君と秋山正純君です。
12月6日二の沢川の清掃に参加した方と東北に行かれた方はグリーンカードの対象です。
日野原重明さんの著書の一節をご紹介します。
『命とは、あなたが持っている時間。持ち時間の使い方で人生の価値は決まる。
"take and give"でなく、他者に与えることが先である。
"give and take"の生き方をしよう。』
私も、"give and take"の精神で、来年もう一度東北へ行こうと思います。
その時は皆さんのご協力をお願いします。

今日は、久々の会員卓話です。
この例会場は今年最後です。
会員卓話は、まず市川治君、そして秋山正純君です。

12月6日(火)、二の沢川の清掃に11名参加していただき、ありがとうございました。グリーンカードの対象にさせていただきます。
先週、東北に行かれた方もグリーンカードの対象です。

会場後方のミカンは先週のミカン狩りで収穫したミカンです。
ご希望の方に販売し、売上は来年の東北支援の資金にします。

日野原重明さんをご存知でしょうか。
彼は59歳の時、よど号のハイジャックに遭われ、これで人生観が変わり、60歳からいろいろ挑戦されています。
著書の中に感銘を受けた一節がありましたので紹介します。
『日野原重明の遺言
全ての方へ
始めることを忘れなければ、幾つになっても心の若さは続く。
節目の年齢から新しいことに挑戦しよう。
命とは、あなたが持っている時間。
持ち時間の使い方で人生の価値は決まる。
"take and give"でなく、他者に与えることが先である。
"give and take"の生き方をしよう。』

私も、"give and take"の精神で、来年もう一度東北へ行こうと思います。
その時は皆さんのご協力をお願いします。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
59 3 56 44 12 12 78.57 100.00

スマイル委員会報告

【清 克行 会長】市川君、秋山君、今日は気楽に会員卓話をお願いします。
【山本 裕充 幹事】久しぶりの会員卓話です。市川さん、秋山さん、宜しくお願いします。
【山本 俊明 君】市川君、秋山君、卓話ご苦労様です。今夜の食事はおいしく召し上がって。
【後藤 利之 君】先週ミカン狩 清会長ありがとう。孫が喜んでおりました。
【長野 敏行 君】久しぶりの出席です。10月・11月・12月は忙しいので中々出席できません。
【野口 要二 君】昨日からソバの会に入って、始めてソバを打って食べました。
【太田 五九郎 君】家内の実家鹿児島へ行って来ました。かるがんまんじゅうです。
【堀田 義之 君】「色づいた 師走の風に 銀杏たち」1月23日(月)伊勢度会RCメイキャップ。

【清 克行 会長】市川君、秋山君、今日は気楽に会員卓話をお願いします。

【山本 裕充 幹事】久しぶりの会員卓話です。市川さん、秋山さん、宜しくお願いいたします。

【山本 俊明 君】市川君、秋山君、本日の卓話ご苦労様です。今夜の食事はおいしく召し上がって下さい。

【後藤 利之 君】先週ミカン狩 清会長ありがとう。孫が喜んでミカンをとっておりました。又、孫がミカン狩へ行きたいと云っております。その時はよろしく。

【長野 敏行 君】久しぶりの出席です。元気でいます。10月・11月・12月は忙しいので中々出席できません。久しぶりですのでスマイルします。

【野口 要二 君】昨日からソバの会に入って、始めてソバを打って食べました。たとえ「ヘタ」でも自分で打ったソバはおいしいと感じました。大晦日はそのソバで年越しです。

【太田 五九郎 君】家内の実家鹿児島へ行って来ました。田舎のかるかんまんじゅうです。少ないですがとても美味しいです。食べて下さい。さて、今日は新入会員の卓話楽しみにしています。市川さん、秋山さん頑張って下さい。

【堀田 義之 君】俳句同好会「色づいた 師走の風に 銀杏たち」新年1月23日(月)伊勢度会RCにメイキャップに行きます。初詣をかねて行きましょう。

卓話

会員卓話(市川治君・秋山正純君)


市川治君登壇

悩みながら話している市川君

秋山正純君登壇

蕎麦で身振りが加わる秋山君

市川治君への感想

秋山正純君への感想
【市川治君 卓話】

有限会社イオンは不動産関係の会社で、私の奥さんが社長、私はヒラの取締役です。
その他に梨作り、農業、そして外構工事、株式会社ウイングを営んでいます。

入会のきっかけは先輩から勧誘されたことです。何度も誘われ、入会しました。

最近は、女房からも言われて、自分探しをしています。

お酒が好きで、頻繁に飲んでいて、我が儘放題、し放題で来ました。
これでいいのかと考えたとき、どこをどう改めればいいのか悩んでいる次第です。

ある集まりでお酒を飲む機会があり、大きめのコップで飲もうとすると、後から女房の鋭い視線を感じた次第です。

卓話で人前で話すことは慣れていません。農業なら天候相手で、喋らずに済みます。

話題を自分探しに戻しますが、今日までいられるのは、KIRARAにもいる仲間が私を気にかけて誘ってくれたことによるものです。

我が儘し放題に生きてきましたが、本当に社会で必要な存在であるか、考えています。

【秋山正純君 卓話】

私も55歳を超えて、昔ほどの情熱がなくなりましたが、ここ半年ほど蕎麦に興味持ちましたので、蕎麦についてお話しさせていただきます。

先日、KIRARAで大船渡へ行きましたが、そこで会えなかった歯科医の友人に後日会い、大震災の当日の生々しい話を聞きましたので、紹介したいと思います。

患者さんの歯の神経を取っている最中に地震が起き、揺れる中で何とか神経を取り終えました。他の患者さんは停電で治療が出来ないので帰ってもらうことにしました。
私の友人が様子を見に外に出たら、町内会長が避難するよう一軒一軒ふれ回っていました。
海の方を見ると砂埃が見え、電信柱がバタバタ倒れ、大変だということで、友人の奥さんが自動車で患者さんを乗せて高台に避難し、友人はスタッフと一緒に走って逃げました。
その直後に津波がおしよせ、間一髪で間に合いました。
友人がたまたま外に出たから助かったということです。

蕎麦の話題に移ります。

私が生まれ育ったのが、市町村合併して現在の埼玉県加須市で、うどんの町として有名なところです。有名なうどん屋さんもあり、天皇陛下も食事されるお店があるところです。私は蕎麦を「変わったうどん」という感覚しか持っていませんでした。

半年前、西尾市内でざる蕎麦を食べる機会があったとき、わさびを塗って食べたら、蕎麦に対する認識が一変しました。

KIRARAに入会して「そば打ちの会」に参加させてもらい、蕎麦を作り食べることに熱中しています。

これを機会に蕎麦の勉強をすることにして、手に取ったのがコミックの「そばもん」です。勉強してから味わってみようと思った次第です。

「通」には「通る人」「通う人」「通じる人」の三種類あるそうです。
まず、「とおる」は、いろんな店ののれんを通るという意味です。
「通う人」は、ひいきの店に通い続けて、しっかり味を覚えると、他の店に行ったときに味の違いが分かるようになり、。それから蕎麦の本を読んで知識を蓄え「通じる人」になるのだそうです。
逆のパターンで頭でっかちになることを半可通(はんかつう)というそうです。

久々の会員卓話

俳句、写真、合唱、IT各同好会の報告がありました。

幹事報告 山本幹事 米山功労者 中根勝美君 お花ありがとうございます。

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]