第983回 RYLAセミナー受講報告会

開催日時 平成24年3月16日(金) 12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者西尾中央幼稚園 平田 名津美 様・榊原 遙香 様
ビジター西尾RC 平田 兼久 君
お客様
司会進行里野 泰則 君

会長挨拶

お配りした資料は、私の歯科医院の歯科衛生士が作りました。
患者の口に触れることができるのは、歯科医師と歯科衛生士だけです。歯科衛生士の需要はとても高く、就職率は約150%で歯科医院は毎年確保に苦労しています。
資料にある誤嚥性肺炎は、死亡原因第4位、高齢者にとっては第1位です。
高齢者は誤嚥性肺炎や窒息が死因となることが多いです。
誤嚥性肺炎とは、唾液や痰などが肺に入ってしまい、その雑菌によって肺炎を起こします。

本日は新世代委員会のRYLAセミナー報告会です。
ゲストは、RYLAの受講生である西尾中央幼稚園の平田名津美様、榊原遙香様です。後ほど報告をお願いします。
ビジターは西尾RC、そして平田名津美様のお父様である平田兼久君です。

RYLAの意味は、Rotary Youth Leadership Awards、ロータリー青少年指導者養成プログラムです。詳しくは、地区インターアクト副委員長の堀田君からあとで説明があると思います。

皆さんのお手元にプリントを用意させてもらいました。

この資料は、私の歯科医院の歯科衛生士が例会のために作りました。

歯科衛生士という職業をご存知でしょうか。
患者の口に触れることができるのは、歯科医師と歯科衛生士だけです。
以前に職業奉仕の鶴中で歯科衛生士について話しましたが、中学生はこの職業を知らないようでした。
しかし、歯科衛生士の需要はとても高く、就職率は約150%で歯科医院は毎年確保に苦労しています。

古いことわざで、災いは口より出でて、病は口より入るといいます。

資料の最初にある誤嚥性肺炎について説明します。
死亡原因第4位、高齢者にとっては第1位です。
高齢者は誤嚥性肺炎や窒息が死因となることが多いです。
誤嚥性肺炎とは、唾液や痰などが肺に入ってしまい、その雑菌によって肺炎を起こすというものです。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
59 3 56 43 13 13 76.79 100.00

スマイル委員会報告

【清 克行 会長】RYLA(Rotary Youth Leadership Awards)報告会です。平田名津美さま、榊原遙香さまよろしくお願いします。
【山本 裕充 君】平田さん、榊原さん、RYLAセミナーお疲れ様でした。
【西尾RC 平田 兼久 君】ライラセミナーの報告の機会、誠にありがとうございます。
【新世代委員会 高須 良一 君】西尾中央幼稚園 平田名津美様、榊原遙香様、お願いします。
【堀田 義之 君】「わすれじの3.11はこの胸の心にとどめ明日(あした)えの道」
【堀田 義之 君】春の一句「身にまとう 花びらきもの あと少し」

【清 克行 会長】今日はRYLA(Rotary Youth Leadership Awards)報告会です。平田名津美さま、榊原遙香さまよろしくお願いします。

【山本 裕充 君】平田さん、榊原さん、RYLAセミナーお疲れ様でした。今日はRYLAセミナーの報告宜しくお願いします。

【西尾RC 平田 兼久 君】本日は、ライラセミナーの報告の機会をいただき、誠にありがとうございます。つたない発表ですが、よろしくお願いします。

【新世代委員会 高須 良一 君】西尾中央幼稚園 平田名津美様、榊原遙香様、本日はお忙しい中ごくろう様です。ライラセミナーの報告宜しくお願い致します。

【堀田 義之 君】「わすれじの3.11(サンイチイチ)はこの胸の心にとどめ明日(あした)えの道」

【堀田 義之 君】春の一句「身にまとう 花びらきもの あと少し」

卓話

RYLAセミナー受講報告会(西尾中央幼稚園 平田 名津美 様・榊原 遙香 様)


俳句で紹介する堀田君

ちょっと緊張気味?

平田 名津美 様

榊原 遙香 様

平田 兼久 君(西尾RC)
【堀田 義之 君】
RYLAを俳句風で紹介します。
「RYLAにて 奉仕の心 めざめつつ」

「喜びを 次にと繋ぐ このなつみ」平田名津美先生です。

「この笑顔 ほほえみかえす えみはるか」榊原遙香先生です。

【平田 名津美 様 発表】
RYLAセミナーで何をするのか想像できないまま参加し、雰囲気に圧倒されました。
バイマーヤンジン先生の講演を聴きました。チベット出身で中国で音楽を学ばれ、現在は日本の大阪在住です。話がとても面白い方でした。

中国の大学ではチベット民族としての差別があったそうです。
差別のない日本は、天国のような所と言われました。

日本人は、格差のない社会、精神力・心、いろいろな技術、もてなしの心がすばらしいです。それは日本の教育の賜です。

ヤンジン先生は、自分がおかれた幸せに気づくことが大切だとおっしゃいました。

講演の後、私は異業種の方、お子さんがいるなど立場の違う社会人の皆さんとグループワークをしました。
テーマは、「幸運は天から降ってこない」です。

発表のために幸運と幸せの違い、幸運とは何かを話し合いました。
努力したい目標があることが幸運だということにメンバーが全員納得しました。

研修を通して、様々な人の話を聞いて、自分の考えを仕えることの大切さを知ることができたのが収穫だと思います。

私は幼稚園で子供達と接していますが、子供達は将来の日本を背負っていく人達です。子供達が日本をどうしたいか自分で考えるようになってもらえるよう、私がさらに勉強していかければならないと思いました。

【榊原 遙香 様 発表】
年長の担任をしております。

RYLAに参加してみると、いつもの生活では感じられない刺激やたくさんの人との出会いがありました。
基調講演をしてくれたバイマーヤンジンさんの話は私の心にとても響きました。
私には想像できない環境の中で、家族の想いやご自分の強い想いで日本に来られ努力し幸せをつかんだ方でした。

日本という国のすばらしさや外に目を向け知ることのすばらしさを教えてくれました。

講演の時間が終わり、最後に一つだけ伝えさせて、
「皆さん、世界を見てください。今、自分が、この日本がどんなに恵まれた環境にいるか、知っていますか。
自分の幸せに気がつかなくっちゃ。夢を持ち、努力をすれば得られる環境にあるのです。皆さん、頑張らなくっちゃ」

グループワークでは、様々な職業や年齢の方が集まり、ヤンジンさんの生き方や幸せについて色々意見が出ました。自分が頑張ったことで人にありがとうと言われると幸せを感じるよね、という意見に皆が共感しました。
それを発表劇でまとめました。

この研修を通じて、「私は幸せだ」と言い切れる自信はありませんが、自分の幸せをふり返る機会になりました。自分の知っている世界がとても狭いことを知りました。
たくさんのことを知りたい、多くの人と出会いたいと思いました。

【平田 兼久 君】
二人の報告を聞いて、RYLAに行かせてもらってよかったと思います。

おもてなし例会

今日はおもてなし例会で、あいやさんから女性社員がこられ、お抹茶のおもてなしをいただきました。

あいやさんのお嬢さん 幹事報告 山本幹事

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]