第1005回 DVD 岩瀬文庫の世界 

開催日時 平成24年9月7日(金) 12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 奉仕の理想
卓話者(株)モーション・ビジュアル・ジャパン代表取締役 柵木 志(あつし) 氏
ビジター西尾RC直前会長 稲垣良次君
お客様
司会進行野口要二君

会長挨拶

日韓親善会議で印象に残ったのが講師の緒方貞子さんの、国際理解が必要だが、言葉の壁をぶち破らなければならないというお話です。元国連難民高等弁務官を長く勤められましたが、50年位前にロータリー財団国際親善奨学生の奨学金でアメリカの大学を卒業されてました。国同士の紛争や難民の仲介役で世界を飛び回ってみえた方です。韓国の英語力のレベルは日本よりもはるかに高い。日本もグローバルな時代にはまず英語を理解、話せる様にしなければ、お互いの理解は得られない。だから英語の教育に力を入れなさいということでした。語学教育、英語は必須ではないかという事が一番印象的でした。

日韓親善会議、東京に行って参りました。その中で特に私が印象に残ったのが、講師で緒方貞子さん、多分ご存知だと思いますが、元国連難民高等弁務官を長く勤められた方です。この方はロータリアンではないのですが50年位前にロータリー財団国際親善奨学生の奨学金でアメリカの大学を卒業されて、その後日本の大学の先生をされてみえて国際連合の方に勤務されたという事です。そのお話の中で国同士の紛争や難民の仲介役で世界を飛び回ってみえたのですが、国際理解が必要だと。それには言葉の壁をぶち破らなければならない。それが一番必要な事でしょうと言ってみえました。韓国の英語力のレベルは日本よりもはるかに高いという事です。世界に存在感を示す今の韓国の状態であろうかと思います。日本もグローバルな時代にはまず英語を理解、話せる様にしなければ、お互いの理解は得られない。だから英語の教育に力を入れなさいというお話でした。
 我々身近な事ですが、語学教育、英語は必須ではないかという事が一番印象的でした。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 3 55 43 12 12 78.18 100.00

スマイル委員会報告

【青山 弦八 会長】岩瀬文庫は世界に誇れる文化遺産であります。
【杉浦 義利 君】広島へ次男夫婦が旅行に連れて行ってくれ、妻と楽しい3日間でした。
【辻村 義之 君】初孫に恵まれました。いいもんだなあ、としみじみ思っています。
【二宮 誠二 君】国の補助金につづき、県の補助金を受ける事が決定しました。感謝。
【大高 敏睦 君】女房の作品展を見学に来られた方ありがとうございます。
【長谷 収一 君】柵木さんようこそKIRARAへ。今日は宜しくお願いします。
【長野 敏行 君】久しぶりの出席ですのでスマイルします。病気ではありません!
【杉田 芳男 君】五六島歓迎会の時、割勘勝しました。お詫び方々のスマイルです。
【杉田 芳男 君】青山会長 ワインの寄贈ありがとう。早速家内が頂きました。
【堀田 義之 君】第11回日韓親善会議の一句「東京で ふたつの心(日韓) 触れあって」

【青山 弦八 会長】柵木志様、本日のお話楽しみにしております。岩瀬文庫は明治時代に西尾商人 岩瀬弥助が作った、私設図書館でありますが、今では世界に誇れる文化遺産であります。よろしく。

【杉浦 義利 君】柵木志様、本日の卓話よろしくお願いします。9月3・4・5日2泊で広島 宮島、岩国と次男夫婦が旅行に連れて行ってくれました。妻共々楽しい3日間でした。

【辻村 義之 君】やっと、初孫に恵まれました。いいもんだなあ、としみじみ思っています。ありがとう。

【二宮 誠二 君】先回の国の補助金につづき、先週県からの補助金(建物、機械設備 総額の10%)を受ける事が決定しました。感謝、感謝。

【大高 敏睦 君】西尾ロータリーの稲垣良次様、ようこそキララへお越し下さいました。いつも大変お世話になっています。今後とも宜しくお願いします!!
女房の作品展をツタヤで16日までやっています!!見学に来られた方、ありがとうございます。時間のある方、見てやって下さい!!

【長谷 収一 君】柵木さんようこそKIRARAロータリークラブへ。今日は宜しくお願いします。

【長野 敏行 君】久しぶりの出席ですのでスマイルします。病気ではありません!

【杉田 芳男 君】五六島歓迎会の時、割勘勝しました。お詫び方々のスマイルです。

【杉田 芳男 君】青山会長 ワインの寄贈ありがとう。早速家内が頂きました。

【堀田 義之 君】第11回日韓親善会議に出席しての一句「東京で ふたつの心(日韓) 触れあって」「我が心 釜山の月と同じ月」本日俳句同好会があります。

卓話

DVD 岩瀬文庫の世界((株)モーション・ビジュアル・ジャパン 柵木志 氏)


卓話者紹介は長谷君

柵木志(あつし)氏

岩瀬文庫にあるお宝 百万塔 中心が空洞になっている。

百万塔とは何ぞや・・・・・

中に収められている陀羅尼経(だらにきょう)日本最古の印刷物

会長より謝辞とお礼を
 ご覧頂いたビデオは岩瀬文庫の蔵書を1話3分にまとめたものです。
私が企画書をキャッチさんで採用頂き、2009年から放送されまして、合計77本作りました。

 番組は終わってしまいましたが、埋もれさせるのはもったいないと思い、地域貢献としてボランティアで制作を続けています。
ホームページでも岩瀬文庫の世界を誰でもご覧頂けます。

 映像制作が生業の私が専門性を活かして地域貢献できないかと考え、岩瀬文庫は世界的に有名でありながらあまり認知されていないという現実がありますので、一人でも多くの方に知って頂けたらという思いでやっております。
 今年の4月に西尾市教育委員会の方に市内小中学校に見て頂きたく、DVDを寄贈させて頂きました。地域教育として見て頂けたらいいなという想いと、DVDには英語のナレーションも入っており英語教材として、また海外の方にも見ていただきたいことがポイントです。

 岩瀬文庫は世界的に有名で海外含めて年間100件以上メディアからの取材があります。有名な荒俣宏さんも研究に来られたりします。それだけ有名なのになかなか地元の人ですら知らない事が多いという、そういった知られていない部分を多くの方に知って頂けたらと思っております。

 月に2本くらい作品を作り上げています。蔵書が8万冊以上ですので全てを網羅する事は一生かけても難しいですが、現在で110話ほど撮る事ができました。DVDでシリーズ化していきたい思いがありまして、vol.1で10話入っております。販売もしておりますのでよろしかったらお願いします。

 現在インターネット上でiwasebunko.comで皆さんにご覧頂ける様になっております。1話3分で日本語のテキストと英訳のテキストも添えて公開しています。公開して1年以上経っていますがアクセス数もありまして好評を頂いております。

Facebookをやってみえる方がいらっしゃいましたらページを開いておりますので是非ご覧下さい。Facebookのランキングで岩瀬文庫の世界は博物館等のカテゴリーでファンの獲得数が第1位です。かなり凄いんではないかなと自分で思っているのですが、世界中の人達から15,000「いいね」を頂いております。

世界規模で見ると評価をして下さる方も沢山いらっしゃってその反応を見るのも嬉しいです。ツイッタ―もやっていますしソーシャルネット向けにやっていますのでご興味あればフォローして頂いたり参加して頂けたらと思います。

このプロジェクトはあくまでもボランティアでやっていますので沢山の方の見ているよという温かいお声を頂けると頑張って続けていけると思います。是非お友達や周りの方にも宣伝等お声をかけていただけます様お願いします。

DVD 岩瀬文庫の世界

幹事報告は杉浦幹事 9月の誕生日の岡田君、石山君、市川君の3名高原君と高須光君は欠席でした。

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]