第1018回 「最近の電力事情」 

開催日時 平成24年12月14日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者中部電力(株)西尾営業所長 福田和幸氏
お客様
司会進行榊原 章君

会長挨拶

今日は赤穂浪士の討ち入りの日で、吉良さんの310回目法要に行って参りました。米沢市の市長さん達も来てみえました。吉良善央は地元では名君、上杉謙信の流れをくむ米沢藩とは吉良家から養子にいった関係です。吉良家と上杉家は血縁があるのです。しかし吉良家は赤穂浪士の討ち入りで御家断絶、討ち入りした赤穂家も断絶。忠臣蔵ではこちらが悪役で、吉良町の人は吉良上野介さんの名前を言うのもはばかるという苦労があったそうです。今では赤穂市との友好、上杉家は毎年の法要にみえていたそうですが、今は1年に1回は何かしら行き来をしているそうです。

 今日は赤穂浪士の討ち入りの日で、吉良さんの310回目法要に行って参りました。

 米沢市の市長さん達も来てみえました。吉良善央は地元では名君、上杉謙信の流れをくむ米沢藩とは吉良家から養子にいった関係です。吉良家と上杉家は血縁があるのです。

 しかし吉良家は赤穂浪士の討ち入りで御家断絶、討ち入りした赤穂家も断絶。これは幕府が喧嘩両成敗という学者の新井白石の意見を踏まえての決断です。

 後の忠臣蔵ではこちらが悪役で、吉良町の人は吉良上野介さんの名前を言うのもはばかるという苦労があったそうです。今では赤穂市との友好、上杉家は毎年の法要にみえていたそうですが、今は1年に1回は何かしら行き来をしているそうです。

 とにかく今月今夜、この月、上野介が討たれた日です。歴史上の日です。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 3 55 38 17 17 69.09 100.00

スマイル委員会報告

【青山 弦八 会長】福田和幸様、ようこそキララロータリークラブへ。
【杉浦 義利 幹事】最近蕎麦会の同志になられました福田さん、卓話を楽しみにしていました。
【岩瀬 一 君】母の葬儀に寒い中、足をお運びいただき大変感謝致します。
【杉田 芳男 君、大高 敏睦 君、杉浦 正昭 君、大山 勝男 君、犬塚 万弘 君、堀田 義之 君】

【青山 弦八 会長】福田和幸様、ようこそキララロータリークラブへ。最近は電力の多様化の話題に事かきません。今日は本当の話、正確な、実態のお話を聞けるものと楽しみにしております。

【杉浦 義利 幹事】最近蕎麦会の同志になられました福田さん、今日の卓話を楽しみにしていました。これからもゴルフと蕎麦会で楽しくやっていきましょう。よろしく。

【岩瀬 一 君】この度、母の葬儀に寒い中、足をお運びいただき大変感謝致します。いまだ実感がわいてきませんが、現実視として早く再起したいと思います。気をまぎらせている訳でもないですが、今は選挙に気合いを入れてます。今後共、よろしくお願いします。PS私の代行として、山本俊明君がお礼のあいさつをさせて頂きます。

【杉田 芳男 君】12月9日のホノルルマラソンで完走できました。暑さと時差ボケとの戦いでした。あきずにフルマラソンに挑みます。

【大高 敏睦 君】中部電力西尾営業所長福田和幸様、ようこそKIRARAロータリーにお越し下さいました。今日の卓話、楽しみにしています。いつも業界のことでお世話になります!!来年にはKIRARAロータリーに入会して頂くことを楽しみにしています!!

【杉浦 正昭 君】二宮様、ホールインワン記念品いただきありがとうございました。

【大山 勝男 君】二宮様、ホールインワンの記念品を頂きありがとうございます。私も一度達成して早くお返し出来るようになれるといいですね。

【犬塚 万弘 君】二宮さんホールインワンお目出とうございます。私もゴルフ歴は二宮さんとそんなに変わりありませんが私は一度もありません。一度くらいは…と思いつつも自信がありません。”ガンバリ”ます。

【堀田 義之 君】今日は何の日、12月14日「元禄の吉良さん あわれ十四日」

卓話

最近の電力事情(中部電力(株)西尾営業所長 福田和幸氏)


卓話者を紹介する伊藤則男プログラム委員長

卓話は中部電力(株)西尾営業所長 福田和幸氏

テーマは大きく4つ

基本スタンスは供給確保、経済性、環境保全でなおかつ安全

資源の安定確保が課題

浜岡の停止で2700億のコスト増
本日は、(1)電力の安全・安定的な供給に向けての取組み、(2)地球環境問題、(3)今年夏の中部電力の電気の需給状況、(4)スマートグリッド、についてお話をさせて頂きます。

 私共の電力供給に関する発電に関するスタンスですが、安全は絶対です。そして安定供給の確保。それに経済性、環境保全。この三つをしっかり取り組むという事をスタンスとしております。火力・原子力・水力・再生可能エネルギーといった多様なエネルギー源をバランスよく組み合わせることが日本の電力供給では非常に大事です。

 安全供給の確保では、日本はエネルギー資源が非常に乏しい島国なのでエネルギー資源を色々な所から輸入する必要があります。しかし石油等の資源には限りがあります。また資源国の政治情勢が安定せず、運輸情勢が緊迫しています。新興国のエネルギー消費が高まってきている結果、資源の価格が高騰しています。この三つのリスクのため、燃料を長期に安定して調達できるかが不透明になっています。

 日本の原子炉は全号機停止しております。それに伴い燃料の調達費が多くなっております。日本はエネルギーの自給率が4%しかありません。原子力を入れても18%しかありません。食料自給率と比べても非常に低く難しいエネルギー状況です。

 浜岡電子力発電所停止に伴う私共の影響として、原子力発電がLNG・石油に入れ替わりました。LNG・石油で電気を賄っており、石油ショックと状況になっています。追加調達したLNGと石油がコスト増です。

 中部電力の再生可能エネルギーに対する取組状況ですが、「メガソーラーたけとよ」はナゴヤドーム3個分のスペースを使いまして太陽光で発電をしております。風力発電は関連企業のシーテックが取り組んでいます。意外に知られていないのがバイオマス発電で、石炭に木のチップや下水で出た汚泥炭を混ぜて燃やすとCO2の排出量を減らせるので、碧南火力発電所で実施しております。汚泥炭を混ぜすぎると火力が落ちますので、少しずつ混ぜて安定させております。その他に水力発電もあります。

 今年の夏の需給状況を見ますと8月30日に予備率が5.3%になりました。12月10日にも3%迄落ち込みました。九州電力への電力融通をしていましたが取りやめました。需給ひっ迫でぎりぎりの綱渡りが続いております。夏場に火力発電がフル回転をしましたので不具合が生じ停止をした為でもあります。

 将来、蓄電池を取り入れ、電気を貯める事ができればピークの時にそれを使えるので、その技術の研究も急がれております。一般家庭においてはスマートメータを付ける事で電気の使用料がわかり節電ができる様になり、電力会社からの検針がいらなくなるというメリットもあり各電力会社が取り組んでいる状況です。

最近の電力事情

浜岡停止で石油の占める割合が大幅アップ 電源別のCo2排出原単位 石炭と石油は多い・・原子力は無いが・・・ 再生可能エネルギーの取り組み メガソーラー武豊は名古屋ドーム3個分
風力発電は御前崎と青山高原 スマートグリッドとは各発電力をコンピューターで制御安定供給する装置 スマートメーターは家庭の消費電力を見える化し消費を抑える役目をする
司会は榊原章君 初めてかな?緊張してます。 出席報告は里野君 スマイルは岡田委員長

その他

新地区補助金事業再検討を説明する中根環境保全委員長 女性会員の増強に関するアンケートのお願いをする山本増強委員長 相変わらず話の長い太田親睦委員長はクリスマス例会と新年例会の案内
同好会補助金贈呈は炉端会 後藤部長 同じく同好会補助金贈呈は写真部 太高部長

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]