第1019回「西尾の歴史・文化を保持しよう」

開催日時 平成24年12月21日(金) 12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者元西尾市教育長 名倉庸一氏
お客様
司会進行榊原 章 君

会長挨拶

先週は選挙で大変忙しい週でした。ロータリークラブという組織として政治や宗教に介入しないのですが、個人の会員が協力する、応援するという事はやぶさかではありません。今日、名倉先生に来て頂いたのですが、会員ほとんどが知ってみえていつもお世話になっておられる方です。西尾を良く知る西尾市の先生です。西尾市民の先生かもしれません。教育者として我々を導いて頂ける先生ですので、今後とも元気で長生きして我々を指導していって頂きたいと思います。

先週は選挙で大変忙しい週でした。

ロータリーは選挙と宗教は介入しないという不文律があります。これはロータリーという会が一世紀続いた要因の一つだと思っています。

ロータリークラブという組織として政治や宗教に介入しないという事です。個人の会員が協力する、応援するという事はやぶさかではないという事ですので、はき違えない様にして頂きたいと思います。

ロータリーという名前で勧誘や応援するという事はしないでいきましょう。私達は誇りを持ってこのロータリーを大切にしていきましょう。

今日、名倉先生に来て頂いたのですが、ここの会員ほとんどが知ってみえていつもお世話になっておられる方です。西尾を良く知る西尾市の先生です。西尾市民の先生かもしれません。教育者として我々を導いて頂ける先生ですので、今後とも元気で長生きして我々を指導していって頂きたいと思います。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 4 54 44 10 10 81.48 100.00

スマイル委員会報告

【青山 弦八 会長】名倉先生、ようこそ。今日はよろしくお願い致します。
【杉浦 義利 幹事】元教育長名倉様、久しぶりにお話が聞けて嬉しいです。
【辻村 義之 君】名倉先生、ようこそキララへ。今日はよろしくお願いします。
【鈴木 正司 君】名倉先生 お元気そうで何よりです。今日のお話楽しみにしています。
【加納 隆 君】名倉先生の御来訪を心より歓迎致します。「西尾の歴史」楽しみにしています。
【堀田 義之 君】キララ川柳「スマイルに自作駄作の俳句書き」
【太田 五九郎 君】今日は孫の誕生会です。そして8人目の孫がお正月に生まれて来ます。

【青山 弦八 会長】名倉先生、ようこそ。今日はよろしくお願い致します。

【杉浦 義利 幹事】元教育長名倉様、久しぶりにお話が聞けて嬉しいです。今日を楽しみにしていました。

【辻村 義之 君】名倉先生、ようこそキララへ。今日はよろしくお願いします。杉浦幹事先日はありがとうございました。

【鈴木 正司 君】名倉先生 お元気そうで何よりです。今日のお話楽しみにしています。

【加納 隆 君】名倉先生の御来訪を心より歓迎致します。本日の「西尾の歴史」の卓話楽しみにしています。

【堀田 義之 君】キララ川柳「スマイルに自作駄作の俳句書き」

【太田 五九郎 君】今日は孫の誕生会です。そして8人目の孫がお正月に生まれて来ます。生まれて来るのは男の子です。来年の新年からにぎやかになり、スマイルします。

卓話

西尾の歴史・文化を保持しよう(元西尾市教育長 名倉庸一氏)


名倉庸一氏を紹介する伊藤プログラム委員長

名倉庸一氏 西尾の歴史ある建物がどんどん壊されている

惻隠の情(かわいそうに思う心)が大事である。

今月の司会は榊原章君 慣れてきたかな。

幹事報告は杉浦幹事

出席報告は榊原利夫君
 今日は皆さんに故郷西尾について、私がこの頃思っている事を訴え、どういう風に西尾を作っていったら良いか、故郷を作っていったら良いのかを一緒に考えて頂きたいと思います。

 現在西尾の町を見ますと大正、昭和の古い建物が壊されています。昭和に誇った本町通りが見るも無惨に崩れさってしまっています。須田町は明治時代に商人の町として栄えた所です。幸町は2階建ての木造の瓦葺きの屋根が並んで良い建物だったんです。順海町、会生町は道が狭くてなかなか情緒がある通りだったんです。そういう素晴らしい西尾の城郭都市の良いところが崩れ去っていくのが淋しく思っています。

 今日本で素晴らしい町として栄えている所は歴史の香りがする所です。集客能力があるんです。

 しかし西尾の町は歴史的な面影がどんどん消え失せています。松平家が西尾へ入られて平成46年で250年になります。西尾に歴史の香りがする様に歴史公園を整備して、西尾の六万石の天守閣がここにあるという事を示していきたいと思って準備に入りました。天守閣があった後の発掘が昨日で終わりましたのでいよいよ工事に入っていきます。3億5千万円位かかるので、私一代でなく、次の世代にもやってくれるだろうと期待をしております。

 次にお話ししたいことは教育文化の衰退についてです。岩手県の山田町に寄付や太鼓の寄贈をしました。そのお返しに祇園祭に西尾に来てくれたんです。岩手県から18時間、30人中学生・高校生・女の人・大人の人が西尾へ駆けつけてくれたんです。虎舞をしに。

 惻隠の情とか哀れみに思う情が市の職員の中にないということを知りました。そういう心をもっと育てなければいけない。これも一つの教育文化の衰退だろうと思います。

 西尾市出身の人を世に出そうと思っております。2月24日に文化会館で西尾の伝統的な芸能や文化の発表会がありますのでご承知ください。西尾はお茶の文化の所で一期一会です。人間の絆を大切にしていきたいと思うのです。偶然であった人は永久に必然的に付き合わなければならない。教師と生徒はそういう関係です。奥さんともそうです。偶然出会ったとしても生涯伴侶として繋がっていく必然性があるのです。

 最後に今の日本は世界的に羽ばたく子どもを作らなくてはいけない。日本の歴史、故郷の歴史、文化を大事にする人達が国際交流の中で戦っていかなくては日本は取り残されてしまうのではないかと、西尾はそういう子どもを育てなければ日本の中から取り残されてしまうのではないかと思っております。

西尾の歴史・文化を保持しよう

スマイルは丸目藤二君 ベトナム国際親善の旅の案内をする太高純治国際奉仕委員長 クリスマス家族例会の最終報告をする太田親睦委員長
1月28日の伊勢度会RCメーキャップと伊勢神宮初詣のお知らせをする堀田地理研同好部長 会葬御礼をする岩瀬一君 地理研同好部に同好会助成金の贈呈

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]