第1041回「青山が語る歴史物語」

開催日時 平成25年6月14日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者西尾KIRARA RC会長 青山弦八君
お客様
司会進行大高敏睦君

会長挨拶

6月8日(土)に名古屋で2760地区役員会長幹事懇談会が開催され、行って参りました。その席で今年度のガバナー賞を頂きましたのでここで発表致します。受賞理由は、千田ガバナー方針"Touch the Rotary" 事業、地区内他クラブとの交流事業の取り組みが評価されました。パートナーである瀬戸RCさんと一緒に受賞しました。内容を読みあげます。「貴クラブは今年度ガバナー方針に基づく地区交流の活性化に多大なる成果を上げられました。よってその功績を讃えて表彰致します。6月8日 ガバナー 千田毅」これも伊藤プログラム委員長と皆さんの御尽力の賜です。高く評価されましたので報告させて頂きます。

だいぶ暑くなりました。株や円も乱高下が激しく、天気も暑くなったり涼しかったりと激しい様であります。
先週、6月8日(土)に名古屋で2760地区役員会長幹事懇談会が開催され、行って参りました。その席で今年度のガバナー賞を頂きましたのでここで発表致します。
受賞理由は、千田ガバナー方針"Touch the Rotary" 事業、地区内他クラブとの交流事業の取り組みが評価されました。パートナーである瀬戸RCさんと一緒に受賞しました。

内容を読みあげます。
「貴クラブは今年度ガバナー方針に基づく地区交流の活性化に多大なる成果を上げられました。よってその功績を讃えて表彰致します。6月8日 ガバナー 千田毅」

これも伊藤プログラム委員長と皆さんの御尽力の賜です。高く評価されましたので報告させて頂きます。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 1 57 43 14 14 75.44 100.00

スマイル委員会報告

【青山 弦八 会長】今日は、私の話を我慢して聞いて下さる皆様にスマイルします。
【杉浦 義利 幹事】青山会長の話が四方八方に飛ばないようまとまったお話をお願いします。
【大山 勝男 君】最終例会には日付変更線を越えた所に行っております。スマイルします。
【二宮 誠二 君】次年度プログラム委員長の二宮です。7月26日に17年ぶりの早朝座禅例会です。
【岡田 義雄 君】一年間スマイルにご協力ありがとうございました。
【太高 純治 君】大高敏睦君の祝賀会に多数申し込みいただき、ありがとうございます。

【青山 弦八 会長】先日の二の沢川植樹例会には、大変失礼しました。失態をおわび致します。今日は、私のいいかげんな話を我慢して聞いて下さる皆様にスマイルします。

【杉浦 義利 幹事】今日は青山会長最後の晴れ姿かな?話が四方八方に飛ばないようまとまったお話をお願いします。

【大山 勝男 君】今日のこの例会がホームクラブでの最後の例会となりました。青山会長杉浦幹事、理事役員の皆様一年間大変お疲れさんでした。来週の最終例会の時には、私は日付変更線を越えた所に行っておりますので早めにスマイル致します。一年間色々楽しませて頂きありがとうございました。

【二宮 誠二 君】次年度プログラム委員長の二宮です。一年間宜しくお願いします。7月26日に17年ぶりに早朝座禅例会を開催します。朝少し早いですが、すがすがしい空気の中で例会を楽しみましょう。

【岡田 義雄 君】一年間スマイルにご協力ありがとうございました。特に会長、幹事には毎回のスマイルを感謝します。そして大須賀君には奥様誕生日のバラの花束ありがとうございました。

【太高 純治 君】大高敏睦君の祝賀会に多数申し込みいただき、ありがとうございます。本日が締切になっていますので参加していただける方は至急連絡を下さい。

卓話

青山画語る歴史物語(西尾KIRARA会長 青山弦八君)


青山年度の最後を飾って青山会長の卓話

資料を片手に熱が入ります!!

支部交流でガバナー賞を頂きました。

幹事報告は杉浦幹事

出席報告は犬塚万弘君

スマイル発表は岡田義雄スマイル委員長
 歴史とは何か、歴史の捉え方についてお話ししたいと思います。

 過去に感謝を、現在には信頼を、未来には希望を、という言葉があります。過去が歴史と捉える方が多いと思いますが、歴史とは時代の流れ、時が移っていくという事だと思います。ですから私達が生きているのは歴史を生きているという事だと、歴史を作っているという事だと思います。

 お城研究会を秋山君達が立ち上げてくれたのですが、そういう捉え方をしないと膨大な感覚になってしまうと思うのでこれから近世のお城を中心に私も勉強をしていきたいと思っております。

 なぜ私が歴史的な物に関心を持ったかというと、自分のルーツを探したい、先祖はどこから、どうやって生きたのか、どの様な流れがあったのかという興味からで。

 青山姓はどこから来たのか?皆様もそれぞれ名字があります。それぞれの家系、姓をたどっていくと大体わかってきました。姓は大体地名から来ています。

 西尾城の歴史についてこの地域を踏まえて話しをしていきます。この西尾は昔は吉良の荘と言っていました。ここらの吉良町という名前は西尾市の元になります。江戸時代に入ってから西尾と名前がつきました。吉良の庄の東の方を東城、今の駮馬の辺りです。それに対しこちらを西城と言っておりました。西野町に古いお寺がありますがあそこら辺が門前町として集落があり賑わっていました。なぜ西尾城というのかというと岡崎方面から見て西の尾っぽ、西の端くれという所から来ている様です。色々な固有名詞は色々な意味があるのです。

 歴史を語る中で江戸時代は人口が3千万という推測が出ております。現代の人口は1億2千万です。そうしますと西尾市は17万人ですので江戸時代は4万人位ではなかったかと思われます。江戸時代に大名を何万石と言いますが、西尾市は6万石、岡崎は5万石です。

 その何万石が不思議とその都市の人口と大体同じ位です。西尾市は初め2万石と言われていました。それが1764年には6万石になっております。しかし裏付けのない6万石ではなく福井県の朝日町から3万7千石の領地をもらって、合わせて6万石という形にしたのです。300年位前の事です。そういう事も縁で今、西尾が越前町と姉妹都市を行っております。また岐阜県の岩村とも姉妹提携をしております。

 現在西尾城の基礎を建設中です。先日お城を造ったときの一番最初の石垣の跡が見つかったという事で新聞に載っておりましたが、西尾城は明治5年に解体されました。200年近く造築したり解体したりを繰り返しております。今の西尾城の辺りの下は何層にもなっていると思います。今再建しようとしているのは西尾城の天守です。天守は一種のシンボルで見張り台ともなります。江戸時代では武器の置き場所になっておりました。日常使われていたのは書院でした。

 葵町には刑場があり、牢屋や処刑場であったようです。西尾市は城下町です。三河では豊橋、岡崎、西尾が城下町として発展しておりました。大名行列でもここら辺では西尾だけで、肴町の大名行列は280年の歴史があるそうです。ですから西尾としてが肴町の大名行列は誇りに思う文化財だと思います。

その他

最終例会の案内とゴルフの案内は太田五九郎親睦委員長 地区ロータリー研修会報告、次次年度の役員が対象の研修会だったそうです。 7月の早朝座禅移動例会の案内は次年度プログラム委員長二宮誠二君
西尾祇園祭大名行列参加の話は岩瀬一君 7/6の炉端会のお知らせは野口要二君

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]