第1049回 「第3セクター 一色さかなセンター」

開催日時 平成25年8月23日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者一色魚センター代表 三矢敏行氏
お客様千人太鼓実行委員会の皆さん 演奏 松村組 山田順平氏 他
司会進行榊原 章君

会長挨拶

ロータリーに入る前、25~30年位前になりますが、1,000枚位になった時に好きな音楽を聴きたい時のにその該当レコードが見つからない、探すという状況がもの凄く増えました。それ迄は英文タイプライターを使ってレコード1枚をノート1枚に入れ込んでバインダーで整理するという方法をとっていたのですが、それはアナログで巡らないとわからないものですからどこに何があるかともの凄く探す様になったのでたどり着いたのがコンピュータでした。それもAppleのMacintoshで整理をしてみようと名古屋の大須迄行き買ってきました。Macintoshのファイルメーカーというソフトを自分用に設計してレコードのタイトルや演奏者、録音年月日、レコード会社等全部コンピュータに打ち込みました。持っているLP・CDを打ち込むのに2年位かかったと思います。それ以降は増えていく物のデータを追加していけば良い。こういう休みがそういう作業をするのに絶好なんです。夏、エアコンをかけた部屋の中でデータ整理をしたりして今年も自分では楽しく過ごした夏休みだったかなと思っていますが、それがきっかけでコンピュータを使える様になったという事もあります。そのデータベースもiPhone に全部入ってしまうんです。Macで作ったデータベースがiPhone に入っちゃうというのは意外な展開でしたが内心はとても嬉しく思っています。そんな事をしながら先週1週間位を楽しんで参りました

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 5 53 39 12 14 73.58 96.23

スマイル委員会報告

1

【鈴木 正司 会長】三矢さんお久しぶりです。今日のお話宜しくお願いします。
【長谷 収一 幹事】一色さかなセンター三矢社長ようこそKIRARAへ。今日は宜しくお願いします。
【辻村 義之 君】先日は米津の花火、とっても楽しいひとときでした。野口さん準備ありがとう。杉田さん椅子、テーブルの運搬とゴミの後片付けまでやっていただき敬服しました。
【山本 裕充 君】西尾の夏最後のイベント ハワイアンフェスティバルがいよいよ8/26(月)より5日間の開催で始まります。是非吉良のハワイへたくさんの方是非きてください。ちなみに来れない方の為にNHKホットイブニングとCBCテレビ午後2時からのゴゴスマにも生放送で放映されます。見て下さい。
【大山 勝男 君】笑ってやって下さい。 お盆休みに片道6時間かけて軽井沢の万平ホテルに2400円のランチを食べに行きました。誰が企画したのか?ただそれだけのことです。ばかばかしいやらあほらしいやら、とろくさいやら、なさけないやら・・でも孫達といけただけでもいいのかな。
【大高 敏睦 君】一色さかkなセンタ-社長三矢様 ようこそKIRARAへお越し下さいました。いつも会社でお世話になっています。三矢さんのお話し楽しみに聞かさせて頂きます。皆さんさかなセンターを是非ごりよぷください。おいしいですよ!!
【二宮 誠二 君】一色さかなセンター代表 三矢敏行様  本日の卓話宜しくお願いします。

卓話


スピーカー紹介の二宮誠二プログラム委員長

卓話者の一色さかなセンター代表 三矢敏行氏

幹事報告は長谷収一幹事

出席報告の写真忘れました、これはスマイル発表の杉浦加代さん

ゴルフと観光と宴会とお城.....お城同好会が秋の松本観光を企画。案内は細川君

ゴルフ同好会の月例発表は太田君
一色さかなセンターは第三セクターの会社です。第三セクターは行政が出資している会社で、出資比率が株式全体の25%以上を行政が出資している会社を言います。当社は西尾市から51%の出資を受けております。ですから市民の方の会社だと思っております。それではセンターの大まかな概要をお話し致します。
 今でこそ地産地消と言われておりますが、センターが開設された20年前の一色は一色漁港が県下でも有力な漁港でしたし、うなぎ、カーネーションの栽培、えびせんべいの製造と生産拠点としては力があったのですが、出荷をしてよしという時代でもありましたので世間ではあまり知られておりませんでした。そこで昭和63年、地産地消という事で一色町という生産拠点があるというPRの為に販売施設を設けようと海を埋め立て、会社設立は平成4年ですが施設の開設は平成5年5月に開店しました。株式は西尾市以外に地元の金融機関、農協、漁協、商工会等で出資されております。センターの中には小売店が15店舗、朝市広場に12店舗あります。またこれとは別にちょっと離れた所に一色漁業協同組合が管理してみえますさかな村という朝市が併設されています。センターの朝市と漁協の朝市も相乗効果があり、土日を中心に朝は相当の賑わいになっております。最近、佐久島へ行く渡船場がさかなセンターのすぐ
隣へ移りました。またみなさんあまりご存知ないかもしれませんがセンターの近くに相当立派な海浜公園が出来ております。施設が一カ所に集まっておりますので今後良い効果が生まれるのではないかと思います。会社はテナント料で運営されておりますが、テナントの売り上げは開店当初はバブル最盛期の頃でしたので年間11~12億位の売り上げがありました。ここ数年は8億前後で推移しております。
 センターを運営していく中でわからなかった事は、観光業者との付き合い方でした。店を作れば観光バスがいくらでも入ってくれるという安易な気持ちでやっておったのですがそれは大間違いでして、観光バスに入ってもらうにはそれなりの手数料やサービス等の営業が必要だという事が数年経って解ってきまして、それからの経営は軌道に乗っております。平成16年度に累損を解消する事が出来、その後は単年度で黒字を計上しております。24年度は利益・剰余金が5,000万強となっております。また今年の3月決算で借入金もゼロとなり、まずは優良企業ではないかなと思っておりますので、その点では株主である皆さんも安心して頂けるのではないかと思っております。
 広場の運営に関しては様々なイベントを行っております。開店以来続けているのは周年記念として抽選会を行っております。今はうなぎ祭りという形で2日間行っております。また物産展という形で今年も5回目になりますが5月に行いました。2日間で3万人の来店がありました。この大きな2つのイベント以外にも様々なイベントを行い集客をしています。その他に専任の営業担当が1人いまして各地の旅行会社に営業を行い団体客の勧誘に努めております。観光バスでの来客は相当減っているのですが、これは観光バスでの旅行が減ってきておりますので大分苦戦はしておりますが、それでも年間約1,800台位の入場があります。
 いずれにしましても第三セクターの皆さんの会社が当分の間心配する様な状態ではなく、株式の配当も5年位前から行っております。その点はご心配をおかけする様な状態ではないので、会社が良くなる為にも皆さんにご利用して頂けますようよろしくお願い致します。

その他

千人太鼓の協賛のお願いに山田順平君と実行委員会の石原さんがこられて太鼓演奏と笛の演奏をしていただきました。

太鼓の演奏は撮り損ねましたが、笛とピアノは山田順平夫妻 皆さんに協賛のお願いは加納隆広報委員長と石原年江千人太鼓実行委員長

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]