第1052回 「ガバナー補佐訪問」

開催日時 平成25年9月13日8斤912:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者西三河分区ガバナー補佐 神谷正康氏
ビジター西尾RC 杉浦義浩君
お客様分区幹事 小出道治氏 地区副幹事 杉田明弘氏
司会進行榊原 利夫君

会長挨拶

なんかまた暑い日になってしまいましたので体調管理にお気をつけて頂きたいと思います。
 オリンピックも日本での開催が決まりまして、それに関しては悲喜交々だと思います。それよりも今日はガバナー補佐訪問、13日の金曜日だそうでちょっと不吉な予感がこの後、何があるのか解りませんが神谷ガバナー補佐をお迎えして後程ご指導頂きたいと思います。
 本年壁に掲げてありますがロン・バートンという方がRI会長でして、そのキャッチフレーズが「ロータリーを実践しみんなに豊かな人生を」というテーマを掲げていらっしゃいます。協調事項は毎年の様に会員増強の推進やロータリー財団を通じた人道的奉仕の充実、ロータリー・ファミリーを通じたネットワークの強化、という事をうたっていらっしゃいます。それを受けて2760地区の西尾ロータリークラブ所属の田中ガバナーは「磨いて輝こう」というガバナー方針を立てていらっしゃいます。その重点項目としては会員の意識向上、クラブのパワーアップ、会員増強、個人的には最も期待しているのですが地区の改革というのをうたっていらっしゃいまして、是非押し進めて頂けたらと思っております。
 そういう基本的な流れの中でこの西尾キララロータリークラブがこの活動を目指していますという事を協議会でお話さしあげてガバナー補佐からご指導頂こうと思っております。ただ今年の委員長さんの中にはクラブ協議会というのが初めてご経験の方もいらっしゃいますので、少しだけご説明させて頂きます。来月1日にガバナー公式訪問があります。以前は各クラブのクラブ協議会にガバナーご自身が出席なさって色々対話申し上げていたのですが、全部のクラブを回るのは大変だという事で、分区単位で役目を担っています。ガバナー補佐のお役目は、協議会に出席して我々と情報交換をしながら西尾キララロータリーがこんな活動をしているという事をガバナーにご報告して頂ける、またガバナーがやりたい推奨事業を我々に伝えて頂ける場であると理解しておりますので、後程各委員長さんはそれぞれの受け持ち分野の報告をガバナー補佐にして頂けたらと思います。今日はよろしく御指導頂けます様お願いします。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 2 56 46 10 10 82.14 100.00

スマイル委員会報告

【西三河分区ガバナー補佐神谷正泰君】【〃分区幹事 小出道治 君】【地区副幹事 杉田明弘 君】多額のスマイルを頂きました。

【鈴木 正司 会長】神谷ガバナー補佐 今日はご指導宜しくお願いします。お手柔らかに!分区幹事の小出さん地区副幹事の杉田さんご苦労様です。
【幹事 長谷 収一 君】神谷ガバナー補佐ご一行様ようこそKIRARAへ。ご指導宜しくお願いいたします。
【西尾RC 杉浦 義浩 君】本日メーキャップさせていただきました。ありがとうございます。
【加納 隆 君】ガバナー補佐 神谷様 分区幹事 小出様 地区副幹事 杉田様 来訪心より歓迎いたします。本日はご指導宜しくお願い申し上げます。
【杉田 芳男 君】ガバナー補佐の皆様よくお出かけ下さいました。実弟がお世話になります。例会欠席ですみません。
【清 克行 君】神谷ガバナー補佐小出分区幹事杉田地区副幹事ようこそKIRARAへ。本日はお世話になります。
【杉浦 加代 君】初めての卓話で、たくさんのガンバレをもらったのに、思っている事の半分も言えず、航海と反省でいっぱいです。よい経験をさせていただきました。この経験をこれからも生かしたいとおもいます。キララロータリークラブに入れてよかったと思っています。

卓話

ガバナー補佐訪問(西三河分区ガバナー補佐 神谷正康氏)


スピーカーの紹介は二宮誠二プログラム委員長

卓話は ガバナー補佐        神谷正康氏(西尾一色RC)

PC操作は分区幹事    小出道治氏(西尾一色RC)

会場の配置はこんな風でした。出席率いいね1

PCがやっと動いて写真が投影できました。田中ガバナーがRI会長と握手をしてみえるのかな。

色んなお話をしていただきました。
この2013ー14年度から町村合併の関係と一色ロータリーが50周年を済んだという事で本年度から西尾一色ロータリークラブと改めました。そこのガバナー補佐でございます。よろしくお願い致します。
 ガバナー補佐の任務として先程会長さんの方からお話がございましたが、本年度RI会長のロン・バートン氏の国際ロータリーのテーマについての強調事項について皆さん方にお知らせするという事がございます。ロン・バートン氏は国際協議会の席上で今年をポリオ撲滅年の最終年度にしたいとスピーチされております。またRI会長の強調事項の一つは会員増強です。2つ目はロータリー財団を通じた人道的奉仕の充実。3つ目はロータリー・ファミリーを通じたネットワークの強化です。会員増強について、この西三河分区におきまして非常に優秀なクラブばかりです。しかし会員増強は得意そうな人、時間の余っている人にお願いするのではなく、ロータリアン全員が毎年少しずつ入れて頂くのが大切ではないかという事です。
 次に本年度から未来の夢計画が世界中で始まります。この2760地区は3年前よりパイロット地区として始めております。この2760地区は模範地区として素晴らしいプロジェクトの展開、公正な資金管理が求められると思います。その為にも寄付目標金額も一人100ドルではなく年額13,000円、150ドルを目標にお願いしたいと思います。ロン・バートン氏は年度の始める前にロータリアンは寄付先として財団を第一に選ぶべきである。ロータリー役員なら尚更です。誰かに寄付をお願いするならまず自分が進んで模範を示して頂く必要があるとお願いされました。2760地区の全会長さんがご協力頂きまして日本で達成出来たのはこの2760地区だけです。ありがとうございました。ロン・バートン氏はロータリアンに意欲を与え積極的な参加を促し良い世界を築く力の一部となる機会を分かち合う事です。ロータリーの未来の為に、私達の出来る一番重要な事は全てのロータリアンが積極的に参加し、最大限自己を生かせる様にして下さい。という事で今年度のテーマを「ENGAGE ROTARY CHANGE LIVES」「ロータリーを実践し みんな豊かな人生を」という事にしています。
 次に2760地区のガバナーは西尾ロータリークラブの田中正規ガバナーです。田中正規ガバナーは若いガバナーで以前は会員が6,000名の時代がありましたが今は5,000名を切っております。そういう事で地区の改革を積極的にしたいと取り組まれております。ガバナーの方針はロータリーに積極的に実践参加し、自分と周りを磨き上げ、輝かしい人生に変えていこうと理解し、2760地区のキャッチフレーズを「磨いて輝こう」とされました。新会員は原石です。ロータリーで学び奉仕活動を実践し磨き上げ素晴らしい宝石として輝き、自分と周りの人生を幸せにして下さいという事です。
 この他に3つ程皆様にお願いをさせて頂きます。3年に一度のRIの規定審議会が本年度開催されます。そこで皆様方に関係する物で変わりましたのが、職業分類の中で仕事をした事のない人、中断している人を正会員として認めるという事です。会員として入会出来るという事です。新世代が青少年に戻ります。また一色がホストをしました地区協議会がクラブリーダーシップ研修セミナーと名前が変更します。これらが皆さんに知って頂きたい事です。

ガバナー補佐訪問

基本の基ですね。 スマイル発表は新海雄二スマイル委員長 地区青少年サミット会議報告は秋山正純青少年奉仕委員長
RLI分科会研修報告は後藤利之会長エレクト 米山奨学委員長会議報告は鈴木昭夫米山奨学委員長 今日はおもてなし例会なのでお抹茶のサービス。いつもありがとうございます。
司会は会場環境委員会の榊原利夫君お手伝いは副委員長の太高純治君 お客様は、真ん中が分区幹事 小出道治氏左が、地区副幹事 杉田明弘氏、右は西三河分区ガバナー補佐 神谷正康氏

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]