第1056回「嫌われ役 吉良上野介義央」

開催日時 平成25年10月11日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者西尾市市史編纂委員 水村民之氏
お客様
司会進行岡田義雄君

会長挨拶

この所のロータリーはガバナー補佐訪問やガバナー公式訪問だとかの行事が終わりまして一段落という感じをしているのですが、今から毎週の例会はもちろんですが、日韓親善会議や親睦のミュージカル観劇例会、KIRARA賞、地区大会、職場例会等色々な行事が目白押しですのでそれぞれの皆様方、色々な行事に参加して頂けたらと思っております。
 今日は一つお願いしなければならない事があります。結論から申しますとお一人2,000円ずつの御負担をお願いしたい。11月2・3・4日の3連休に当初は名古屋和合ロータリークラブが企画したワールドフード・ふれ愛フェスタという事業が行われるという事だったのですが、それが一つのクラブの事業ではなくて、田中ガバナーを筆頭に地区が良い事業だからという事で強力に推薦を致しまして地区の事業として展開するという試みになりました。名古屋久屋大通公園でRIの優先目標に公共イメージの認知度の向上という目標がありまして、ロータリーの名前がまだまだ浸透していないので一般の人達にロータリーの事を知ってもらおうという目標を掲げておりまして、その最たる物がポリオプラスやそういう活動だと思います。今回はこのワールドフード・ふれ愛フェスタもその中の一つの事業として地区が位置付けまして強力に押し進めたいという事です。先週の公式訪問の時に田中ガバナー並びに榊原地区幹事から強力な協力要請があり、また私共の理事会も済んだ所ですのであえて私の独断で皆さんにお願いする事に致しました。そのフェスタにかかるチケットは1枚2,000円だそうです。その内の1,800円はクーポン券として飲み食い等で使え、残りの200円がチャリティーになるそうです。西尾クラブとの関係からも放っておく訳にもいかず、是非御協力頂きたいとのお願いもあります。西クラブが181枚負担しております。一色クラブが28枚、知立も58枚、和合は775枚という事ですので、私共は58名、116,000円をどの様に負担しようかという相談です。どなたかご意見があればこの場であえて決めさせて頂きたいと思います。
 先程会計さんと確認致しまして半分会費の中から負担をして頂き、1,000円ずつ引き落としさせて頂くという事でよろしいでしょうか。この件に関する資料は改めて配布したいと思っております。ありがとうございました

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 3 55 46 9 9 83.64 100.00

スマイル委員会報告

【鈴木 正司 会長】水村民之さま 今日は「吉良家」のお話、楽しみにしています。
メンバーの皆様方には突然のお願いですが、「ワールドフード・ふれ愛フェスタ」へのご協力よろしくお願いいたします。
【長谷 収一 幹事】水村様ようこそKIRARAへ。今日はよろしくお願いします。
【二宮 誠二 君】10月8日妻の誕生日、素敵なバラを大須賀君の奥様にお届け頂きありがとうございました。あいにく留守をしていてご迷惑をおかけしました妻が大変喜んでくれました。
水村先生本日の卓話よろしくお願いいたします。
【青山 弦八 君】1.水村民之君、西尾KIRARAロータリーへようこそ!君の歴史の話楽しみです。今日はよろしく。
2.10月9日に2番目の孫が生まれました。家族5人の同居となりました。うれしくてスマイルします。
【岩瀬 清彦 君】9/28(土)娘の結婚式でした。
入籍は5月に済ませておりまして、すでに一緒に住んでいませんが、なんとなくサミシイです。
【大山 勝男 君】水村先生の日ごろの活躍ぶりにはいつも敬意を表しております。今日の卓話楽しみにしております。
【杉田 芳男 君】五六島RCとの友好を深めてきます。同時に物好きメンバーとロシア人と友好を深めてきます。
【杉田 芳男 君】今年も社員と一緒にマングローブを計7800本植えてきました。
【太田 五九郎 君】鈴村先生、ようこそキララへ。同じ吉良町民として、「好かれ役の吉良上野介」を分かりやすく話して下さい。そして「嫌われ役は消防団をイジメル議員」だけにしてください。
【高須 良一 君】水村先輩、今日はごくろうさまです。本日の卓話よろしくお願いいたします。

卓話

嫌われ役 吉良上野介義央(西尾市市史編纂委員 水村民之氏)


スピーカー紹介は二宮誠二プログラム委員長

卓話者は西尾市市史編纂委員 水村民之氏

吉良さんのお話は歴史好きには興味深いお話でした。

幹事報告は長谷収一幹事

出席報告は高須勻君

スマイル発表と各種お祝いは杉浦加代さん
今日の話は嫌われ役吉良上野介義央(こうずけのすけよしひさ)の裏話的な話を3つお話ししたいと思います。
 徳川家の歴史の正史に徳川実記という物があります。この実記の元禄14年3月14日条にこの人が討たれたのは賄賂をむさぼりその上巨万を重ねしとぞと書いてあります。実際は本当に貧乏でした。江戸の呉服屋に2760両の借金があり訴えられる寸前だった程お金が無かったと上杉家の書に書いてあります。また上杉謙信から4代目の上杉綱勝という人がある時吉良家に来ました。妹の嫁ぎ先である吉良家を訪れた直後に腹痛になった。1週間以上寝込んで死んでしまったのですが、後にあれは上杉家の当主を毒殺したという噂が立ちます。しかし吉良さんは自分の長男を上杉家へ養子へ出しております。その時点で吉良さんは次男はいなかった。長男を出してしまえば自分の家が潰れてしまうのですから、この噂は吉良さんが嫌われていたから後から付けられた因縁です。この様に徳川実記にも嘘の事が書かれて上杉家の跡継ぎ問題でも根拠がない事、後西天皇の譲位の問題でも悪口を言われております。
 常に嫌われ役だったのですが、吉良さんはどんな性格だったのかというと、とても子煩悩です。長女の鶴が小さい頃京都から手紙を出した物が残っております。長男が上杉家へ養子へ出たとお話ししましたが、少しすると次男が生まれます。ところがこのこの次男は8歳で死んでしまいます。吉良家の菩提寺万昌院にそれは立派なお墓を建てます。また津軽家に養子に行った姫が20歳位で幼い子を残して死んでしまいます。とても嘆いてこれもまた立派な墓を建てております。また長女の鶴が島津家に後妻に出ます。ところが途中で家へ帰って来てしまいます。江戸時代の代大名が離婚が成立するなんて事はまずない事です。
 吉良さんの役をやられる方は大体憎々しい顔をされている方ばかりです。ではどういう姿かというと長崎のオランダの出島にドイツ人がおり、その方が江戸へ行く時に吉良さんと旅館が一緒だった。吉良さんの姿を見てドイツ語で日記を書いてあります。それが英語に訳されておりますが、そこには吉良さんはとても見た目が良い、また他の文書には吉良さんは180cm越しておった様です。江戸時代の平均身長は丁度私位ですので非常に珍しい。また花蔵寺の顔をご覧になった方も多いと思いますが非常に温和な顔をしています。
 お父さんを吉良義冬、祖父を吉良義弥、この三代に渡って江戸幕府の高家(高名な家柄)を努めてました。その義弥が高家になって翌年慶長14年1月から記録を書きます。江戸城での儀式、宮中での儀式、色々な所での自分が所管した事を丁寧に書いております。これが慶長14年から元禄15年迄94年間続いた日記があります。その中に吉良さんは忠実な幕臣だった事、高家職にもの凄く熱心だったという事、凄い記憶力と記録力を持っていた人だと書かれております。吉良家日記とは宮内庁書陵部に全部で27冊残っておる物です。これは全部筆で書かれておりますのでそれを活字に直した物が翻刻版です。これを見ますと3代の高家職の吉良義弥、義冬、義央は大変冷静で誇張がなかったとあります。ただ1カ所だけあったのは後西天皇が吉良さんをとても好いており詠んだ歌に吉良という字を入れた事に対し、こんな事を書いてもらってもの凄く名誉だ。子孫の為に名誉だと書いてありますがその子孫は僅か1代で途絶えてしまいます。この吉良さんは西尾出身の西条吉良の子孫の17代目です。18代目の義周が後を継いで西条吉良氏は完全に滅亡をします。吉良さんに関しては過去有りもしない事を書かれています。だから面白い。面白いから歴史に残った訳です。もしこれが全然面白くなかったら吉良さんの名前は残らなかったと思います。本当にお気の毒な目に合われたのですが、高家肝煎を努めたその他の家柄について誰か知っていますか?誰も知りません。吉良さんは本当にお気の毒な目に合われたけれど、その代わりに歴史に名前が残ったと思います。
 最後に今度西尾市制60周年で石坂浩二さんが講演されます。石坂浩二さんは70歳を過ぎたら一切講演を断ってみえました。ところが尾崎士郎没後50周年記念事業で吉良の方で講演をお願いしますと言ったら西尾市吉良町なら合併した記念に良いでしょうという事で「私と吉良さま」という題で講演して下さいます。または12月14日の命日には萬昌院功運寺(ばんしょういんこううんじ)にお参りに行くそうです。また吉良さんの生まれは1641年、石坂浩二さんの生まれは1941年。300年違いの同じ年に生まれた方の御講演をお楽しみにして頂きたいと思います。

その他

今月の誕生日の方々 広報・雑誌委員著う会議報告は加納広報・雑誌委員長 明後日の同好会合同旅行の案内は秋山お城研同好部長

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]