第1057回「日越架け橋事業紹介~チャイナプラスワンの最良の選択」

開催日時 平成25年10月18日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者2006年度米山学友・VIET THANG国際発展(株)取締役副総社長日本駐在統括日本人材開発センター社長グエン・トアン・アン氏
お客様情報ベンチャー協同組合名古屋事務所 課長 町田華那様、課長代理 一円 由智様、卓話者夫人グエン・トウイ・ヒエン様
司会進行岡田義雄君

会長挨拶

日・月曜日とお城研究会、歴史研究会、ゴルフクラブ、そば打ち会等色んなうちのクラブの合同部活で信州松本迄行って楽しんで参りました。とっても良いお天気で多分ゴルフの方々は楽しんで頂けたんではないかと思っております。
 新しく入会された方は御存知ないかと思いますので簡単に御紹介申し上げます。グエン君は2006年になります。名古屋大学に通っていらっしゃって、米山奨学生に応募されうちのクラブが世話クラブとなりました。今日は残念ながらその親父がみえませんが、カウンセラーという立場で青山弦八君がグエン君のお世話をさせて頂いていました。その様な経緯があり今日西尾キララロータリークラブへお帰り頂いたという事です。もの凄く立派になられて今日のお話を大変楽しみにしております。
 皆様方のボックスに先週お願いしたワールドフード・ふれ愛フェスタ、11月2・3・4日の連休に名古屋で行われるのですが、そのチケットを封筒に入れさせて頂きました。快く御了解頂きありがとうございました。この連休の時は色々な行事が重なっていまして、うちのクラブの吉良の散策も3日にありますし、岡崎のジャズストリート等色々ありますが出来れば時間を見つけてお出掛け頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

出席報告
会員総数 免除・休会・病欠 ・海外 計算会員数 出席数 MU数 欠席数 暫定出席率 修正出席率
58 5 53 42 11 11 79.25 100.00

スマイル委員会報告

【鈴木 正司 会長】グエン君お帰りなさい。今日のお話を楽しみにしています。
【長谷 収一 幹事】グエン君ようこそKIRARAへ。お元気そうで何よりです。あなたの実家にも言ってきましたよ。
【大高 敏睦 君】グエン君お久しぶりです。この前のベトナム訪問では大変お世話になりました。ご自宅にもおじゃましましてとても楽しかったです。貴殿の今後のご活躍を期待しています。
【辻村 義之 君】親睦委員会です。10月27日劇団四季の”サウンドオブミュージック”です。お土産付きです。よろしくお願いします。
【磯貝 総一郎 君】松本への旅行楽しかったです。大型バスに5人だけの大名旅行はなかなかありません。
【秋山 正純 君】松本旅行お疲れ様でした。幹事として大変ご迷惑をおかけしましたが、皆様方の寛容な心に助けられました。KIRARAロータリアンの心に触れた基がします。スマイルさせていただきます。
追伸:忘れた頃にべらぼうな旅費の請求をさせていただきますので、寛容な心で対応をお願いします。
【後藤 利之 君】先日ロータリーを欠席して旅行に行きました。Rotaryを欠席したのが罰となり罰金12000円を支払ってまいりました。皆様旅行に行く時は運転には充分注意して下さい。
【杉浦 佳代 君】誕生日の昨日(17日)岡崎グランドホテルにて松田聖子そっくりショーのまねだ聖子に花束をもらってうれしくてビールも飲んで気持ちよく帰ってきました。

卓話

日越架け橋事業紹介~チャイナプラスワンの最良の選択(2006年度米山学友・VIET THANG国際発展(株)取締役副総社長日本駐在統括日本人材開発センター社長グエン・トアン・アン氏)


久しぶりのグエン君ちょっと緊張してる?

新婚ほやほやの奥様グエン・トウイ・ヒエン様

情報ベンチャー協同組合名古屋事務所 右課長の町田華那様、左課長代理 一円由智様

紹介者の鈴木昭夫君から紹介

パワーポイントを使っての卓話の前に挨拶

自己紹介から始まりました。
本駐在統括日本人材開発センター社長グエン・トアン・アン氏』
 皆様御無沙汰しております。ようやく帰って参りました、グエンです。今日はベトナムのICT情報、通信業界の最新情報と西尾キララロータリークラブで生まれた事業、外国人技能実習生事業の報告という事でお時間を頂きました。
 まず自己紹介です。2002年4月に日本へ来ました。国費の留学生として来日しました。皆さんの税金を使わせて頂き、あっという間に12年目を迎えました。青春時代は終わったという感じですが結婚出来ました。また特許も日本の特許庁から認定を頂きました。また日本語検定も1級を取りましたし、大分で雑誌の表紙にもなりました。この方が私の奥さんです。日本の文化は好きなので絶対結婚式は袴という日本の結婚式の伝統衣装で行いたいと思っていました。
 ベトナムのICT業界の最新情報という事で説明致します。ベトナムはICT産業が非常に急成長しています。人口は9,000万人しかいないのですが加入者数が約1億3,000万という驚きの数字です。インターネットもこの12年間で120倍強の急成長をしています。人口の3割が利用しておりアジアで3位となっています。ブロードバンド加入者数も400万人でベトナムは世界平和度指数が34位となっています。またベトナムは日本の新たなソフトウェアアウトソーシング先と言われていまして、法人税が0%です。政府からの厚い支援を受けられるのでICT企業を立ち上げる人は5年間は法人税は0%です。次の5年で利益が出ていないとなると半額とか色々な厚い支援があります。特に日本企業がソフトウェア開発の受託先1位と注目されていますし、3年連続で日本からの発注が増えているのはベトナムだけです。そういう点で情報サービス産業は発達しています。
 大高会長時代の活動は2006年にドンアン市長との公式訪問、2008年にBacNinh県庁での公式訪問、工業団地の視察に同行しました。そこで日本の中小企業の人材不足をとても感じました。ベトナムにある沢山の若者達が日本を助けるのではないかと思いまして日本企業へ実習生を派遣したいというのをずっとやりたいと思っていました。しかし日本側に管理団体(協同組合)がなかったので失敗をしてしまいました。そこで今回VTCという会社に副社長という形で就任致しました。今は東京・埼玉・千葉の沢山の組合さんと受け入れ企業、中部地区では今日お越し頂きました情報ベンチャー協同組合の名古屋支店さんに実習生の管理・サポートをして頂いてます。
 この技能実習生制度は国間のやりとりです。しっかりとした書類・手続きをしないと出来ません。3年間という期間で年間に受け入れ出来る人数が制限されています。実習生のメリットは1人当たりの日本人採用と比べると50%の削減が出来ます。例えば人材派遣30人をベトナム人技能実習生に変えますと年間約5,400万円の人件費の削減が出来ます。また今までの外国人研修制度は残業・休日出勤が出来なかったのですが、平成22年7月1日から法律が改定されて実習制度になりました。1年目の2ヶ月目からすぐ日本人と同じ様に残業・休日出勤が出来る様になりました。また日本人がなかなか定着しない職場でも3年間は必ず人材確保が出来るというのが大きなポイントです。20歳から35歳までの真面目で一生懸命働く若者ばかりです。即戦力まではいかないのですが問題なく使えるというのがこの制度のメリットです。
 私はVIET THANG国際発展(株)取締役副総社長になって日本駐在統括日本人材開発センターを立ち上げて社長になりました。すべての「ご縁」を大事にしますとしていますというスローガンを立ち上げています。現地では日本文化が大好きで、日本で留学等をして来たスタッフですのでどういう教育をすれば良いかという事を良く解っています。日本から人材派遣の依頼が来ていなくても、事前に現地で3ヶ月の日本語教育をし常時300名の在籍者を作っています。このプールから人選以来が来たらこの中から選び、また3ヶ月程教育をします。僕は日本で生活をした実績があるのでただ日本語の教科書に載っている日本語だけを教えるのではなく、生活に、仕事に密着した言葉を教えていますので非常に高い評価を頂いています。また日本企業さんの社内の工場内のマニュアル等も頂いて現地で翻訳して3ヶ月で即戦力になる様に教育しています。

日越架け橋事業紹介~チャイナプラスワンの最良の選択

結婚の報告 なんと和式での結婚式とは驚きです。 ベトナムではICT産業が急成長し、携帯電話は人口9000万人に対し、1億2700万人の契約数は驚き。 日本企業のアウトソーシング先ベトナムが第1選択肢、ということは1位か?
KIRARAで生まれた事業は協同組合がなく失敗したが、その後関東・中部地区では協同組合があり成功した。 実習生のメリットとして、人材派遣30人をベトナム人技能実習生に変えると年間5400万円ほど人件費を削減できるとか。 人材開発センター社長として活躍している。
幹事報告は長谷収一幹事 出席報告は高須勻君 7~9の3ヶ月皆出席の皆さんの表彰

その他

スマイル発表は杉浦加代さん 10月結婚記念日の方々 第3期RLI2760分科会研修の報告は後藤利之会長エレクト
次回10/27の観劇例会 劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」の集合時間等のお知らせは辻村義之親睦委員長 同好会助成金贈呈はゴルフ部、蕎麦会。

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]