第1062回「老いについて-100歳まで元気に生きる」

開催日時 平成25年11月22日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 手に手つないで
卓話者高須病院院長・西尾一色RC会員 笠井保志君
お客様
司会進行柴川 和義君

会長挨拶

フィリピン台風に関する事ですが、台風と言いますと我々の年代は伊勢湾台風が恐かった記憶が蘇って来る訳ですが、今回のフィリピンも風もさることながら高潮による大きな被害が出て、900hPaを下回る様な低気圧でもの凄かった様です。今年は日本でも伊豆大島の土砂災害の映像をテレビで見まして、こういう事が異常でたまにあるという事ならしかたないとも思うのですが、温暖化により日常化してしまうのではないかという恐怖感を持ちまして、嫌な感じを持っております。ロータリークラブとしても何か出来る事からという事で地区の方から支援に関する要請が来ております。募金をと思ったのですが社会奉仕委員会と相談をしまして、1人1,000円分に関する58,000円を社会クラブの委員会予算から捻出して振り込んでおきますので御了解頂きたいと思います。明日・明後日、地区大会が名古屋でございます。そこで募金活動が行われるという事ですので御意思のある方は是非協力してあげて下さい。
 話は変わりまして、皆さんビートルズは御存知ですか?先程食事中にBGMで流れていたのがポール・マッカートニーです。実は今、日本に来ておりまして、ついこの間赴任なさったケネディ大使も聞きに行かれたそうですが、うちのクラブにも物好きがいる様で、大阪公演・東京公演両方行っているそうです。後で時間がありましたら報告してもらおうかと思っております。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
58 21 43 15 78.18 100

スマイル委員会報告

【鈴木 正司 会長】笠井先生 今日はよろしくお願いします。いよいよ「老い」に突入予定者ですので真剣にお話を聴きたいと思っています。
【長谷 収一 幹事】笠井先生ようこそKIRARAへ。お越し頂きありがとうございます。今日は宜しくお願いします。
【二宮 誠二 君】笠井様本日の卓話宜しくお願いします。犬塚君ガバナー補佐杯の賞品自宅迄届けていただきありがとうございました。
【杉田 芳男 君】笠井先生、いつも楽しい句会と美酒をありがとうございます。
【野口 要二 君】(1)11/12大阪、11/19東京とポール・マッカートニーのコンサートに行ってきました。東京は長野君にチケットを取ってもらい一緒に行きました。大変楽しい時間でした。また、11/30のハーモニカのコンサートチケットのご協力をお願いします。(2)12/3~12/15まで岩瀬文庫で写真展に出品します。お願い事ばかりで申し訳ないですが、宜しくお願いします。
【丸目 藤二 君】笠井先生、俳句同好会では、いつも上手な俳句有難うございます。今日は卓話楽しみにしています。
【加納 隆 君】笠井先生ご来訪を心より歓迎いたします。俳句同好会では大変お世話になっています。本日の卓話楽しみにしています。
【鈴木 善和 君】笠井先生ようこそキララへ。卓話宜しくお願いいたします。
【堀田 義之 君】今日11月22日は良い夫婦の日。時事川柳「いい夫婦 今では どうでも いい夫婦」そうならないように。笠井さんようこそ。

卓話

第1062回「老いについて-100歳まで元気に生きる」(高須病院委員長・西尾一色RC会員 笠井保志君)


スピーカーの紹介は二宮誠二プログラム委員長

本日の卓話者は高須病院院長・西尾一色RC会員 笠井保志君

手振りも交えてのお話はこれからの私たちのためにはためになったと思います。

幹事報告は長谷収一幹事

出席報告は出席委員長高須良一君

スマイル発表は杉浦加代君
今回「老いについて」話させて頂きますが、100歳まで生きるという副題を付けました。女性は100歳まで元気に生きられますが、男は90歳を一つの目標にするのが良いのではないか。まだまだ楽しく過ごせる時間があるという事で、今日は元気で楽しく生きる為の術をどうするかという事を私なりに考えてお話しさせて頂きます。
 老いは皆さん色んな所で感じるかと思います。体力的な事はすぐ感じると思いますし、物忘れ等もあるかと思います。ある意味自然現象で生・老・病・死がありますが、病は病院が担っていましたがこれだけお年寄りが増えてくると老も今迄カバーしていた病院だけではなく、介護保険等がカバーする必要があります。2025年には団塊世代が後期高齢者入りする、75歳以上になるという事です。老いをどう過ごすかという事を真剣に考えていく必要があると思います。筋力のピークは20歳代で、50歳を過ぎた頃から急激に下がってきます。普段私達が使っている筋肉以外にも消化管、心臓等、自覚せずに勝手に動いてくれる筋肉も落ちてくる。消化管の機能が落ちれば便秘という事になりますし、視力・聴力・味覚・嗅覚も感じ方は落ちてきます。特に腹筋や下半身の筋肉が落ちてきますので、年を取るとお腹がぽっこりしたり、以前のズボンがゆるくなってくるのも筋力が落ちてくるからです。そこからも色々な障害が出てきます。それは身体的な所です。もう一点、老いで注意したいのが記憶、認知能力です。これは変な物が見える、聞こえる。人の顔が解らなくなってくる。それは以前覚えていた、過去の図形の記憶が失われていく訳です。都合の悪い物だけどんどん消えていけば良いのですが、均等に消えていきます。その他に以前は周りから同時に何人かに言われても複数の作業が同時並行出来たと思うんですが、それがだんだん出来なくなってくる。それは空間の認知能力の低下です。味覚・嗅覚も忘れてしまう。これも認知症です。
 老化の原因は色々言われています。生まれてから死ぬ迄の過程でやむを得ない事ですが、一つは人間の細胞の中にプログラムされているという説もありますし、細胞が分裂の際に複製のエラーが起こる。活性酸素が原因という説、また摂取カロリーが多すぎると良くないとか糖化反応説もありますが、原因ははっきり解っていないです。毎年平均寿命の統計が出てきます。日本は元々長寿の国で、戦後小さな子どもさんが死ななくなったという事で平均寿命がかなり延びました。しかし最近では単に長生きするのが本当に良いのかどうかと言われます。いかに健康で人の手を患わせずに生きれるかという健康寿命という言葉が聞かれる様になりました。日常的に介護を必要としないで自立した生活が出来る生存期間の事です。平均寿命と健康寿命の差は日常生活で不健康な期間、介護・医療を含めて必要な期間を意味します。日本の平均寿命は80歳位です。健康寿命は男は70歳、女は73歳位です。愛知県はこの健康寿命が極めて高いんです。男は71.74歳で1位、女は74.93歳で3位という事で、愛知県は他の県に比べて健康でいられ、仕事があり社会的関わりがあるのかもしれません。平均寿命を延ばす方法は悪性新生物、心疾患、脳疾患、自殺等が減ればちょっと延びてきます。肺炎、老衰、不慮の事故の変化が平均寿命に関わってきます。寝たきりの原因は脳疾患、肺炎、骨折等をきっかけに起こる事が多いです。要介護も脳卒中、脳梗塞、老衰、認知症、骨折、転倒、関節疾患が大きな原因ですのでこれらをいかに防いで元気に過ごすかが一つのポイントです。
 認知症はお年寄りが増えると今後急速に増えるだろうという事で行政と一緒になって対応しております。認知症の生涯罹患率は5割近いです。この中でも半分の方が認知症になる。あとの半分の方が元気でいられるかというと、そうではなく癌などでお亡くなりになる。しかし予防や薬、病気を遅らせる事も出来る様になってきます。認知症は記憶を忘れる病気です。それに伴い不安から徘徊したり暴れてみたりと周辺症状が出てきます。認知症は最初に出てから発症迄に20~30年の期間があると言われています。早期診断は保険適用外ですので、いかに自分で予防するかが重要になります。一つは生活習慣病、肥満のし過ぎはよくないです。高血圧も良くない。コレステロールが高いのも良くない。動脈硬化を防いで血液の流れを良くするかが大事になってきます。
 皆さんあれもだめこれもだめ、これしなさいあれしなさいと言われてもなかなかやる気にならないと思いますのでお酒についてお話しします。色々な疾患について飲み過ぎはどれも良くありません。脳梗塞は1日にアルコール量が20g位なら良いと言われています。日本酒なら1合、焼酎なら1合、赤ワインはグラスに1杯位なら疾患に悪影響を及ぼす迄にならない。大事なのは休肝日を作る事です。1週間に2日、全く飲まない日を作って下さい。ついでに言いますがたばこはいけません。生命予防、疾患に関しては何一つ良い事はありません。
 楽しく元気に生きるにはどうしたら良いか。筋肉量を維持し関節の可動域を維持し転倒しない様にする。認知症の予防、早期診断。生活習慣病のコントロールをする。動脈硬化を防ぐ。生活習慣病を防ぐことも重要です。それから飲む薬は少ないほうが良いということです。特に心臓、糖尿関係の薬は有害事象が増えてきます。毎日の生活の中でいかに工夫するかというのが元気に生きる手段ではないかなと思います。

その他

第3期RLI2760分科会研修パートIIIの報告をする後藤会長エレクト。やっと終わって安堵の表情が。 職場例会の注意事項を説明する職業奉仕委員会副委員長 中根勝美君 明日のNPOの催しのPRは加納隆君
会長から突然ポール・マッカートニーのコンサートの報告をしなさいと振られ、急遽楽しかったお話をする野口要二君 司会は柴川和義君でした。

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]