第1066回「人と人をつなぐ」

開催日時 平成25年12月20日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者エスクラウド代表 大橋 賀子(よしこ)氏
お客様
司会進行岡田義雄君

会長挨拶

早いもので、7月スタートした段階では内心心配しながらスタートしたのですが、早くも年末で心配していた全てが杞憂に終わりまして、皆様方の協力、取り分け幹事さん、SAAさん、各委員長さんの御活躍の上にちゃっかりと乗っかり、会長といいながら無事ここ迄来られました事を改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。この時期になりますと次年度も上手くスタートを切って欲しいなと思います。それも我々の役目かなと思っていますが、先週早くも次年度のクラブ協議会がスタートしました。後藤次年度会長予定者の思いも関係者の皆様には伝わったのかなと思います。これもとりあえず一段落という形でおりますが、かなり早いスタートかなと思っています。
 先週日曜日に西尾市制60周年記念式典が文化会館で行われ、それに参加して参りました。文化会館のホール一杯に西尾市民が集まりまして開催されました。この中でも沢山お顔を見かた方がいらっしゃったので、それ以外でもいらっしゃった方は多いと思いますが、60年前を思い出してみると町村合併をしながら西尾市になったという事ですが、8歳ですので状況は何もピンときておりません。ただ一つ覚えているのは小学校に動員がかかりまして、提灯を持って市内を練り歩いた提灯行列に参加したのかなという記憶だけが頭の片隅に残っております。それから60年経ったという事でそれだけ自分が年を取ったという事なんだと思いながら参加をして参りました。式典の前にアトラクションで熱池のてんてこ祭りでした。先頭の塩蒔き役の人の後ろに我が直前会長が登場され、神主さんとして厳く凛々しく登場されていました。青山さん御苦労様でした。西尾市のふるさと市民顕彰という事でうちの辻村義之君が西尾市公平委員で地方自治に貢献なさったという事で自治功労賞を受けておられました。おめでとうございます。もう一方亡くなってしまい残念ですが辻村和美君も国際交流に貢献があったという事で一般表彰を受けておられました。改めて御冥福をお祈りしたいと思います。色んな方が御祝辞を述べられていたのですが、県議会を代表なさって川上万一郎君が御祝いの言葉を述べておられました。式典ですので色んな方が出られたのですが、西尾市観光親善大使にお二人が任命されておりました。葵かを里さん、南翔太君が委嘱を受けたのですがその南君が委嘱を受けた事に対して、もし西尾市に何か起こったら自分が大きなウルトラマンに変身して西尾市を助けると断言してくれておりますのでもの凄く頼もしく、微笑ましく思って聞いて参りました。彼は普段ウルトラマンヒーローショーもやっているらしいです。
 式典の後は石坂浩二さんの講演会がありキララのメンバーで御聞きになった方は、うちのプログラムの中で尾崎士郎没後50周年や吉良家日記の話等で関連する様な話を聞いた上で石坂浩二さんの講演を聞いてますと素直な流れの中で色々話を聞く事が出来ました。どうもここ迄よんで二宮プログラム委員長はプログラムを計画してくれたのかと、今更ながら感心して聞いてきました。また石坂浩二は二宮さんの大学の先輩に当たると聞きますと出来過ぎだなと思いながら改めて二宮さんには御礼申し上げます。石坂浩二は72歳で素敵な男性です。足元にも及びませんが何か少しでも見習いたいなと感じました。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
58 21 42 16 76.36 100

スマイル委員会報告

【鈴木 正司 会長】大橋様、今日のお話よろしくお願いします。
【長谷 収一 幹事】大橋様ようこそKIRARAへ。今日は宜しくお願いします。
【二宮 誠二 君】大橋賀子様ようこそKIRARAロータリーへ。卓話を宜しくお願いします。本年度3名の女性講師のお一人です。お話楽しみにしております。
【辻村 義之 君】1.来週12月26日(木)年忘れ家族例会です。楽しいひとときにしましょう。2.西尾市の公平委員を4期16年間つとめ、自治功労者となりました。有難うございました。
【杉浦 加代 君】「ゆいかちゃんの大好きなおばあちゃんお帰り」といって迎えてくれる孫が可愛くって、一日の疲れが吹っ飛んでしまいます。その孫が21日4歳になります。いつまで続くんでしょうか。幼稚園の間は続いて欲しいなーと思っています。
【野口 要二 君】岩瀬文庫での写真展にご来場いただきまして有難うございました。また、シャンソンコンサートのチケットお買い上げの皆様有難うございました。まだ残って降りますので宜しくお願いいたします。

卓話

第1066回「人と人をつなぐ」(エスクラウド代表 大橋 賀子氏)


本日のスピーカーを紹介するキララ1のプレイボーイといわれる太高純治君

今年最後の卓話者はエスクラウド代表 大橋賀子氏

やや緊張気味のお話でしたが、中ごろには手振りもでて慣れてきたかな?

目的志向と問題回避との違いを明確に話していただきました。

幹事報告は長谷幹事

出席報告は大須賀慶一君
私はシャオで宝石の販売を10年程やっておりました、その後宝石を売る専門のアドバイザー を経て2011年にバースという自分のお店を立ち上げました。自分で宝石を売っていこうと思った時にどの様にお客様とどの様にコミュニケーションをとっているか、理論的に勉強してみようとNLPを取得しました。このNLPは神経言語プログラミングといい、脳科学、言語学、認知学を総合し、いかに早くコミュニケーションを取って自分が相手をリードして影響言語を使いこなせるかという学問です。まだ日本ではあまり知られていないと思いますが、現在アメリカのオバマ大統領もNLPのトレーナーを5人程付けているという話も聞きます.演説はルールに則って文章が構成されているとも聞きます。コミュニケーションのルールやパターン、理論を知って使いこなせた方がかなり有利になります。理屈を知って理解し使いこなせる事が影響力を持つという事になるので、この事を知って頂くというのは今後大変役に立つのではないかと思います。
 お客様との信頼関係を僅かな時間で意図的に作る事が出来たとしたら、更に影響力を持つ事が出来としたら、販売、初めての取引等の交渉事が有利になります。ネゴシエーションの基礎として相手の話している言葉のパターンを読み取り、そのパターンに合わせた言葉を使いながらリードを取って有利に交渉を進める。自分の意志や意見を曲げる事無く言葉のパターンだけを変えて相手に合わせて自分がリードを取るという定義です。会話の中から相手の言葉に現れる特徴、パターンを読み取って素早くリードを取る事が出来たら、相手に主導権を握られない様に話を進められたらというのが目標で、強制的にではありません。人間関係がスムーズになります。
 話している言葉、通常の会話は殆ど無意識で行っています。話す内容は意識的に考えていても使う言葉は無意識が多いです。使っている言葉に思いと癖が表れやすいのです。という事は意図的に使う事も出来ます。どんな言葉を使っているか、相手がどんな言葉に反応するか、その言葉によってどんな行動を取るかというのがNLPの中で学んでいく事です。言葉と行動に照らし合わせていくとなぜその時に売り上げが出たのか、なぜその時に売り上げが落ちたのか。人間関係が上手くいく時と上手くいかない時その違いが何なのかというのが少しずつ見え始めてきました。例えばそのスキルを意図的に使える様になったとしたら、何が手に入りどんなリスクを回避出来る様になるのか。このNLPは言葉とその行動を分析・体系化しており、17パターンあります。特に重要な2つをご紹介します。例えば従業員の方に「成果を出すのはなぜ大切なのか?」という質問を投げかけて下さい。大きく2つのパターンに分かれます。1つは目的や目標に対しフォーカスするラブプロファイルという目的思考、もう1つは問題を回避する事を重視しています。これは仕事においてなんですがこの2タイプがあります。目的思考の人は問題を見落としがちになりますし、問題回避の人は問題にとらわれて目的を見失いがちです。皆さんの所で働いている方がどちらのタイプか解れば言葉掛けが変わってきます。どちらも成果を上げさせようと思った時には少しだけ言葉掛けを変えて相手のモチベーションを上げる事が出来ます。人の意見を受け入れる外的か自分の意見をしっかり持っている内的なのかという事だけでも判断出来ればどう言葉がけをしたらその人の心に響いてモチベーションを上げる事が出来る様になるので言葉がけのヒントになっていくと思います。人と人とをつなぐコミュニケーションスキルを意図的に使って頂いて言葉の力、相手がどんな言葉を使うのか、自分はその相手に対してどんな言葉掛けをしていったら更に自分が相手の心に響き、自分がリードし抵抗が少なく主導権を握っていけるかという事です。
 ラブプロファイルというスキルはコミュニケーションの特徴は相手の認識パターンに合った言葉、相手のモチベーションに働きかける言葉を使うという点にあるので、自分の言葉を使うのではなく相手の言葉に合わせる、相手のパターンを読み取るというのが重要になってきます。もし今日話を聞いて興味を持たれた方はお問い合わせて頂いて結構です。言葉は力を持っていますので是非皆さんにも言葉の面白さを知って頂きたいと思います。

その他

スマイル報告は杉浦加代さん 年忘れ家族例会と新年例会のお知らせは小林豊親睦副委員長 司会は岡田義雄君

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]