第1069回「新春の投資環境」

開催日時 平成26年1月17日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者(株)エース経済研究所取締役社長 子幡健二氏
ビジター西尾一色RC 笠井保志君
お客様
司会進行長野敏行君

会長挨拶

御存知かと思いますが、ここの大家さんであります西尾信用金庫中央支店支店長の米田君が人事異動で変わる事になってしまいました。うちのクラブが出来た時に始まりまして何代目になるかちょっと記憶に無いのですが、米田君はとってもうちのクラブに馴染んで頂いた支店長のお一人かと思っておりますので残念ですが、金融機関の支店長というのはそういう宿命にあるらしく、うちのクラブの会計という立場を快く引き受けて下さり、色んな事業にも積極的に参加して頂いて、夏の祇園祭は率先して頑張ってくれてたのが記憶に新しい所です。是非祇園祭の時は西尾へお越し頂いて御参加頂けると思っております。また理事会を通過して正式にとは思いますが新しい支店長は当クラブに御参加頂けるだろうと思っております。御栄転を御祝いして花束を差し上げたいと思います。長い間ありがとうございました。
ここで最後のご挨拶をしていただきたき 私からのご挨拶の代わりとします。
 

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
58 25 42   82.35  

スマイル委員会報告

【鈴木 正司 会長】子幡健二様 毎年恒例の「新春経済見通し」本年も宜しくお願いします。
【長谷 収一 幹事】子幡健二様 ようこそKIRARAへ。今年もお話宜しくお願いします。
【里野 泰則 君】エース経済研究所の子幡社長 本日は宜しくお願いします。
【岡田 義雄 君】今日は都合で欠席しますが、来る3月9日のソロプチさんのコンサートには、是非足をおはこび下さいますようお願いします。娘がバイオリン弾かせてもらいます。
【米田 有孝 君】4年間大変お世話に成りました。

卓話

第1069回「新春の投資環境」((株)エース経済研究所取締役社長 子幡健二氏)


スピーカー紹介の里野泰則君

本日の卓話は(株)エース経済研究所取締役社長 子幡健二氏

今後1年の経済予想をしていただきました。昨年は90%の確立でしたが、果たして来年は?

西信中央支店長 米田有孝君がご栄転で刈谷支店に!異動のご挨拶

栄転も分かる!彼は人柄が最高だ!この笑顔で皆を和ませてくれました。おめでとう。

新しい支店長は吉崎和浩氏入会をお待ちしています。
最初に私の予想ではなく、世界の市場関係者のコンセンサス予想を1ページに載せてあります。大体平均的な見方だと思って下さい。ポイントはタイトルにもあります様に今年は世界同時景気拡大。今迄は新興国・資源国が底入れしていません。今年の春から夏位に回復してくると思いますので後半戦、順番に底入れしてくると思います。これと似た局面が2003年、2007年に世界景気が拡大した時の2003年に近い感じになると思われます。また株式市場にとって世界景気が拡大するのは企業収益の拡大に繋がりますが、お金が余っていれば不動産や投資といった株式に流れ込んできますので量的な緩和が今年も続くかどうか。結論は世界金融機関緩和が今年一杯迄は続くと、来年2015年はちょっと変わると思います。今年は世界金融業績相場と言えます。最強の株式上昇相場となる予測です。私はもう少し強めに考えておりまして、アメリカの企業収益は今年10%増益予想、来年も10%増益予想です。日本は今年度37%増益、来年度は11%増益。ドル円の予想が97円です。為替が企業収益にとって大きなポイントになります。株価は5~10%位の上昇、去年は28.5%、日本は去年50%を割っています。日本の日経平均は18,000円~20,000円位を想定しています。どのセクターが良いか、IT関連、素材・エネルギー・資本材料。日本では自動車、銀行、不動産。4月に消費税の引き上げがありますのでちょっと警戒があるかもしれませんが最終的には4~5年後にかけて資産インフレになると思っております。その他に設備投資関連も同じです。国債の回収はしませんのでお金が余ったまま15年は推移する、一番緩和状況が強いのが今年です。
 今年の後半アメリカの景気が強くなると金利が急騰する可能性があります。日本も国債金利の上昇に伴って多少あがると思いますが、今年の年末迄は大金融機関緩和を続けますので長期金利は5月に上がった1%程度が年内のピークだと予測しております。景気の動きと株価の動きを御覧になっても解る様に世界経済が拡大すれば株価が上がる。株式市場にとってもう1つのポイントはお金の量が低金利で余剰の時程株が高く買われて大相場になるのが当たり前の話なんですが、今年は日・米・欧とも金融緩和が持続する形になっています。企業収益が拡大し金が余るのですが、この1年間外人はガンガン買っているのですがなかなか国内の投資家は株を買わないでいます。もったいないです。
 アベノミクスによって日本の経済は大変化しました。アベノミクスでデフレ克服をし経済成長・復興を成し遂げようというのが阿部首相の考えです。大成功し始めています。CPI11月は1.2。目標は2%ですが20年間近いデフレが終わりました。不動産価格もプラスになってきました。インフレになってきた訳ですからリスクをとって株・不動産の投資をする。企業は設備投資、M&Aをし攻めの経営をして国内の企業は220兆円位の金を持ったままなのでいよいよ企業投資の世界が始まります。
 最後に今年は成長戦略実行の年です。この効果が一部出始めました。観光立国、五輪効果、カジノ法案の成立等で日本の経済成長が今年から明確になってきたと思います。セクターは去年はソフトバンクでしたが今年もソフトバンク、成長株として積極経営をし始めた日本電産、自動車株は皆良いですが特にマツダ、設備投資関連、不動産業界の三井不動産、アジア関連、穴株として上手くすれば年内に2~3倍位に上がるセクターではIPS細胞再生業界です。

その他

西尾信用金庫中央支店長 米田有孝君より異動に際しましてのご挨拶がありましたので、ここに掲載させていただきます。


皆様方大変お世話になりました。予定はしておりました。丁度4年間で卒業するのかなという感じです。本当に長くおらして頂きありがとうございました。あっという間でした。皆さん少し年の離れた先輩ばかりでしたので緊張感を持っていた所、皆さん親しみやすく懐深く、財布も厚くかわいがって頂きました。甘えっぱなしでこのまま去っていくのは大変申し訳ないのですが、皆さんにちょっと成長したなと思って頂ける様に、皆さんが意識がはっきりしている間に西尾に帰ってきて、誉めて頂ける様な人間になって戻って来ようという夢を持ちまして出掛けて参りますので、お忘れなく、また皆さん健康でいらして頂きたいと心から思っております。皆さん4年間本当にありがとうございました。

幹事報告は長谷収一幹事。今日は事前に1年前の例会記録を予習してきたとか ビジターは西尾一色RC 笠井保志君
俳句の会にも入って見えます。
出席報告は山本俊明君
10~12月ホームクラブ出席率100%の方々 スマイル発表は杉浦加代さん。 今月の結婚記念日は廣中利臣君、岩瀬清彦君は欠席でした。
1/27の伊勢度会RCメーキャップと伊勢神宮特別参拝のお知らせと案内は堀田義之君 広報・雑誌委員長の加納隆君はロータリーの友を読んで欲しいと訴える 親睦委員長の辻村義之君は米田君と吉崎君の異動に伴う歓送迎会を計画すると発表

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]