第1080回「1年の抱負と報告」

開催日時 平成26年4月11日(金)12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者(社)西尾青年会議所・理事長 佐々木真哉氏
お客様(社)西尾青年会議所・専務理事 辻村英人氏(辻村工業(株))
司会進行岡田義雄君

会長挨拶

今回は100%出席を期待する例会ということで、終わってから全員で写真を撮りますので宜しくお願いします。
今日のお客様は西尾青年会議所の佐々木真哉理事長さんと専務理事の辻村英人さんです。いま、西尾JCは名古屋に次ぐ大きなクラブに成長しておりたくさんの会員が見えます。私どもはどうしてもロータリーの予備軍として期待してしまいますが卒業後は宜しくお願いをしたいと思っております。
 今日は南極海の捕鯨の禁止という判決が出たというお話をさせてもらいますが、ケネディ駐日大使のツイッターでつぶやいたのが記事になりましたのでご存知かと思いますが和歌山県の太地町のイルカを網で一網打尽にしてしまう漁法に反対しているということで、「ザ・コーヴ」という映画を太地町に潜り込んで無許可で撮って世界で有名になりました。
日本は商業捕鯨の禁止には了承してやめていたわけですが調査捕鯨に関しては数の制限があり許されていたわけですが、それもこの判決で禁止になってしまった。昔アメリカ映画で「白鯨」という映画では銛で取って船に引き上げていたのですが、太地町のは網で獲って殺してしまうというのを撮影したことが功を奏して評判をとったものです。ケネディ大使は非人道的な見地で反対だといっています。
ケネディとは意味合いが違う話ですが、南極の捕鯨にたいして反対したのがオーストラリアで、年間数百頭の捕鯨の目的で、これが科学的な調査捕鯨でなく食用目的の商業捕鯨になっているのではという主張が通ってしまって日本はこれ以上南極海で捕鯨が出来ない判決が出てしまった。ここ数年捕獲枠を増やし、殺さないだとか捕獲数を減らす検討を全くしてこなかったではないか。また科学的成果が見受けられないなどの理由であった。実態もすべて食料に回していたらしいです。これは南極海だけの捕鯨にかんすることだけですので、そのほかでは継続されるでしょうから、しばらくは鯨肉が全く食べられなくなるわけではないと言うことです。日本の食糧事情にも影響が出てくるのではと思います。我々小学校くらいの給食に鯨がでてきた記憶があるんですが、個人的にはお刺身と一緒で食べられないので私としては困らないんですが、ほかの国の食文化に口を出されるのはあまりいい気持ちはしないので、ほかの国の食について意見は言えないのかなと思いました。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
58 28 48 10 88.89 100

スマイル委員会報告

【鈴木 正司 会長】佐々木理事長 今日は若い方のお話を大いに期待していますので宜しくお願いします。
【長谷 収一 幹事】JC佐々木理事長様 ようこそKIRARAへ。今日は宜しくお願いします。JC卒業後は入会をお待ちしています。
【長谷 収一 君】スマイル委員会へ。家内へのバラのブーケバースデイプレゼントありがとう。毎年このお陰で夫婦円満です。
【鈴木 善和 君】2月末、娘がお産のため3歳の孫と一緒に実家に帰ってきました。2日前に無事可愛い女の子を出産しました。総勢5人の孫に恵まれ幸せです。今、孫や愛犬の世話、病院通い、実際疲れます。この感激が冷めないうちにスマイルします。
【新海 雄二 君】4月11日の100%出席例会に所要で福岡に金・土と行く為出席できず申し訳ありません。スマイルします。
【山本 俊明 君】ようこそ佐々木理事長、今日の報告楽しみに聞かせていただきます。キララRCの楽しい雰囲気を味わって頂き帰りには鈴木会長の首輪も入っていますので必ず入会宜しく!もう一つ昨日の安城RC・KIRARARC合同コンペで強風の中、隠しホール全てはまり準優勝でしたのでスマイルします。
【二宮 誠二 君】(一社)西尾青年会議所理事長、佐々木真哉様、本日の卓話良ろしくお願いします。全員出席例会、本日欠席して申し訳ありません。カサブランカからスマイルします。
【辻村 義之 君】西尾青年会議所の佐々木理事長さん、辻村専務理事さんようこそキララにいらっしゃいました。今日は宜しくお願いします。又、近い将来にはキララに来て下さい。
【榊原 利夫 君】結婚記念日にワインをいただき有り難うございます。山あり谷ありの38年間の夫婦生活よくもったな.......。

卓話

第1080回「1年の抱負と報告」((社)西尾青年会議所・理事長 佐々木真哉氏)


今日のスピーカー紹介は伊藤則夫君

卓話は(社)西尾青年会議所・理事長 佐々木真哉氏若干37歳

パワーポイントでこの1年の抱負を熱く語っていただきました。

全国に696のJCがある。

事業年度は1月1日から12月31日までとRCとは違う

愛知県では西尾は名古屋に次ぐ会員数を誇る
本日は西尾青年会議所について、現在の段階で終わりました事業報告と1年間の活動を紹介させて頂きたいと思います。青年会議所は世界の組織で127カ国の国や地域に存在しております。メンバー数は17万人。日本にも日本JCという親組織があり国内に696の青年会議所があります。3万6千人のメンバーが在籍しています。共通ルールとして40歳の12月31日で自動的に卒業する事、単年度制で毎年組織図が変わり役職が変わる点が全世界の共通となっています。ですから毎年新入会員を迎え入れています。西尾JCは毎年20名位が卒業をし、20名位を新入会員として迎え入れておりますので勧誘を毎年必死になって行っております。現在144名が在籍し愛知県内では名古屋JCさんに次ぐ2番目のメンバー数を誇っております。単年度制で毎年組織図が変わり、メンバーが同じ役職を2度以上経験する事がなく偏ったマンネリ化を防いでいます。メンバーは様々な役職や立場を経験する事でそれに伴う言動や立ち振る舞いを身につける事が出来ます。
 青年会議所の目的は『明るい豊かな社会』の創造という目標に向かって、修練・奉仕・友情という3信条を掲げて活動をしております。 
修練は個のスキルアップを目的に様々な研修や機会を得る経験を通してメンバー一人一人が成長する事によって個の能力を高め個人が地域に貢献出来るという考え方です。
奉仕は地域や社会に対し奉仕活動・ボランティア活動を行う事でメンバーが人や社会に尽くし自信の存在価値や存在理由を高めるという事です。
友情は一つの事業・例会を準備する為に非常に多くの議論を重ね時間を費やす為、メンバーの中から不満が多く出ます。しかしそれらを乗り越えて担当する事業や例会を終えた時の達成感・充実感で人と人との繋がりをより強化な物にしてくれています。JCで培った友情は一生物であると感じております。この3信条は全て地域・社会への貢献であると私達は考えております。
 西尾JCの今年度の取組です。今年度のスローガンは「個性を認め合い、地域に貢献できるJAYCEEに」~自信と謙虚さを持ち合わせる理想の青年像を目指して~を掲げさせて頂き、活動して参ります。本年は1事務局、7委員会、4会議体で青年会議所の組織を作らさせて頂きました。また本年度よりJCFCを設立致しました。地域の皆様にJCのファンクラブに入会して頂き青年会議所の事業・例会に出席して頂ける様な運営をしていこうと考えております。1月例会は2014年度の活動の指針となる理事長所信表明、例会後は新年家族交礼会を行いました。2月例会は愛知ブロック協議会が開催する名古屋会議に参加しました。3月例会は「3つの習慣で人格を高める基礎を学ぼう~魅力あるJAYCEEを目指して~」という事で勉強させて頂きました。4月例会は4月18日(金)に親学のススメ ~この時代の親に求められているもの~として開催致します。親学というのは親が率先して成長し背中を子どもに見せる。親が変われば子どもが変わり、子どもが変われば未来が変わるという親学をこの地域に広めていきたいと思っています。ゲストとしてつるの剛士さんをお招きします。500名の定員ですがまだ若干空席がございますのでもし御興味のある方は是非ご参加を頂きたいと思います。5月はメディアの表と裏として公開例会を開催致します。リテラシーとは情報の読み書きの能力という事でリテラシー問題の重要性とリテラシーの高め方を説明させて頂きます。情報の取り扱いが変われば毎日の生活が変わる。情報を正しく読み解き行動する事が出来れば未来の日本が変わるという考えの元この事業を開催させて頂きます。5月25日(日)のお昼から西尾市文化会館小ホールで行います。よろしくお願い致します。9月は西尾市民との絆創造事業を2012年から5カ年計画の3年目として開催致します。僕たちの活動を地域に知って頂く、広めていく為には市民の皆様との絆が必要不可欠だという事で開催致します。今年度は地域の若手の団体の方と協力し立ち上げていきたいと思っております。10月は地域活性化事業を開催致します。市外の方を対象に西尾市に訪れて頂く事業を開催しようと思っております。この事業を通して西尾市の魅力、色々な見る物・食べる物・泊まる所を感じて頂き西尾にまた来たいと思って頂ける様、新しい西尾市の観光を生み出せる様しっかりと活動をして参りたいと思っております。
 JCは恩送りという言葉を非常に大切にしております。受けた恩を自分の後輩に返していくという事が非常に大切だとなっております。今後3年間、しっかりと先輩に頂いたご恩をお返しいていく活動をしていきたいと思います。

第1080回「1年の抱負と報告」

青年会議所の目的。「人が街を創り街が国を創る」いい言葉です。 修練・奉仕・友情が三信条 今年度のスローガン
1月は家族を招いて新年交礼会 4月18日は一色交流センターにで「親学のすすめ」で、つるの剛士が来るそうです。 5月は「情報化社会を生きる方法」と題して講演会。
今後の活動予定も盛りだくさん 幹事報告は長谷収一幹事 出席報告は大須賀慶一出席副委員長

その他

スマイルと会員誕生日のお祝い発表は齋藤喬甫君 4月誕生日の方々 ゴルフ部のお知らせは太田五九郎君
出席者全員で記念写真

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]