第1094回 「中国陶磁について」

開催日時 2014年8月8日(金)
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者陶芸家(真玉園 窯元・瀬戸RC会員)加藤孝爾君
ビジター三浦眞澄君 (西尾ロータリークラブ)
お客様
司会進行会場環境委員 杉浦正昭君

会長挨拶

 7月25日のガバナー補佐訪問に続きガバナー公式訪問と一連の公式行事が皆様のご協力に依りまして大過なく終えることが出来ました、改めて感謝申し上げます。今後は事業計画書通り実行して頂きたいと思います。

 それでは本日のゲスト及びビジターをご紹介させて頂きます。
ゲストは瀬戸RCから「加藤孝爾」君です。2年前にロータリークラブ友好交流活動として瀬戸ロータリークラブさんとの交流が有り、その時には色々お世話になりました。そしてビジターは西尾ロータリークラブ三浦眞澄君(女性)です、どうぞKIRARAの例会を楽しんで下さい。

 会長挨拶は「熱中症」について、炎天下のスポーツや高温、多湿の環境下において体温調節機能が低下することで発生します、症状は「めまい」「頭痛」「失神」「吐き気」「体温の上昇」があり屋内外を問わず発生します、「熱中症の予防」としては室内において扇風機、エアコンなどで温度が28℃を超えない様に温度調節する、外出時は日傘や帽子の着用で暑さを避ける、室内でも、外出時でもこまめに水分や塩分を補給する、高温多湿の環境の中で長く居ることで、体内の水分や塩分のバランスが崩れ体温調節機能が働かなくなり熱が籠った状況になります。

 <熱中症の応急対策>
1.涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせる。
2.扇風機、エアコン等でからだを冷やす。
3.スポーツドリンクのような水分や塩分を飲ませる。
以上「熱中症」についてお話しましたが、自分は大丈夫と思はないで症状が有った場合はすくに対処して下さい。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
58 20 37 1 80.43 100

スマイル委員会報告

【後藤利之会長】
・加藤孝爾様ようこそKIRARAへ二年前の交流事業では色々お世話になりました。本日の卓話楽しみにしています。

・メンバー有志にて「青森ねぶた祭り」に行ってきました、山車も素晴らしく又参加者と観衆が一体となってエンジョイしている光景に感動しました、「清さん、ありがとう。」

【鈴木善和幹事】
 海外出張の為、本日の例会を欠席させて頂きます。今後も時おり欠席することがあるかと思いますが、宜しくお願いします。

【山本裕充プログラム委員長】
 今日は陶芸家の加藤孝爾君ようこそKIRARAへ遠方の瀬戸よりお越し頂き瀬戸のPRも含めよろしくお願いします。

【三浦隆司副幹事】
 加藤さん、ようこそKIRARAへ、本日の卓話よろしくお願いします。

【小林 豊君】
 加藤さん、先日は名古屋にて食事会を楽しく過ごさせて頂き有難うございました、又都合がよければ近日中にやりましょう、こょうの卓話楽しみにしています。

【山本俊明君】
 八月末ごろ地区職業奉仕委員会に出席します、先ほど電車代を頂きましたのでスマイルします。

【長谷収一君】
 バースディ思い出新聞ありがとう、じっくり読んでみます。

 
 

【後藤利之会長】
・加藤孝爾様ようこそKIRARAへ二年前の交流事業では色々お世話になりました。本日の卓話楽しみにしています。

・メンバー有志にて「青森ねぶた祭り」に行ってきました、山車も素晴らしく又参加者と観衆が一体となってエンジョイしている光景に感動しました、「清さん、ありがとう。」

【鈴木善和幹事】
 海外出張の為、本日の例会を欠席させて頂きます。今後も時おり欠席することがあるかと思いますが、宜しくお願いします。

【山本裕充プログラム委員長】
 今日は陶芸家の加藤孝爾君ようこそKIRARAへ遠方の瀬戸よりお越し頂き瀬戸のPRも含めよろしくお願いします。

【三浦隆司副幹事】
 加藤さん、ようこそKIRARAへ、本日の卓話よろしくお願いします。

【小林 豊君】
 加藤さん、先日は名古屋にて食事会を楽しく過ごさせて頂き有難うございました、又都合がよければ近日中にやりましょう、今日の卓話楽しみにしています。

【山本俊明君】
 八月末ごろ地区職業奉仕委員会に出席します、先ほど電車代を頂きましたのでスマイルします。

【長谷収一君】
 バースディ思い出新聞ありがとう、じっくり読んでみます。

卓話

「中国陶磁について」(陶芸家(真玉園 窯元・瀬戸RC会員)加藤孝爾君)


とても親しみやすい瀬戸の陶芸家加藤さんです。

素晴らしい艶、お見事です。「ひとつ欲しいな~」

「瀬戸へ来て焼いてみませんか?」是非お待ちしています。
 私、お邪魔させて頂くのは2回目で、昨年の2月にうちのメンバーの温泉同好会の話だったと思います。当日は旧近衛邸に連れて行って頂きリラックスした雰囲気で楽しく過ごさせて頂きました。今日も感じた事ですが、クラブによって色々な取り回しの仕方があるという事、またこういう事は瀬戸でもやったら良いなと非常に新鮮な気持ちであります。

 今日は中国陶陶磁についてというテーマを挙げさせて頂きました。私は瀬戸の方で焼き物、陶芸をやっておりまして抹茶茶碗を始めとするお茶道具関係、食器を作っております。中国で確立されたその当時の釉薬を利用し、今の自分の感性や今に生きる者として作っております。自分の仕事を通して見た中国陶磁、その技法等の話をさせて頂きます。お茶の心得のある方や陶芸愛好家の方は 良く御存知だと思うのですが、一般的に良く知られているのが明・清の時代の染め付けや色絵がポピュラーですし、釉薬が掛けてある物の中では青磁がポピュラーではないかなと思います。

 中国の歴史の中でいきなりそれがポンと出来たのではなく、めんめんと続いた歴史の中である年代にそれが究極の形になったという経緯を辿っています。特に青磁は宋の時代の焼き物が完成されていてこれ以上の物は無いだろうという言われ方をされています。青磁を分類していきますと青みを帯びた青磁、砧青磁と言います。緑色からオリーブ色に輝く青磁を龍泉窯と言います。もう1つは釉薬の表面にカビが浮いた様な七官青磁という物があります。
 大きく分類しますとこの3つがありこれから影響を受けたり、試行錯誤したりした青磁類というのがおよそ70種類あるといわれています。青磁の色の出し方は木の灰を使って薬を作ったと思われます。天然の灰は西尾で焼き物をやる場合、西尾の土壌で育った木の灰を使うのでここの味が出ます。青磁も鉄分が若干含まれている様な灰・原料で作られたであろうと考えられます。微量の鉄分が入った焼き物を窯の中で焼くと鉄が反応して色を呈します。

 焼く時に金属を反応させなければいけないので、窯の中の酸素を一気に燃やし切って、酸素不足の状態にする還元焼成という方法と、十分な酸素を与えてどんどんと燃焼させる酸化焼成という方法があります。すごく大事なのは色や結晶を金属に寄って出すのに表面がガラス質になっていますが、そこに無数の小さな気泡が入っています。肉眼では見えませんが、この無数の気泡に光が通って屈折率が変わります。その作業が母体の鉄や銅の色をより鮮明にさせたり深みをもたせたりする相乗効果があります。

 そして後は経験に基づく勘が大事になってきます。同じ原料でも採る産地によって成分が随分違ってきますので、常に色合いを確認しております。青磁が皆さんに非常に愛される様になったのは数多くの名品が出たという事と極めて凛とした中にも柔らかみ、美しさが、奥ゆかしさがあるので皆様に好まれるのではないかと思います。

 瀬戸にいながらこういった中国陶器をやっているという事で、各地で個展等をやると瀬戸でこんな物もやっているのですか?という話もあるのですが、瀬戸焼きは瀬戸焼きで皆さんイメージを持ってみえますが、中国陶器をやっている訳ではないんです。たまたま中国の宋の時代の焼き物が大好きで厳し中にも色々差があり、美しい中にも別の角度から見ると妖艶な輝きがあったりと、自分が惚れ込む事によって、瀬戸で中国の手法を用いながら作陶をしております。現在その様な仕事をしております。また機会がありましたら瀬戸の方にお越し頂いて、うちの窯の方にも来て頂ければもっと別の角度からお話をさせて頂きたいと思います。

今週のトピックス ~会員有志で青森ねぶた祭へ~

 モォ~「ねぶた」いな~ KIRARAメンバー有志で「ねぶた祭り&ゴルフ」に行ってきました。
 本州最北端、青森の熱気と感動と色白の綺麗なお姉さま方、そしてとても旨い寿司屋さんや祭りを案内してくれた、清さんの友人夫婦には大変お世話になりました、最後までお付き合い頂きありがとうございました。「名幹事の清さん沢山の思い出ありがとうございました。」

青森で一番きれいなお姉さん「色白で見ていてドキドキ?」
可愛い子ちゃんにメロメロ「土産の鈴、全部買っちゃった!」 すごい「ド迫力!」40~50人でこの山車で二時間練り歩く
青森県、最北端に出現「栄養満点のたぬき三匹?」 北の初の夜行列車降りた時から~♪青森駅は暑かった~♪ 青森の夏泊ゴルフ場「北緯41度スコットランドの風が吹く」
それぞれ途中から行先の違うグランクラス 東北新幹線グランクラスで満足そうな太高純治君
キャビンアテンダントが用意した昼食「あ~いい匂い」

会員3分間卓話「私の履歴書」

 私の履歴書は私が現在携わっている株式会社エヌジェイエスと殆ど重なっている状態ですので、仕事を通じて今日迄の話をさせて頂きます。私は1946年、昭和21年終戦の翌年に、現在の西尾市楠村町で私は7人兄弟の6番目、男3人女4人の三男坊で生まれました。

 私の父母は韓国人です。生活の糧を得る為に知人を頼って西尾市、佐久島へ来たという事です。随分苦労をして私達7人を育ててくれたという事です。私は勉強をする事が嫌いでしたが、今の事業を兄二人が嫌い継がないという事になり、私が中学を出て1年電気工事店へ務めたのですが父が盛んにアプローチをしてきました。

 小学校の頃から豚屋をしておりましたが、その当時は飼料を買って豚に食べさせてたのでは利益がでないという事で、小学校5年生から中学卒業する位迄、リヤカーに樽を積み平坂の中畑に近い所から残飯を積み運んでいました。

 汚い事は子供の頃から経験してきましたし、他にする事もなかったのでこの仕事に携わる事になりました。丁度私が携わった頃、各自治体が糞尿をきちっと対応しなければならない一般廃棄物処理の法律が出来ました。

 畑にまいていたのが不要になってしまったという事で、非常に速いテンポで我々業者にくみ取りを依頼してくる様になりました。それに答えるべく我々も頑張りました。いかんせん取ってきた物を受け入れる場所が無く、最初のうちは農家の方が自分達が使っていた畑のカメに持っていきました。

 しかし直ぐに満タンになってしまうので大量に使ってくれる牧場や果樹園に持って行ったりもしました。丁度時間となってしまったのでこれで終わります。

久々の登壇?「シブイですねェ~」 「ウ~ン、何から話そうかな~」 三分じゃ話しきれない「もう少し聞きたかったなァ~」

<各委員会報告>

出席委員会報告「出席報告だけでは物足らないな~」 スマイルボックス報告「今日は報告だけでした。」 地区国際奉仕委員長会議報告、完璧な報告の野口君
中学校出前講師の募集、細川青少年委員長
「講師お願いします」

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]