第1096回 クラブフォーラム「会員増強・こんな手がある」

開催日時 2014年8月29日(金)
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 手に手つないで
卓話者
ビジター西尾一色ロータリークラブ 笠井保志君
お客様
司会進行会場環境委員長 岩瀬清彦君

会長挨拶

 皆さん今日は、夏の高校野球では大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じました、高校野球ではいろいろドラマが有りました、0対8からの逆転劇、内野手の一瞬の判断ミスによりサヨナラ負け、高校野球は筋書きのないドラマを見ているようで楽しみました。

 今日はゲスト及びビジターは、ゲストは「クラブフォーラム」で御座いません ビジターとして西尾一色クラブの笠井保志様です、8月は「会員増強、拡大月間」です、会員増強についてお話したいと思います、会員増強は組織を維持して行く為には必要不可欠であり、また会員の退会防止対策も必要となります。今日の「会員増強クラブフォーラム」では色々な意見交換をして増強に繋がったらいいと思います。

 今年度の重点目標として2名以上(上期1名、下期1名)の会員増を掲げ活動して参ります今、当クラブの年齢構成を見て見ますと60代~70代が88%、50代は10%、40代は2%となっております40代~50代のメンバーが12%と偏った年齢構成であり将来の当クラブ運営に支障が出てくると感じております50代以下のメンバーが入会することによって新しい考えや知識、情報が入手出来、クラブの活性化、財政基盤の強化、マンネリ化防止、年齢構成の平準化となます。

 会員増強は、メンバー一人ひとりが増強委員となり皆様が持っておられる情報や交友関係を利用して増強して行きたいと思っております皆さんのご協力、ご支援を期待しております。また、会員の増強も重要で有りますがメンバーが退会されることは非常に寂しい事です 退会の理由は色々ですが退会防止するためには会員の資質向上、クラブの魅力、求心力をつけ、有益な奉仕活動などを展開してメンバーに感動を体験することによりロータリークラブに入って良かったと思われるクラブ運営をして行くことが退会防止に繋がるのではないかと感じております。
 
 皆さん一人が一人候補者を推薦して頂ければ58名の候補者が出来ます、その候補者の1割が入会希望者が有れば5~6名の増員が出来ますので是非1名を推薦下さい、ご協力をお願いして会長挨拶とします。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
58 19 36   76.60 85.42

スマイル委員会報告

【後藤利之会長】
 今日は「会員増強、拡大月間」で会員増強についてのクラブフォーラムです。
この機会に会員増強について考えて頂きまして一人でも多く候補者の推薦して頂きまして会員を増やしましょう。

【鈴木善和幹事】
 本日は、会員増強委員会によるクラブフォーラムです。全員で会員勧誘の知恵を出し合いましょう。
伊藤委員長宜しくお願いします。

【杉田芳男君】
 炉端の会で、すっかり割り勘勝ちでした、「美酒、美女」をおいしく頂きました。

卓話

三分間会員卓話 「私の履歴書」( 柴川和義君 )


今日は何を話そうかなァ~余裕の食事です。

手も足も震えていない余裕のシャベクリ柴川君

「チ~ン♪」3分たってもまだ終わらない「もうチョット時間下さいィ~」
 ●私の履歴書(柴川和義)
 生まれた時から今迄、順調にきました。顔もまあまあだし、スタイルもだし、ニコニコしているし親にも恵まれ、奥さんにとても恵まれました。昭和22年10月29日、鳥山さんの借家で生まれました。親父は小学校を出てから本町の大黒屋呉服店に小僧をし、布団一つで来たのだから俺は裸一貫になっても何も悔いは無いと言っていましたが、その点私は小学校まで貧乏でした。今でも忘れません、中学3年生の時にクラスの会計をしており月謝を持っていけなくて、空の封筒を持っているだけで先生から会計なのになんで月謝を持って来ないんだと言われる位貧乏な時もありました。

 それを思って、子供だけはお金の苦労をさせたくないと思い一生懸命頑張りました。小学生の頃は体が弱く、8年目に出来た子なので大事にされたのか、1年生の時は盲腸で3ヶ月入院、2年か3年生の時に肺が真っ黒になってしまい、今でいうと結核でしょうか、また入院していました。今では元気にやっております。内の家系はみんな肺が悪く、女の筋は脳梗塞・脳卒中の筋です。皆さん親に似ると言われていますので親の病気を見ながら健康には十分注意して頂きたいと思います。

 中学の頃は勉強よりも良く遊びました。高校を出てから3年程小僧で出ました。その時も金の卵で、常滑の呉服屋さんで御主人よりも先に御飯を食べてしまうという、本当に順調で商売を始めた頃もバブル絶頂期で嫁入り道具が500万、300万という年間1億には届きませんでしたが、今はその頃の3分の1の売り上げで、息子は本当に苦労しています。皆さん頑張って下さい。

<クラブフォーラム> 「会員増強・こんな手がある」

 8月は「会員増強月間」、そこで今週の例会は会員増強委員会の担当によるクラブフォーラムが行われた。コーディネーターは伊藤則男増強委員長。パネラーには増強に関してはクラブ一の実績のある岩瀬一君、若手を代表して細川和好君(52才)、入会間もない杉浦加代君。テーマは「会員増強・こんな手がある」、はじめに地区委員会のビデオが10分ほど上映された。

このビデオをたたき台にパネラーの意見発表が行われた。3人のパネラーが発表を終わった時点で終了時間となり、聴衆する会員からの意見発表する時間がなく、やや消化不良気味の様子であった。

●クラブフォーラム(会員増強 伊藤)
 まず最初にビデオを見て頂きます。先日ガバナー補佐が来られた時に地区で会員増強の会議がありました。補佐の関係で出られませんでしたので堀田さんに代理で出て頂き、その時にお土産で頂いてきたDVDで、是非これを見て頂きたいという事ですので、クラブフォーラムの基調講演という形です。ざっくばらんで面白いですので是非皆さんこれを見て頂いて色々な意見を出して頂きたいと思います。

 会長の後藤さんより先程2名増強というお話がありましたが、増強の事に限らずクラブ全般の話も出てきますので見て頂きたいと思います。今、前に座って頂いた3人の方には前もってお話が頂ける様お願いがしてあります。今聞いて頂いた事を踏まえてこれからフランクに話を進めさせて頂きたいと思います。

それでは最初にベテランの岩瀬一さんお願いします。

◆岩瀬一
 まず、今のDVDは非常にくだらないですね。会員を増強するにああだ、こうだとあり得ません。僕は会員増強委員長をこの23年間で4~5回やっている様な気がします。その時に非常に思う事はDVDの中でもその通りだなと思った事ですが、このキララロータリーは58名ですが、一体何人が良いのか、その想定が理解出来ている様で出来ていないと思っています。

 委員長に任命された時はただ強い意志でそれを押し進め、ひたすらやるだけですが、実際キララロータリーは何人が良いのか、果たして40名位のが良いのではないかと思ったりします。私が会員増強に任命された時、自分を含めて代謝をしていかなくてはいけないと思います。

 ある程度引き継ぎをしていって頂けるメンバーに入って頂かなければいけない。ターゲットは30代、遅くても50前迄の人達に是非入会して頂こうという事でターゲットを絞りやっております。しかし会員増強を皆は真剣に考えているのか?これは考えてないと思います。その時に役を与えられて云々というだけで、本当に入れるべきなのか、それは凄く思います。

 よく面白ければ皆入って来る、魅力があれば入って来ると言われますが、直ぐ魅力を感じないとやめていってしまう。魅力という物は求める物ではなく自分がそこへ入って自分で魅力を見出す、魅力を作る物ではないのか。人に与えられて魅力があるから入る、嫌ならやめる。それがこの20数年間で7人増しかならない理由の中にあるかもしれません。

 最後に何人が良いのか、ただ闇雲に増強すれば良いのか、しなくてはならないのか。そこをはっきりした方が良いと思います。20人になっても良いんじゃないか。地区にしても運営が厳しいから会員増強と言っているのであって、当クラブのどの様な運営の仕方、何をしていくかによって会員のある程度のボリュームを見据えていった方が良いのではないかと思います。

 皆さんお手元に資料をお配りしてあります。現キララの職業分類一覧表です。大分類は54項目、小分類は131あります。73が未充点となっています。西尾ロータリーさんでは多分もっとそれが絞り込みをしてあります。こういう分野の人に声を掛けようという事がクラブとして戦略的になされています。という事で今年はこれもチェックをしなければいけないかなと思っております。

次に細川さんには若手世代の観点からコメントをお願いします。

◆細川和好
 若手と言われましたが52というと世間では先が見えている世代で、その世代から見た場合にどうかという話ですが、私なりに増強出来ればと思いまして、私の分類はビジネスサービス関係で税理士や行政書士さんとお会いする事が多いのですがそういう人に例えばロータリークラブはと話をふったりすると、ビジネスサービスの分類の人は凄く計算高いので、まず僕にとってのメリットは何?と要求されます。

 それを金銭等で評価されてしまうと難しいので、このクラブに入って面白く感じるという事に価値を見出してもらえる人でないとなかなか勧誘をしても振り向いてもらえないだろうし、無理に入ってもらっても続かないだろうと思っております。私よりももう少し若い世代、今の40代の方ですと会社を経営されている方では会社の規模が小さいとプレイングマネージャー、経営者であると同時に現場で働かなくてはいけないという方々もいらっしゃり、そういう方々をお誘いするのもここに凄く魅力を感じられる様な方でなければなかなか難しいかなと感じます。

 また候補者を集めるという事で若い世代というとJC青年会議所、西尾商工会議所、商工会だと青年部等の他団体からの勧誘という事も当然考えるべきだと思うのですが、西尾市では西尾ロータリークラブさんとそのルートはしっかり出来てしまっています。

 地区へ行くとインターアクト・ローターアクトの線から言いますとジュニアの時代からの学友を育てて成長した時にその中からロータリークラブに引っ張っていきましょうとある種の理想論として語られていますがなかなかそこ迄の組織を作る事は西尾キララロータリークラブとしては今日・明日という訳にも出来ませんし、なかなか難しいのかなと思います。

 それ位増強というのは厳しく大変だという事になります。先程のビデオにもありましたが同好会関係、例えば西尾キララロータリークラブに入っているとこういう事をしていて面白いよという事がアピール出来ればそういうラインから入会して下さる方もいらっしゃるのかなと期待しております。

 それでは最後に加代さんよろしくお願いします。

◆杉浦加代
 私は4年位前に自分の所で集まってやって下さってた方がキララロータリーの方だったという事で、なんて素晴らしい人達だと思い私も行ってみたいなと思っていました。しばらく何も無く過ぎてしまったのですが、その後入りたいという事をお伝えしたら増強の時と重なり入会する事になりました。

 入った時に知っている方は4~5人だったのですが、周りの方が本当に良い人ばかりで紅一点で皆さんに大事にされてありがたく感じております。何もかもがきちっとしてるばかりではなく、ちょっとはみ出る所があり、そこが良いのではないかなと思っております。クラブの中で楽しく出来るという事は凄く良い事だと思っています。それがボランティアにしても色々な所へ声掛けが出来るのではないかと思います。

 主婦の方も良いんではないかという事であたる所があったら少し声掛けでもしてみようかという気持ちは山程ありますが、その一声がなかなか出ないというのが本音です。私も頑張って探していき、少しでも増員をと思っております。

 時間があればメンバーの皆さんから、特に比較的最近入られた方を中心にしてご意見を頂きたいと思っていましたが、時間の都合で無理となってしまいました。今日は言いっぱなし放題のクラブフォーラムという事ですがその中にも貴重な意見がいくつか入っていたと思います。

 一さんが言われた中で、キララを作る時に一種の合い言葉みたいな物「キララらしさ」という所があった様な気がします。そういう様な物も含めて会員増強の次なる手を考えて皆さんと色々御相談させて頂きながら絞り込みをさせて頂きたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

伊藤則男会員増強委員長 恵比寿RC石井氏のビデオ ビデオに見入る会員達
このビデオは「非常につまらん!」と喝を入れる岩瀬一君 40,50代はプレーイングマネージャー、この会の魅力とは? クラブメンバーの素晴らしい人達が気に入って入会!
何人のクラブ員が必要か?「もっとキララらしさを!」 会のメリット、魅力とは?「そんなことは自分で考えろ!」 三名のパネラーの意見をまとめる伊藤則男増強委員長

<幹事報告とビジター紹介>

<いつも幹事報告を楽しんでいる鈴木善和君です>今日はメイキャップに一色RC笠井保志さん「弁当を食べて満足そう」KIRARAのメンバー見たいですネ?

鈴木幹事より海外派遣寄付金のお礼のクッキーの紹介 西尾一色RC笠井保志君、最後までクラブフォーラムに参加

<各部会報告>

『ロータリーライフが増々楽しい遊びの企画です。』

ゴルフ部10/2五本競技と11/24ガバナー補佐杯の案内 野口君10/17西尾文化会館で「魅惑のフラメンコ」紹介 松寿司の昼食和風弁当「頂きます」「あ~美味しかった」

<各委員会報告>

『魅力のある企画とメンバーの楽しい報告ありがとう!』会長より

岩瀬清彦会場環境委員長が代理で出席報告 加代君いつも明るいスマイル報告「女性が好いですねェ」 クラブ奉仕より第1100回記念例会で交通安全教室9/27開催

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]