第1099回 「肉のあれこれ」 石川勝彦氏

開催日時 2014年9月19日(金) 12:30~13:30
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者(株)石川屋 相談役 石川勝彦氏(半田南RC) 
お客様
司会進行高須 匀君

会長挨拶

 朝夕めっきりと冷えてまいりました。季節の変化が大きくなり、体調を崩さないよう頑張りましょう。先日、会議所の「チャリティー親睦ゴルフ」が西尾GCで開催されクラブから20数名参加し、親睦を深めて参りました。杉田会頭の粋な計らいで?ハンデキャップを多く頂き上位入賞出来ました、杉田君ありがとう。

 ゲスト及びビジターの紹介いたします。(株)石川屋相談役の石川勝彦様です、石川様は半田南RCの会員であり2760地区の会員増強委員長でもあられます。先日、半田南RCのオータリーデーに参加させて頂きました。楽しく過ごすことが出来、ありがとうございました。今日は「肉のあれこれ」について卓話おおねがいします。

 来週9月21日~9月30日まで「秋の全国安全運動」が実施されます。愛知県では悲惨な交通事故があとを絶たず交通事故死が11年連続でワースト1になっております。今回のテーマとしては「子供と高齢者の交通事故防止」です。当クラブでは今年度のメイン事業であります。交通安全教室を27日に西尾KIRARAロータリーデーとして地域の住民と一緒になって「交通事故防止、子供と高齢者の事故防止」外国人への交通ルール対策でクラブ奉仕委員会を中心に青少年、社会奉仕、国際奉仕の各委員会担当にて交通教室を西尾自動車学校にて実施いたします。

 当日は皆様にご協力をお願いして行きたいと思っております、よろしくこの「交通教室が交通事故防止」になることを期待しております。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
58 31 44   86.27  

スマイル委員会報告

【後藤利之会長】
 石川勝男様ようこそKIRARAへ半田南ロータリーのロタリーデーに参加させて頂き楽しい一刻を過ごしました。今日の卓話を楽しみにしています。

【鈴木善和幹事】
 海外出張で多くの国を訪問し、色々な肉を食べさせられました。シマ馬、野兎、鹿、鳩はそこそこ、犬とヘビは二度と食べたくありません日本人は意外とまともな肉を食べていると感じました。今日は石川様より興味ある肉の話楽しみにしています。

【岡田義雄君】
 昨日やっと”オジイさん”の仲間入りが出来ました。娘が難産だったせいかそれとも私が年のせいか初孫誕生の知らせに”ルイセン”がゆるんでしまいました。

【山本裕充君】
 半田南ロータリーの石川様今日はようこそKIRARAロータリーへお越し頂きありがとうございます。お肉の話を色々お願いします。営業していって下さい楽しみにしています。

【小林 豊君】
 石川様、先日はバーベキュー例会に参加させて頂き、おいしく、楽しく過ごさせて頂きました有難うございました。今日の卓話楽しみにしています。

卓話

「肉のあれこれ」((株)石川屋相談役・半田南RC会員 石川勝彦氏)


スピーカー紹介は山本プログラム委員長
 記憶に残る言葉を一言、川端康成の「トンネルを抜けるとそこは雪国であった」という一節がありますが、「トンネルを抜けるとそこは肉屋だった」皆さん今日の記憶に残って頂けると嬉しく思います。

 あそこへ移動して20年になります。その前は半田市役所の近くだったり、名鉄の成岩駅の近くでやっておりました。今日はお肉の雑談をさせて頂きながら、これからお肉をより美味しく食べて頂き健康の為に沢山お肉を食べて頂く事に繋がれば良いのではないのかと思っております。

 私共は今年で84年になります。私は59歳で社長を降りました。24歳の時に会社組織にしてから代表取締役に就いていたのですが、15歳の時から仕事をやっていたので息子に譲り、直接の会社業務には8年程携わっておりません。我々の頃は肉は薄切り文化でした。最近は薄切り文化から焼き肉文化へと時代と共に変化をしております。昔の肉を使ったご馳走はすきやきだったと思いますが、今はバーベキューというのが一般的です。よく美味しいお肉はどんなのですかと聞かれます。これは個体の差になります。美味しいお肉というのは牛・豚・鳥でも美味しい1頭の個体はどこを食べても美味しいです。

 固い・柔らかい、油が有る・無いという違いがありますが基本的な味は一緒です。ホテルに例えると良く解りますが、3流のホテルの一番良い部屋を取るよりも1流のホテルの一番安い部屋を取れば、ロビー・味・サービスは1流なんです。ですから個体の差で味が良ければ全て味が良いという事です。和牛と国産牛の違いですが、これは私共の責任なんですが殆ど理解されていません。

 和牛というのは日本古来の厳密的には黒毛和牛と言い、国産牛というのは乳牛や乳牛との混雑、お父さんが和牛、お母さんが乳牛というのが国産牛と言われそれが理解されないまま来ておりますので、その違いを御理解頂きたいと思います。銘柄牛、この辺りでは松坂牛ですが、昔から神戸牛、近江牛、松坂牛というのが三大和牛と言われ、最近では米沢牛等色々出て来ていますが基本的にはこの三大和牛の事を言います。私も色々食べておりますがこの三和牛は本物の味がし、伝統的な品風が美味しさに出ている感じがします。

 私共は知多牛と知多豚という物を中心に取り扱っています。地産地消と言いますが知産知消、愛知県の知、知多半島の知という事で愛知県の物にこだわっています。安全という事も大事ですが安心感という物、生産者の顔が見えるという事が一番大事な事かと思い取り組んでおります。

 愛知県には14ヶ所屠畜場があったのですが、O157が流行してから、屠畜場の衛生管理をしないといけなくなり殆どをやめてしまいました。現在現存している屠畜場は名古屋、豊橋、半田の3カ所になりました。名古屋は名古屋市、豊橋は第三セクターで運営しており、半田は食肉事業協同組合が管理運営しており、10年前から完全に民間に運営を委託し私共組合で経営しております。

 そして2年程前から私がそちらの管理運営をさせて頂いております。お陰さまで行政の協力も頂きながら黒字経営でおりますし、近くにそういう施設があるという事は地域の人により新鮮な物をお届け出来るという事で地域に対する貢献が出来るのではないかなと思っております。

 皆さんはご幼少の頃家庭ですき焼きと言ったら何の肉でしたか?豚肉ではなかったでしょうか。肉の文化の関西・関東の境目は尾張の国と三河の国なんです。三河でも北部、岡崎・豊田辺りは牛肉文化ですが、南部・豊橋方面の肉文化は関東となり極端に違います。関東と関西の境目は衣浦トンネルを渡ると変わると私が勝手に称えています。

 お肉は本来常温に戻してから焼かないと上手に焼けません。予約を取るお店はお客様がおみえになる何時間も前から常温に戻してから焼いています。皆様方の家庭でも肉は先に冷蔵庫から出しておかないといけないと奥様にアドバイスをして頂けると美味しい肉がより美味しく食べれると思います。またお肉は牛肉ですとマイナス20℃位なら3年位保存が大丈夫です。保存性はかなり高い食品となっています。
 
 私共は丁度33年前に土日だけやるお肉屋さんを始めました。東海地区でうちが最初に始めたのですが、その後全国にこの形態が1,000店舗位出来ました。しかし今、私が知る限りではうちだけになりました。やっぱり肉にこだわってきたから良かったと思います。ここ4~5年でコンビニの跡地で土日のみ営業するお店を始めました。また行く機会がございましたらお寄り下さい。

 人と同じ事をやっていたら生き残れないと思っております。肉にこだわって仕事が出来たという事は幸せだなと思っております。肉の事については日本一知っていると思い込んでおりますので皆さん方からご質問頂ければお答えしていきたいと思っておりますし色々な形でご利用頂ければ有り難いなと思います。昨年・今年とロータリークラブのバーベキューにお越し頂きましたけれど来年もご案内がなくとも御参加頂ければ楽しい一時を一緒に過ごせるのではないのかなと思っております。

<今週のトピックス> 地理研同好会 活動レポート

 9月7・8日の両日にかけて、地理研メンバーと有志のお二人を加えて、飛騨路へ秋の散策へ行ってまいりました。

 メンバーは堀田義之、辻村義之、杉田芳男、三浦隆司、石川逸大、石山進の6名、当日2日間はぬけるような秋晴れのもと、ゆったり温泉に浸かり、美味しいお酒とお料理に舌鼓を打ち、日頃の仕事の疲れを癒してまいりました。是非、次回は皆様もご参加下さい。




ひるがの高原サービスエリアで大日岳をバックに 荘川高原の宿で、あいやさんのとびきりのお抹茶を一服。 白川郷展望台よりの美しい白川郷の光景
荘川古民家公園で江戸時代の庄屋さんの建物 素晴らしいお蕎麦屋さん前にて、地酒と山菜天ぷらに手打ち蕎麦で大満足。

会員3分卓話 「私の履歴書」 石川勝雄君

 私はこの10年位ライフワークの様にしているのがコーラスです。実は以前そのコーラスは興味は無く、好きでもなかったので1人であちらこちらの発表会やコンクールに出ていました。その基礎的な事を勉強したくてたまたまボイストレーニングを受けたいと申し込んで行ったら、そこに先生だけではなく3人のコーラスメンバーがいました。

 そこでトレーニングというよりも3人で歌う事が始まってしまいました。そしていつの間にかそのメンバーの1人になっていたんです。4人のメンバーの1人が病気になってしまい、たまたまそこへ声の高さ的にも年齢的にも当てはまる私が表れたという事でした。

 最初は技術的には全然話にならなかったと思いますが、そんな風に1人で歌う事しか知らなかった私ですが、カルテットはパートパ―トで歌うコーラスでしたのですんなり入る事が出来ました。しかし私には演歌の小節の癖がなかなか抜けなく、仲間に迷惑をかけていました。

 4~5年位経ち、勉強の為に他所の合唱団に入れてもらおうとコーラスに入りました。大勢で歌うコーラスはまた違った面白さがあります。皆の声が自分の中で反響します。何とも言えない心地です。是非皆さん合唱・コーラスを一度味わって頂きたいと思います。

最初はボイストレーニングで知り合った三人のコーラス部 皆さん大声で歌うコーラスは気持ち良いので癖になりますョ? 市川君、だいぶお疲れの様子、「加代さ~ん支えてエ~」

各委員会報告

出席報告「杉浦、高須君元気ですか?」代理の里野泰則君 スマイル報告「個性的存在」笑の石川逸大君 地区広報・雑誌委員長会議、報告の斉藤委員長
「交通安全教室」各委員会の皆さんで協力御願いします!

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]