第1131回 クラブフォーラム 「5大奉仕委員会報告」

開催日時 2015年5月29日(金)
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 手に手つないで
卓話者クラブフォーラム
ビジターなし
お客様
司会進行杉浦正昭君

会長挨拶

 
真夏のような日々が続いており厳しい暑さで「熱中症」にならない様に適度な運動、睡眠を取り水分補給をして体調管理に注意して下さい。では、今日のゲスト及びビジターの紹介をします。

 今日はクラブフォーラムの「5大奉仕委員会の報告会」であります。5大奉仕委員長の「今年度実施した事業の検証や報告等」発表して頂きますよろしくお願いします、ビジターは有りません。26日に今年度最後の「西三河分区の会長幹事会」が刈谷にて開催されました。参加メンバーは晴れ晴れとした顔で口々にあと1ヵ月で任期が終わるので楽しいとの事でした。

 知立RCではブラジルサンパウロで開催される世界大会へ参加されハワイでホームの例会場との間で2元中継される例会を設定しているとのことで皆さんの関心を集めておりました。ガバナー補佐から一年間の協力に感謝するとの言葉が有り12日開催された次年度幹事、事務局連絡会の席では次年度幹事の皆さんは不安や心配の理由にて緊張されていたが今年度幹事は任期があとわずかで終わるので晴れやかな顔で次年度幹事とは対照的であったと言っておられました。

 今日の会長幹事会は一年間のクラブの職務遂行、分区地区への協力に感謝し西三河分区を盛り上げて行こうとの事でした。任期もあと1ヶ月となりましたが皆様の協力をお願いします。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
58 31 40   78.43 100

クラブ奉仕委員会(中根勝美委員長)


 ●交通安全教室について

 この事業を実施した理由は、国際ロータリー財団で地域社会のニーズに対応した奉仕活動を実施するロータリークラブに対し補助金を交付する制度があったからです。

 2014ー15年度の後藤会長、鈴木幹事を中心に役員・理事がこの事業を選んだのは、悲惨な交通死亡事故撲滅は国民、人類の祈願であるという思いと現実は乖離しており、特に愛知県は13年間交通死亡事故ワースト1という事態になっているので、これを汚名返上したいという事からこの事業を取り上げさせて頂きました。

 参加者はメンバー45名、西尾警察署、報道関係等10名を受け、185名で行われました。なおこの中には、西尾自動車学校関係者は含まれておりません。

 経費は70万5千円余使わせて頂きました。地区補助金が23万5千円余、キララの基金を30万、社会奉仕委員会から5万円、青少年奉仕委員会から5万円、国際奉仕委員会から6万9千円余を出して頂き実施されました。

 昭和45年の交通死亡事故は16,765名が亡くなられておりますが、昨年は4,113名と減ってきております。私共がこれを行ったお陰で、ワースト1を返上しております。

 西尾市においては今年になり4名の方が亡くなっており、昨年よりプラス2名となっております。という事で、このロータリーの交通安全教室は成功裏に終ったと思っております。


職業奉仕委員会(山本俊明委員長)


 10月が職業奉仕月間です。ロータリーの友を3年分程遡り職業奉仕について勉強して参りました。

 職業奉仕は自らの職業を通じ、各企業において地域社会に奉仕出来る様な人間性の価値を深められたらと思い、経営コンサルタントの講師卓話は3週連続で行いました。80%台の出席率が確保出来ました。ありがとうございました。


国際奉仕委員会(野口要一委員長)


 愛知県は交通死亡事故ワースト1という不名誉を長く更新しております。近年外国人の事故が増えてきております。そこでこの地域に住む外国人を対象として開催を致しました。

 西尾市国際交流協会、西尾市外国人との共生を考える会、市役所の地域振興部で把握をしている在日外国人の皆さんの参加を頂きました。事故をなくす為に日本の交通規則について勉強して頂くという事で、自動車学校の先生に教えて頂きました。そして応急救護措置、AEDの使い方の体験をして頂きました。

 事故を起こした時の後始末の為に日本の自動車保険について、我がクラブの長谷さんから外国人に解りやすい様に話をして頂きました。

 他国では日本の様に車検や保険がないという事で、他地区でも事故が多発しております。参加者が日本語の解る方ばかりでなく、通訳の方をお願いし授業をして頂きました。これで少しでも事故が減少する事を願っております。


青少年奉仕委員会(細川和好委員長)

 
 交通安全教室を受講して頂いたのは、ながら幼稚園の年長組の園児とその保護者で、合わせて80人以上の方に参加をして頂きました。

 お子さんには自動車学校さんからお子さん向けのビデオを鑑賞して頂き、親御さんにはチャイルドシートの取付け方の実地をして頂きました。最後に高齢者と手をつないで横断歩道を歩く事も行いました。

 お子さんは既に園で交通安全教育を受けているので、改めてお子さんへの指導は必要無いのかなと感じましたが、親御さんの方が大事な機会だったと感じました。

 今回チャイルドシートの実装率が低いのではないか、子供を乗せていてもスマホを見ながらのながら運転も見受けられますので、今一度親御さんに交通安全の意識を高めて頂きたいと実感しました。


社会奉仕委員会 (榊原利夫委員長)


 私共は高齢者を対象にした交通安全教室を実施しました。今回は西尾市老人クラブ連合会から30名の方に御協力を頂き、実車による急ブレーキ、急ハンドルの体験をして頂きました。

 この急ブレーキ・急ハンドルは予防能力の低下、防衛反応の低下を持って体験して頂きました。これも今後の交通安全の意識高揚に繋がったと感じております。

 高齢者の事故は頻繁に発生しておりますので、その面では良い機会であったと思っております。


各委員会報告

出席報告:杉浦委員 スマイル:酒井委員長 会員誕生日:榊原 章君
結婚記念日:杉浦義利君 環境保全:大須賀委員長 後藤会長挨拶
鈴木幹事報告

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]