第1140回 クラブフォーラム「会員増強」

開催日時 2015年8月7日 金曜日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 奉仕の理想
卓話者
ビジター
お客様
司会進行柴川 和義君

会長挨拶


 こんにちは。今日は大須賀さんのバラが飾られて、一気に雰囲気が良くなりました。会場環境の皆さん、ありがとうございます。

 昨日は、広島に原爆が落とされた日です。あさっては、長崎に原爆が落とされた日です。二つの原爆について話をします。広島に原爆を落としたB29は、エノラゲイといいます。機長の母親の名前です。長崎のB29の名は、ボックスカーといいます。本来の機長の名がボックだったのでボックの車という意味の駄洒落でボックスカー(有蓋貨車)とつけたそうです。

 広島に落とされた原爆は、ウラン235を使っています。長崎のものはプルトニウムです。広島型の構造は単純でウラン235を50キロ使っていますが、半分の25キロづつを爆弾の両端に分け、爆薬でその二つが合わさると臨界に達して、核爆発が起こるというものです。簡単なので実験も行われませんでした。長崎型は構造が複雑なため、米国の砂漠で事前に実験が行われました。

 原爆投下の目標は、一番目が広島、次が小倉、長崎、新潟の順とされていました。長崎の原爆は、本来小倉に落とされるはずでした。しかし、広島の経験から数機の爆撃機の来襲を、四国で確認し、飛来を予想した八幡製鉄所ではコールタールを焼いて煙幕にしていました。そのためか、ボックスカーは、3度小倉への投下を試みましたが、視認ができずに失敗し、あきらめて、次の目標の長崎に落とすことになったそうです。

 ところで、広島型原爆はウラン235を50キロ使っていますが、核分裂反応を起こしたのは1キロほどです。そして実際に質量がエネルギーに変換されたのはわずか0.68グラムだそうです。アインシュタインの相対性理論のE= MC^2に表わされるように、質量とエネルギーは元は同じもので、エネルギーは質量に光速の2乗をかけたものに変換されるわけです。これは、体重68キロの人をすべてエネルギーに変換できるとすると、広島型原爆10万発分のエネルギーになることになります。

 このように私たちは、大変なエネルギーをかけて作られたとも言えます。それでも、宇宙全体から見れば、物質は宇宙の質量の5%にすぎません。25%はダークマター(暗黒物質)、70%はダークエネルギーと言われており、それが何かはまだわかっていません。


出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
57 35 38   82.61  

スマイル委員会報告

[磯貝総一郎会長]
二宮会員増強委員長 今日はクラブフォーラムよろしくお願いします。

[三浦隆司幹事]
本日は「会員増強について」クラブフォーラム、楽しいクラブになるように実りある討論お願いします。

[大山勝男君]
昨日名鉄グランドホテルにて情報委員長・研修リーダー会議に中根会長エレクト様と参加して参りました。
本来ならば会議報告を私がしなければいけないのに、中根会長エレクト様にお願い致しました。宜しくお願い致します。

[二宮誠二 会員増強委員長]
今月は会員増強月間です。本日のクラブフォーラムよろしくお願いします。

[鈴木正司君]
句会受賞、それでも同好会には入りません。

[犬塚万弘 スマイルボックス委員長]
新年度1か月が立ち毎日暑い日が続いておりますがスマイル委員会として頑張っております。皆様今後ともよろしくお願い致します。本日スマイルを頂いた方には、大須賀君のご厚意によりバラの花のプレゼントがありますのでお持ち帰りください。これは本日のみですのでよろしく。

卓話

 クラブフォーラム テーマ「会員増強」 (主幹:会員増強委員会)


第1G:若手をふやすには

第2G:女性会員を増やすには

第3G:退会防止

第1G発表:鈴木正司君

第2G発表:中根勝美君

第3G発表:大須賀慶一君
 今週の例会プログラムはクラブフォーラム、主幹は会員増強委員会。二宮委員長による当クラブの「現状分析」から始まり、それを踏まえて三つのグループに分けられ、それぞれのグループが別々のテーマでディスカッションされ、それぞれのグループ代表者がその内容を発表した。

【マイクラブの現状分析】:二宮増強委員長

 現在の西尾KIRARAロータリークラブの現況ですが、平均年齢は65.36歳、70歳代が21%、60歳代が67%で80%が60歳以上です。今年は25周年ですが30周年になると70代が90%に近づく、老齢化の最も進んだクラブなってしまうんではないか。非常に居心地の良い、ぬるま湯の中にいる様な良いクラブですから30周年の時は会員が減ってしまうのではないかという危惧をしております。

 この3年間皆さんに会員増強に努力をして頂いたのですが、2012-13は純増はゼロ。13-14もゼロ。14年は1人減ってしまいました。このまま放っておくと会員数はどんどん減っていくというのが現状だと思います。やはり将来を見据えた会員増強に務めなければならないのではないか。50代位迄の若手、また加代さん以外にも華があっても良いのではというこの2点でなんとか1人でも純増が出来たらと思っております。

今日は第1グループに「若手会員を増やすには」どうしたら良いか。第2グループに「女性会員を増やすには」どうしたら良いか。第3グループに「退会防止」魅力あるクラブ作りをして退会防止をするにはどうしたら良いかを各リーダーさんを中心にして今から20分弱位討議をして頂き、リーダーさんに2分位で出して頂きたいと思います。

 そして委員会でまとめをしたいと思います。クラブを正しく理解をして実践をして展開をし、クラブの将来を全員で考えて頂き今から討議に移って頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

 時間が来ましたので討議の方は終了致します。それでは第1グループからまとめをお願い致します。

【第1グループ発表「若手会員を増やすには」:鈴木正司君】

 今、ロータリーが抱えている一番の根幹の問題が増強だと思います。世界的に見ればポリオプラスやそういう活動に対する資源が少しずつ減っているとか、日本の米山の奨学生の人数がお金が足りなくて減って来ている状況が生まれています。そしてうちのクラブでも老齢化が感じられています。それには若手を入れなければ行く末が見えて来てしまうだろうと思います。

 今、当クラブ一番若いのが神谷君ですが、彼の知り合いも含めてそれ位の年代を4~5人、何としてでも集めてくるという事を核にしていけば同じ様な年代の人が入りやすくなるのではないだろうか。その辺はどうしても頑張らなければならないポイントだという話も出ています。

 またJCとの繋がりがここの所途絶えているので、そのきっかけを掴む手立てが必要だという話も出ていましたし、もっと根幹に西尾キララロータリークラブに魅力が無いから若手が入って来ないのではないかという見方も出来るのではないかと思います。言葉としては出てきますが、毎年問題になっている具体的な行動を会員増強だけにぶつけるのではなく、皆さんが一人一人意識を持って頂けたら多少なりとも変化が生まれてくるのではないかと思っております。

【第2グループ発表「女性会員を増やすには」:中根勝美君】

 増強委員に任せているというのが逃げているという状況になっているのですが、まずターゲットをどこに置くかという事です。女性会員で入って頂ける可能性のある方の名簿を作らなければいけないのではないのだろうか。

 商工会議所の代表者の名簿、法人会の名簿、JCの名簿等を集めて、まずはターゲットを決める事が一番ではないかという意見が出されました。またキララメンバーの素顔がわかる様な活動をして欲しい。加代さんが入られたのも知り合いでキララロータリーで良い裾野があったから入ったという事ですので、皆さんも行動には気を付けて頂きたいと思います。

 また例会を見にきて頂ける事が出来ないか。そうした場合女性が楽しめる例会に招待したらどうかという話も出ました。1人では出来ないものですから、皆でやって頂きたいと思います。

【第3グループ発表「退会防止」:大須賀慶一君】

 退会防止という事で、現況キララロータリークラブに入会してみえる皆さんが楽しくここに来れる様になれば退会をしないだろう。それをするにはどうしたら良いかという事で、このメンバーの中でもお休みの多い方、皆さんで声掛けをして出てきてもらえる様にする事も一つの方法ではないかという意見が出ました。

 今の各同好会も沢山出来ていますので、この同好会がより楽しく活動する事によってロータリーの活動も並行して良くなると思います。究極の意見として、退会をする場合は自分の代わりとなる優秀なロータリアンを推薦をして交代をしていって頂くという意見も出ました。

【まとめ:二宮増強委員長】

 各グループの方、大変熱心な討議をして頂きありがとうございました。大変参考になりました。なにせ私共は私と大高君の二人だけの委員会です。なかなか会員増強という事もままならないと思います。先程から大変心強く、皆さん全員で心掛けて活動して頂けるという強い応援の言葉を聞き、ちょっと安心を致しました。

 昨年度からの持ち越しの名簿を頂いておりますので、それを活用しながら、皆様方の新しい情報を我々の委員会の方へ寄せて頂ければ、二人でコツコツと増員出来る様に頑張っていきたいと思います。キララロータリーというのは本当に楽しい魅力あるクラブだと思っております。それは我々の年代が楽しいのであって、新しい人が入って来たら本当に楽しいクラブなのかという事、体力的な差も大きくなってきます。

 また70代になると後継者とどの様に交代するかという事も大分難しい事案だと思いますので、今後5年間のキララロータリーの大きな課題だろうと思っております。このクラブフォーラム、皆さんのお陰で何とか終る事が出来ました。大変ありがとうございました。


その他の委員会報告

斉藤君の出席委員会報告 犬塚君のスマイルボックス委員会報告 8月の誕生日のみなさん
野口くん炉端会の案内 ロータリー情報委員長リーダー会議報告
中根会長エレクト
クラブフォーラム会員増強について説明をする二宮委員長

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]