第1148回 テーマ「米山奨学事業について」

開催日時 2015年10月9日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者地区米山奨学委員会アドバイザー: 伊藤敦夫君 (豊田中R.C.)
お客様
司会進行野口要二君

会長挨拶

皆さんこんにちは。今日のスピーカーは、昨年まで地区米山奨学委員会委員長をやっていた、豊田中RCの伊藤敦夫さんです。きょうの卓話よろしくお願いします。

 数日前、大高敏睦君が、入院して慢性硬膜下血腫の除去手術を受けました。90CC血を抜いたそうです。西尾病院の555号室に13日か14日まで入院の予定です。今月中は安静のためロータリーは欠席とのことです。本人がみんなに報告してくれということですので、皆さんの顔が見たいのだと思います。できれば顔を出してあげてください。

 先日の日曜日ですが、市民音楽祭に行ってきました。我等がKIRARA合唱部の皆さんが8番目に出演しました。6年前とは見違えるほど上手になっていてびっくりしました。出演した中で一番良かったと思います。目立った人はいないのですが、男性と女性のバランスがよく、これは、きちんと先生に指導を受けているからだと思いました。

好きな人同士で勝手にやっていたらこうは出来ないと思います。特に最後の、レミゼラブルの中の「民衆の歌」は編曲が素晴らしく、メンバー構成に合わせて作られていました。来週は例会での発表を楽しみにしています。かなりハードルを上げてしまいましたね。

 さて、今週は、大村教授、梶田教授と相次いで日本人がノーベル賞を受賞しました。この頃は毎年のように日本人が受賞してすごいですね。ノーベル賞がどうしてできたかは皆さんご存知と思いますが、ノーベルはダイナマイトを発明した人です。
実は、そのノーベルのお兄さんが死んだとき、本人と間違えた新聞が「死の商人、死す。」という大見出しで記事を書きました。それを見たノーベルは、自分がそんな風に見られていることを知り、遺言を書き換え、ノーベル賞ができたのです。

ノーベル賞を3度受賞している人もいるそうですが、一番すごいと思うのは、マリ・キュリー夫人です。
本人は物理学賞と化学賞の2度もらっていますが、ご主人も1度もらっています。また、娘と娘婿ももらっています。一家4人で五度のノーベル賞です。しかし、今ではそんなことは難しいです。

スーパーカミオカンデでは100人の職員が24時間体制で観測しているそうですが、私の息子も、京大の宇宙物理学の研究室にいるんですが、観測している変光星に異変があると、寝ずの番で睡眠時間2時間が1週間くらい続くそうです。これからのノーベル賞は、国の支援が必要だと思います。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
57 35 39   82.98 100

スマイル委員会報告

[豊田RC 伊藤敦夫君]
本日講師を務めます。宜しくお願いします

[磯貝総一郎会長]
伊藤敦夫さまようこそKIRARAへ。今日は米山梅吉についても教えてください。

[三浦隆司幹事]
伊藤さま、米山小学事業についての話楽しみにしていました。勉強させて頂きます

[大山勝男君]
広報雑誌委員会です。この度ロータリーの友表紙写真応募致しましたところ、大高純治君の作品「ダンス祭イン西尾」が見事採用していただくことが決定いたしました。KIRARA創立以来のうれしいニュースです。写真のみならず、俳句、卓話の泉等あかんでもともとの気持ちで応募しましょう

[辻村義之君]
テーブルに新聞ありました。青少年奉仕委員会さんいろいろご準備有難うございます。会員の皆さん一緒に小笠原諸島に行きましょう。

[高須 均君]
地区米山記念小学委員会の伊藤敦夫さま、ようこそKIRARAへ、本日卓話よろしくお願いします。

[小林 豊君]
「ありがとう」合唱同好会を代表して御礼申し上げます。先日4日文化会館で行われた音楽祭に出演しました。
その際磯貝会長が来てくれました。祝儀を頂き大変うれしかったのは、言うまでもありませんが、歌が終わったとき「ブラボー」と大きな声を掛けてくれました。この一声に感激、感謝しました。

[犬塚万弘君]
写真部です。KIRARA始まって以来の快挙です。過日「ロータリーの友」より表紙用写真の募集があり当クラブより大山さんと大高ジュンちゃんが応募され、ジュンちゃんの写真が当選されました。ジュンちゃんおめでとう。大山さんこれからも頑張って写真撮り続けてください。

[杉田芳男君]
純治さん展示の写真有難う。ところでこの女性誰ですか

[杉浦加代君]
新聞に出ちゃいました。ちょっと恥ずかしいですが気持ちがいいです。市民音楽祭も3回の練習で歌えました。少し心配でしたが**。ロータリーと趣味頑張ります。

[大高純治君]
久しぶりにモデルが見つかりました。マイちゃんの写真4枚展示しました。皆さん見てください。

[堀田義之君]
地区米山奨学の伊藤様ようこそKIRARAへ。卓話よろしく。そこできらら川柳でお迎えします。
「ロータリー一期一会の出会いあり」

[KIRARA合唱部]
先日の市民音楽祭には応援有難うございました。特に磯貝会長のブラボーには一同感激でした。有難うございました。

[鈴木善和君、三治信芳君、石川逸大君、高須光君、鈴木経夫君、高原宏君、米津長治君、石川進君]
ワールドフードふれ愛フェスタのチケット現物スマイルします。



卓話


卓話者紹介 :高須 均君

卓話者 豊田中RC: 伊藤敦夫君

卓話タイトル1

卓話タイトル2
日頃は米山奨学事業に大変温かい御支援、御協力を頂き誠にありがとうございます。西尾キララロータリークラブ様はローマ字の付いたクラブでとてもお洒落なクラブでいらっしゃいます。現在迄にお世話頂いた奨学生は6名いらっしゃり、寄付金の累計も2,300万を超しております。25周年とお聞きしましたので、年間で約100万近くの御寄付を皆さんから頂いている事になります。誠に沢山の御寄付を頂いており、この先もより一層の御寄付を皆さんにお願いしたいと思います。

 米山奨学会が出来てから、63年位経ちます。1952年12月に日本で最初のロータリークラブを創立した米山梅吉氏の功績を記念して、東京ロータリークラブが米山奨学制度を設立しました。1957年に全国の統一事業として成り立ち、第1号はタイの留学生、ソムチャード君を受け入れました。それから63年が経ち、皆さんからの御支援を頂き1万8千人を超える奨学生を世界に出しております。

 なぜ外国人留学生を支援するのかというと、戦後世界の平和を願って、「今後、日本の生きる道は平和しかない。それをアジアに、そして世界に理解してもらうためには、一人でも多くの留学生を迎え入れ、平和を求める日本人と出会い、信頼関係を築くこと。それこそが、日本のロータリーに最もふさわしい国際奉仕事業ではないか」という事です。

私達日本のロータリアンにとり、大いに胸を張り、世界に誇れる国際親善と世界平和の事業であると思います。それから60年余の歳月が流れましたが、”民間外交として世界に平和の種子を蒔く”という米山奨学事業の使命は一貫して変わっていません。米山は人材を育成するシステム、プログラムで、1年・2年で実績を上げる物ではありません。一番大事な大学院生の時に皆さんからの御寄付で奨学金を頂き、その後卒業してからが米山にとって大事な事です。

 米山の特徴でもあるカウンセラー制度ですが、私もカウンセラーをやらさせて頂きました。特徴としては他の奨学団体とは違う世話クラブやカウンセラー制度を持っているのが米山です。現在迄民間最大の奨学事業で、年間724名、累計18,642名。割合は中国、韓国、台湾等が多いです。

西尾キララさんにおかれましても、ベトナム、台湾、中国、韓国の方がお世話頂いております。しかし残念な事にロータリアンの数が10万人から8万8千人に迄減ってしまい、皆さんから頂く奨学金が少し減って、昨年度は724名募集しましたが一昨年は700名に減らしました。減らしてでも米山奨学事業を続ける意義があったという事を先輩方がおっしゃいます。

また皆様方から頂く寄付が一昨年から増えてきましたので全国で面倒を見て頂く数が増えた事になります。是非来年当たり西尾キララさんにも良い子がいれば御紹介したいと思います。

 これは一昨年度の実績です。奨学金がどの様に使われるのか、どんな風に使っているのかとよく質問を頂きます。昨年度皆さんから頂いた愛の浄財は14億9,378万円を頂いております。このお金が奨学事業や補助金等に全て使われています。約15億頂いて13億使って、残り2億は特別財産に組み入れています。米山の特別財産は3年位前に50億だったのですが今、70億位迄増えました。

これを皆様方から頂かないと3~4年で奨学期間が終ってしまいます。年間13億で724名の奨学生をお世話頂いております。管理費等は特別財産の利息、8千万位あるのですが、こういったお金で管理費や会議費等がここから出ています。皆さんから頂いた奨学金は全て、奨学金や奨学生に対する補助金に使われています。

西尾キララさんは普通寄付金が4,000円頂いております。昨年度調べさせて頂きました所、一人当たり2万円を超していて、前年度の近藤年度時にガバナー賞を頂いたのではないでしょうか。特別寄付には税の優遇がつきますが、普通寄付金は2,000円以上でしたら税の優遇対象になりますので こういった事を利用して頂くのも良いのではないかと思います。是非御必要な方は事務局にお申し出頂き手続きをして頂きたいと思います。

 当地区の実績です。全国で9位です。愛知県は会員数が全国トップです。そして28%の人が特別寄付です。お隣の2650地区は当地区の8割位の会員数ですが、8割近くの方が寄付をされています。愛知県全体では70%位の人がまだ寄付をして頂けるとありがたいと思っております。

会員数が当地区の半分位の2590地区、神奈川県の所ですがここも76%位あります。ここの平均額は3万円を米山へ出してみえます。当地区の目標額は、私が委員長時代からずっと平均2万円をお願いしております。ここで先程お話しさせて頂いた時に、奨学生と尻切れとんぼになってしまうという話が出ました。奨学生が卒業すると学友さんになりますので、学友の話をしたいと思います。

 学友会は日本に31あります。日本は34地区なので残りの3地区に対し学友会設立の動きがあります。世界には台湾、韓国、中国、タイ、ネパール、モンゴルにも学友会が出来ました。今年難しいのですがベトナムが学友会設立に向けて頑張っています。中国も非常に難しかったのですが、学友会を組織しており、現在中国本土に帰られた方も学友会に所属して奉仕活動等に頑張っています。

米山の学友さんで、中国の弁護士さんであり、日本企業に対しても非常に有意義な事をやってくれる方もみえ、またご恩を返す為に毎年50万円という寄付をされており、今350万円位米山に寄付をされております。私がお世話になった時代と後輩に対する物を含めて寄付したいという事です。

 これからは私の体験を基にお話ししたいと思います。奨学生の彼女は名古屋大学で医学医療の勉強をしカザフスタンに帰りました。世界銀行に入行し国連の仕事等を一昨年迄やっており、昨年度旦那さんと一緒に起業し、日本に向けてカザフスタンのツアーを企画しております。
彼女がカザフスタンに1つしかないロータリークラブとの橋渡しをしてくれました。この様な事も学友さんの役割のの一つです。是非皆さんのクラブでもお世話頂いた方と一度コンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。役立つ事があるかもしれません。

 来年2016年5月31日、6月1日にソウルで世界大会があります。そこで5月29日(日)に米山ナイトをやります。愛知県の加藤ガバナーのガバナーナイトと重なってしまったのですが私はこちらへ出ようと思っております。史上初というのは、ロータリーの中で初めて米山が分科会を設ける事が出来、5月30日(月)午後、分科会を行います。米山の学友さん達もこぞってソウルの大会に行く事を、今頑張ってやってみえます。

 かなり前の韓国の奨学生だと思いますが、一度コンタクトを取ってみて、どうされているのか、韓国にみえるなら韓国でお会い出来れば良いのではと思っておりますので、是非よろしくお願いしたいと思います。
そして日本のロータリアンが受け継いで来た世界に誇る国際貢献事業である奨学生にとって様々な職業、世代で構成されるロータリークラブとの交流は、奨学生が日本文化に接し将来や奉仕に付いて考える良い機会となります。教育への投資はこれからの国際親善や友好等計り知れない長期的波及効果がありますので、是非ロータリアンの皆さんにお力をお借りしたいなと思いまして今日お伺い致しました。

 先程ワールド・フードのお話が出ました。実は私も米山の関係でワールド・フードの実行委員に入っておりますので、是非10月24・25日に名古屋へ出向いて頂きたいと思います。このチケットを使って頂くと400円寄付になるという事です。今年度はミャンマーへの水事業を国際奉仕委員会が打ち出ししておりますので、是非それに御協力頂きたいと思います。

各委員会報告

会長挨拶:磯貝総一郎会長 幹事報告:三浦隆司幹事 出席、スマイル報告:鈴木善和君
RLI2760研修会報告:中根会長エレクト 同好会補助金授与:炉端会(後藤君) 同好会補助金授与:写真部(大高君)

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]