第1176回 通常例会 「会員卓話」

開催日時 2016年5月27日 金曜日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者会員卓話  筒井 滿 君   鈴木 善和 君
お客様
司会進行野口 要二 君

会長挨拶

 皆さん、こんにちは。先日の15日に行われた25周年記念式典が皆さんの協力のおかげで無事に終わりました。本当にありがとうございました。

 今週の火曜日、西三河分区の会長・幹事会がありましたが、その席でも、KIRARAの記念式典の話題で持ちきりでした。記念式典にお金をかけず、記念事業にお金をかけるやり方が素晴らしいとか、映像が素晴らしかったとか、手作りの式典で感心したとか、本当に高く評価していただきました。

 数人の会長は、例会の会長あいさつで紹介したと言っていました。
高浜の会長などは、これまで参加したロータリーの事業の中で一番印象に残ったと言っていました。

 また、三河安城ロータリーからは、式典の中で発表したフィリピンの教育施設建設の映像を、来週の例会で使いたいのでデータが欲しいと依頼があり、お渡ししました。

 お世辞も加わっていると思いますが、これだけ褒めていただけると、素直にうれしいです。
これで、静かな生活に戻れそうです。本当にありがとうございました。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
57 34 39   81.25 100

スマイル委員会報告

[磯貝総一郎会長]
 25周年記念式典が無事終了しました
 これも会員の皆様の協力のおかげです。有難うございました。
 もう終わった気分です

[三浦隆司幹事]
 25周年記念式典 辻村実行委員長はじめ全員のご協力有難うございました。
 西三河分区の会長、幹事から絶賛のお褒めの言葉頂きました。

[三浦隆司幹事]
 本日は社員旅行日でした。危うく忘れるところでした。
 今頃は宝塚でラインダンス見ています。

[中根勝美君」
 25周年記念例会素晴らしい例会でした
 実行委員の皆様ご苦労様でした。

[鈴木正司君]
 祝 25周年記念事業、式典無事終了
 辻村実行委員長大役ご苦労様でした。

[鈴木善和君]
西尾kiraraRCの25年の歴史大変意義の深いものと感じております
悪友にそそのかされ入会10年目となりました
居心地は悪くありません

[二宮誠二君]
石川君、野口君、小笠原での写真たくさんUSBに入れてくれて有難う
 ございました 孫との思い出 いつまでも残すことができました

[筒井 滿君]
今年度の入会で25周年式典参加できてうれしく思います
 本日は話す機会頂き有難うございます
 よろしくお願いいたします

[犬塚万弘君]
スマイル委員会です 
 25周年式典も無事終了し、気持ちも新たに未来に向けて
 公私ともに、健康に留意しともに頑張りましょう。



卓話

会員卓話 「私の履歴書」 (筒井滿君・鈴木善和君)

【筒井 滿 君】

 職業が証券業、商売のカテにしております。 セミナーはある程度データ情報が頭にはいっているので話をつなげていくだけなんですね。お前の話はつまらんなと言われないようにときどき笑いをいれるんですが、今日のような自己紹介。もしくは、3、4週間みなさんがされたような私の履歴書などのすばらしいはなしは私はできません。真面目すげておもしろくないぞといわれますが、お付き合いいただければ、と思います。

去年の12月の1週からこちらでおせわになっており約半年すぎて、私の顔ぐらいは、ここの会場の中でアイツみたことあるなぐらいには思っていただけているとおもいます。三菱東京UFJ銀行さんと愛知銀行の間にあるのが、私の所属している丸八証券西尾支店です。

丸八証券西尾支店長がもともとお世話になっていまして、代々順次変わっていって今5代目になっています39年証券業に携わってきていますが、今年のように変化の富んだ年は初めてです。
丸八証券は1944に出発しています。お米の取引の会社から、証券会社になっています。 もともとは、瓦町にあったところから始まっています。1967年幡豆証券この時に営業権をゆずってくれた。満と50年になるのが来年ということになります。

駅前の通り の花の木小学校が移転しました。エイトビルの1階で営業さしてもらっています。だんだん大きくなっていきました。私どもの丸八というのは、名古屋の方の称号を頂いております。赤田株式店という赤田美代子さんのそこが出発点で大株主でしていろいろな戦争が起こりまして、今は100件あるかないかぐらいのところまで減っています。

自分でパソコン、スマホで取引できる、一応相談さいてもらってやっているので、手数料が高くなっております。我々も毎日情報を得ておりまして、
マーケットがつながっておりまして、日本が9-3時、5時ぐらいからヨーロッパが順次始まっていきまして、終わるころ。ニューヨークが11時ごろ、始まります。夜中の2時頃多少寝ないと持ちませんから寝ます。
また朝になると日本がはじまりますから、ほとんど24時間情報をとっています。 まあよく皆さんも、仕事と家庭ですと仕事のお時間のほうがみなさんも長いと思います。私が紹介させていただいたのが、西尾支店と丸八証券の歴史の一部をお聞きいただいて、
宣伝させていただければと思います。是非お立ちよっていただければとおもいますので、よろしくお願いたします。



【鈴木義和 君】

ロータリーのメンバーのなかで、私の実態、実像 というか、カーネーションを持ってくるから、カーネーションを作っているんだろうとお考えの方、それしか知らない方が半分はお見えになるとおもいます。 私の生まれから少し自己紹介をさせていただいて、自分のPRもさせて頂きたい。昨年辻村君がおみみぐるしいと自分を褒めるという時実際 私も言うかもしれませんのでよろしくお願い致します。 私昭和22年組の一人てあります。5人兄弟の末っ子の長男です。甥と3歳しか違いません。私の父親が40歳を過ぎておりましたし随分と苦労したそうであります。非常に我が家は教育熱心な家で、農家でありながら勉強するが、一切農作業を手伝えとは言いませんでした。父親も勉強を非常に大切にしていた。私非常に優秀な子供でございまして、なんでも頭にはいっちゃんです。頭の中をからっぽにすることが当時できた。だからどんどん頭にはってくるということでございましたけれども、父親が私の大学の前に心臓の病気で入院いたしまして、家を継げということになりまして、私も大学いってなにやるんだろうと目的もなかったので、素直にまあいいやという気持ちでなにも目的もなしに農家になりました。

なぜ花かと言いますと、20万年前ネアンデルタール人の墓ヨーロッパで発見されているんですけども1960年台だったと思います。その墓に埋葬されていたのが色とりどりの花なんです。古代エジプトにあったのも花、縄文文化、縄文時代から日本のお墓、古墳の中も花がいっぱいあった。この花という ものの人類の進化の中の位置づけ、というのは、 癒やしであり気持ちを和らげる色んな意味、あるいは薬草という意味もあったでしょう。そういったことから人類の進歩に欠かせないものそういった思い があったわけではありません。花をつくれば、豚やにわとりとか牛みたいに臭くないのがまず一つと綺麗だ嫁さん来るだろうと単純に考えて花のみちに進みました。それだけが理由です。

二十歳になって、冒険したくなってきてロータリー着眼大局、無着手小局ということがあるんですけど、外を見てみたい。テストを受けまして運良く受かりまして、一般団員7名のうちのひとりとして、東南アジアオーストラリア研修期間を含めまして3ヶ月ぐらい すべてが日本政府のお金で、130万円ぐらい使ってくれたんですけども留学をさせていただいて、当時の私の日報が6000円それをいかに食事ホテルを省くか、それが私の小遣いに回すかということわ、日本オーストラリアニュージーランド協会の人たちのところに泊めてもらうことが一番だったわけで、ニュージランドのあるところへいって、泊めてもらって、そこへ可愛いい子がいて日本へきて結婚したらとちらっとこぼしたら、帰国後何度も手紙がきて心が痛みました。今でもその子の名前を覚えています、ポーリンリンクスって言うんですけども、そういった若い時の思い出もあります。

カーネーションの切り花農業でした。いかに高く売るかといったことを当然考えます。一人脈であり、日本には、東京の青山、芝といった高級花市場があってそこの青山に狙いをつけてだすようにした、全然売れないんです。あるとき青山の社長の声がかかって鈴木ヨーロッパに一緒にカーネーションの栽培の視察にいこう。非常に運がよかったのが、社長が当時の飛行場のタラップで降りるときに足を躓いて骨折してくれたんです。ちょっと私英語できたんです。車いす病院とかで世話をしたそれで、帰ってきたら、鈴木もっと花出せと言うんです。でも僕のはな高く売れないから、いいやと話してたらとにかく出せとそしたら出発前の3倍になった値段が、なんにもないときに250円とか280円で売れてた、儲かって仕方がない。こういうことも言われていました。お前のために泣いている農家もあることを忘れるなと。

唯一品質人脈、自分だけの品種がほしい。どうやっててにいれるかといったら輸入するしかない。で自分で自分の栽培する品種を輸入することにしました。当時FAXありません。ですから、相手とのやり取りは電報なんですね。それとテレックス、あれをうちに入れまして、それから今の仕事が始まってきた。その後で、 数年後JCから誘いが来ました。私と利害関係がないので、ひんしゅくをかったことが、多々あったかと思います。ここで頭を下げます。ご容赦いただきたい。そのときのJCの思い出はシャオの社長をやっておられた竹内さんよく言われました。お前は頭は切れるが、それはいい認めてやると。ただしカミソリのような切れ味を持てと、カミソリできられるとあとで切られたと気づくけれどもお前は錆びたドスだから、痛がって死ぬぞともっと言葉遣いに気をつけろと、それと二宮先輩が地区にでられたときに、なにがあってもこんだけ今晩につかわなければいかんといったときに、おこぼれに預かったことを今でも記憶に残っています。

当時の日本は、種苗法としては、1978年条約といった非常に古い条約をむすんでおりました。オランダとかとくらべて日本は治外法権的な立場でしか花が栽培出来なかった。それでは駄目だということで、自分が日本の種苗法の進歩にチェンジするときに種苗会社に転身しました。東京の教授とか、静岡の大学の教授とか岡山の小西教授とかいろんなかたとの知り合いになってて、お前もう苗やれよと、知的財産権のほうが、いいぞということでそうなりまして。現在では切り花を扱っていないで、これが我が社のカタログですが、こういう形で、世界の6~8パーセントが我が社の品種で動いてる。日本で35、6パーセント。なぜかというと自分の弾がほしいと、自分の品種がほしいと。多時には月に一回はその中で知り合ったのが、イスラエルのブリーダーです、彼もイスラエルでユダヤ人ということで、オランダ人他の外人から疎まれていた。考え方がシャイでナイーブであった。私もアジアの中ででてきている。そういったなかだとお互いに惹かれるものがある、オランダ人によく言われたのがイスラエル人とよくビジネスやっているなと。これが付き合って35年協力関係が結べて新しく品種をどんどん創りだしております。

世界のカーネーションの栽培面積毎年減少しています。大きくそれに関わる会社の形が変わります。今から15年ほど前その一番さいしょにうごいたのが、キリンホールディングでした。世界各国の種苗会社を買収をし始めた10年つづいたら、キリンアグリバイオすべての同業部門の売却をオランダノエイテッドパートナーというところに売却をいたしました。エイテクトパートナーズから、私どもにも打診がありました一緒にやろうと、その後オランダのエイテクトパートナーは昨年イギリスのBCパートナーズにすべてを売却いたしました。

本来一つの会社は4半世紀一代と社長が30年で代替わりしたほうがいいといわれますが、私は50年です。娘が二人いるんですが、一人は伊文神社いってるし、一人はアメリカいってるし、結局この業界のなかで、ジョーカーを抜いた人間になってしまった。上がれないんです。やめられないんです。つまり民族系の会社がもう私どもしか残っていなく、しかもシェアが高いのでいま辞める訳にはいかないという状況です。杉田くんにも前にもいってるんですが、やるは会社をと、アイツいらんというんです。そういう辛い思いがございます。これは輝ちゃんもお話されてて、今のは常務の力が大きいとおっしゃってました。私もそれが言いたい。所詮僕は女房の手の上であそばされている転がされている状態だと思ってる。孫悟空 のように何万里と飛んでるつもりでも実は女房の手の上だったと、なにか投資するときとか、女房が背中をポンと押すものだから、調子に乗ってそれで動いていったと、夫婦としてはいいものだなと思っています。海外でのおもしろばなしというのはたくさんありまして、一番回数多く行っているのはオランダであり、イスラエルであるんですけども、国連のミッションでコロンビアにカーネーション栽培の指導に何度も行っております。私CDに全部パクリなんですけども日本の園芸師場の本来のいけないことのことをやっておりまして、それが鈴木メソッド鈴木の栽培の方法、かなりHPででておりました。そういったことや、ピストルもたされて撃った話などありますが、また機会があれば話をさせて頂きたいと思います。ありがとうございます

各委員会報告・例会前風景

会長挨拶:磯貝会長 幹事報告:細川副幹事 例会開始前の会長・副幹事
出席・スマイル報告:鈴木君 社会奉仕委員会報告 岩瀬委員長 合唱祭案内:石川君

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]