第1232回 通常例会「中小企業の施策」

開催日時 平成29年8月25日 金曜日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 それでこそロータリー
卓話者西尾商工会議所会頭 杉田芳男氏
お客様
司会進行新海雄二君

会長挨拶

 7月12日に我社の社員が急逝しました。青山弦八君と同じ心不全でした。現在社員の補充に懸命になっています。非常に求人が難しくなっていることを肌で感じています。我々のような衰退業種で若い人を採用するのは、至難の業だろうと、長期戦を覚悟しているところです。

 建設業界は衰退産業と言われてきました。私も間違いないとは思っていますが、どの位だろうかと、調べてみました。 建設業界の絶頂期はやはり、バブル時代です。官民合わせた建設投資額は、年間80兆円で、現在は年間40兆円だそうです。30年掛けて、半分になってしまいました。就業者数も800万人から400万人に半分になっています。正に縮小均衡です。気になる年代別の就業者数ですが、2010年の統計しか手に入りませんでしたので、その数字によりますと、定年まで10年を切った、55歳以上の占める割合は33パーセント逆に29歳以下、就業10年未満の割合は11パーセントでした。統計から7年が過ぎていますので、現在は遥かに老齢化が進んでいるとおもいます。若い人が競って参入して来る業界でないと、活気がないですね。

 因みに衰退産業の代名詞となっています、農業では、就業者数が、200万人で65歳以上の人の割合が60パーセントだそうです。65歳と言えば、定年を過ぎた年です。衰退産業と言っても、市場がなくなってしまう訳ではありません。衰退産業に属しながら、発展、成長している会社は沢山ありますし、衰退産業を通り越して伝統産業に属しながら、新興の成長産業以上に伸びている企業も沢山あります。老体にムチ打って頑張ろうと思っています。

 私達のクラブも、平均年齢が65歳を超えています。先週加納さんが会員増強について話されました。次次週には、増強の委員長の卓話があります。平均年齢を下げる事も必要かも知れませんが、まずは、会員数を増やしたいと思っています。増強委員会に任せきるのではなく、全員で取り組んでいきたいと思っています。委員長の話しの前になってしまいましたが、お願いを申し上げまして本日の会長挨拶とさせて頂きます。ありがとうございました。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
53 29 36   83.72 100

スマイル委員会報告

【酒井進会長】
 杉田会頭、本日は我々が元気のでる話しを期待しています。

【高須光幹事】
 最近の西尾商工会議所の活動は地域の発展に大きく貢献しております。
 今後も会頭の陣頭指揮により西尾の知名度が上がっていくことを期待しております。

【丸目藤二君】
 杉田会頭 句会そして娘とお世話に成ります。時間あれば句会やりましょうか。

【犬塚万弘君】
 地理研 堀田部長さん、小林副部長さん、先日 渡会ロータリーさんとの交流会には大変お世話になりました。
 楽しい一時を過ごさせていただき、また写真も合わせてありがとうございました。

卓話

「中小企業の施策」(西尾商工会議所会頭 杉田芳男氏)


西尾商工会議所会頭杉田芳男氏

西尾駅西開発について

西尾商工会議所のスタッフのお2人
 今年は二つのポイントがあります。やってきた事、やりたい事の行事的な事はそんなに変わりません。コンベンションホールの話と助成金の話をメインに、皆さんにご活用頂けたらという事でお話をしたいと思います。
 
 商工会議所は昨年創立60周年を迎えました。9月に文化会館で多数の来賓を迎え記念式典を盛大に挙行し、尺八・和太鼓の演奏を楽しんで頂きました。皆さんご存知と思いますが、和太鼓の山田純平さん、実力からして全国レベルの方です。幡豆工業さんの甥御さんにあたる方です。こういう方が西尾の出身で西尾も面白いなと、地元の方のPR、活路の場所にも会議所として使わせて頂いております。

 10月に株式会社植松電機の植松努さんお迎え講演会を実施しました。北海道からご自身でリュックサックにパソコンからコードリールまで全て持って自分で設営しスピーチをされました。プロジェクターも全部自分で持ってみえました。一切世話をかけません。リュックサックが15kgだそうです。西尾駅から歩いて文化会館までいらし、また歩いて帰られました。経営者として異色で見習っても良いかなという方でした。

 西尾商工会議所では西尾駅西広場推進事業の支援、観光振興事業、補助金助成金制度の申請支援、諸団体の連携事業、職員のレベルアップを重点事業として取り組んでいます。この中で1番と3番をメインに今日は話をしたいと思っております。西尾市の西尾駅西広場整備事業のコンベンションホール建設に向け、新設された株式会社西尾駅西開発の支援しています。

 このホテル棟はリンクスさんがやられます。建物の所有権とコンベンションホールは別です。コンベンションホールについては株式会社駅西開発という事で会議所の正副の4人と西信の近藤理事長がそれぞれお金を出し合って株式会社を作りました。とりあえず50万ずつ出し合って250万の株式会社を作りました。それが全てここを運営していきます。駅とホテルを繋げれたら良かったと思っているのですが、ここにカラオケが出来てしまって、申し入れをしたのですが上手くいきませんでした。このホテルはツインのシングルユースを基本にしています。全部で104室あります。詰めれば200人位は十分泊まれるという事です。10階に泊まり客以外の方も入れる展望浴場を作ります。夕食は出ません。朝食はバイキング形式です。やっとホテルが出来たのかなと思っております。皆さんどうかここも活用して頂き、お客様と取引先がわざわざ遠い所迄行かなくて済むという事です。これはコンベンションホールの俯瞰図です。

 来年10月オープンを予定しています。円卓でのパーティーでは230名、講演会では400人入ることができます。ホテルは12月頃オープンし、約100室の予定です。是非ご利用下さい。ホテルは来年11月末にオープン予定です。コンベンションホールは来月7日に起工式があります。来年9月末か10月には竣工という事です。西尾ロータリークラブさんが60周年だそうで、10月7日にこけら落としを兼ねて3倍増しで借りて頂けるように私が今交渉しています。西尾コンベンションホールの命名権を貸して何千万か頂き命名権を売っていこうと思っております。買ってくれるかどうかはわかりませんが今から交渉していきたいと思っております。三河機工ホールなんていいじゃないですか。是非お願いします。

 またここへ斉藤五郎先生を非常にスポンサーしていらっしゃる任天堂の味岡さんが、時価数百万の絵になりますが、西尾全体をモチーフにした200号位の大きな絵ですが、地元の画家を皆さんに知らしめたい、お知らせしたいと思います。味岡さんと話をして西尾全体のイメージを兼ね備えたような赤絵を斉藤五郎さんに描いて頂こうと思っております。フルでは400近く入ります食事会で円卓を使えますと230名くらい ここはフルで400名入れます。椅子席で380~400位、円卓で23卓入れます。宴会はケータリングでやりますので、皆さんのお好みや予算を聞いて私共の会社がお世話をするという形です。これはロータリーの例会場サイズで、3室ぬけます。西尾ロータリーさんキララさん是非ここで例会をやって頂きたいと思っております。

 総工費が約10億掛かります。その中で西尾市が2億援助してくれます。コンベンションホールに関わる固定資産税を10年間無税、徴収しない事になりました。借り賃は坪400円で10年間貸して頂けるという事で、非常に格安に取り計らって頂きました。実際には2億円ですが、年額3000万円位援助して頂けるという事です。西信さんが6億絡み出資をして頂けます。皆さんから出資をして頂き、寄付をして頂き10月末までに向けて2億頂けるようになりました。各企業へ私と担当で30数社回りました。誠意を込めて直談判をして頂きました。本当によくご理解頂き、ありがたいことだと思います 是非皆さんの会社におかれましても、これは全くの民間ですのでお使い頂けない事には運営ができません。基本的には皆様から200万を一口として出資をして頂いております。配当は非常に困難でありますが減資だけは避けたいと思っております。皆さんにご活用頂きたいと思っております。

 観光振興の取り組みでは産業物産フェアを10月に文化会館で開催しています。今年は67社に出店頂きます。これは(映像)デンソーさんの新電王手です。この中で将棋がお好きな方、かなり上手いと言われる方、この新電王手と対局すると大体5分で負けとなります。最高で12分。遥かに強いです。今度はこれのもうちょっとバージョンアップした物をデンソーさんからお借り頂けます。本当に将棋のお好きな方、是非対局をしてみて下さい。これに勝てたら藤井くん以上に話題になると思います。デンソーのノウハウがこの中に詰まっており、これをケアする人がいて、シークレットな部分があるのでそう簡単に借りれないのですが、デンソーさんは本当に地元ひいきなので無理を言って今年も貸して頂けます。我こそはと思う人はトライしてみて下さい。

 94店舗皆さんに出店をして頂くのですが、大変人気で一間間口です。3ブース欲しいという方も沢山いらっしゃるのですが、皆さんに公平に出して頂きたく全て一間間口にし沢山の方に出て頂けるようになりました。もっと広い所で行って欲しいというお話もありますが、駐車場等の関係もありここになります。西尾の人気のイベントになり、去年は2日間で2万3千人の方に来て頂きました。やっと西尾の秋の風物詩に育ったかなという感じです。

 西尾茶協同組合主催、抹茶の日の事業と合同開催をし、2日間で毎年約2万人の来場があります。今年は10月7日と8日にものづくり・未来・こどもをテーマに行います。デンソー様から新型の将棋ロボットも出店頂きます。皆様是非お越し下さい。観光事業の広域連携を蒲郡・岡崎・西尾の頭文字をとって組織する三河観光GONを組織しました。共に観光振興を取り組んでいます。
 
 吉良観さんのハワイアンフェスティバルも11年目を迎え、宿泊も25旅館さんも純和室で部屋の中に露天風呂がある様なアップグレードなお客さんを多く集めています。インバウンドについては蒲郡は90%がファミリーだそうです。岡崎は観光資源がありそうでない、利便性が圧倒的に良いので岡崎まで来て頂ければ西尾・蒲郡にも来て頂ける。西尾の文化と合わせて3者連合で客が来て欲しいと活動しております。セントレアからいらした外国人の方は92%が降りたら県外へ行ってしまいます。その内62%は東京大阪間のゴールデンルートへ行ってしまうそうです。セントレアでは降りるだけ、県内に留まるのはスーパー銭湯か高山へぬけるか、わずかが伊勢志摩へという事です。それをいかにここへ降りて頂くか、使って頂くかとやっております。今圧倒的に中国が多いそうです。韓国・ベトナム・タイと続き、インバウンド事業を含めてまた蒲郡さんの様にファミリー対応の部屋作りにしていくということでやっております。

 今年は三河で遊ぼうぐるっとプチ旅スタンプラリーを実施します。抽選で11名様にペア宿泊券や三河の特産品が当たりますのでぜひご参加下さい。4月に西尾市商業協同組合と共同でさくらまつりを開催。にしお酒フェスタなど多くのイベントを行いました。7月には中心市街地で西尾祇園祭りを実施。3日間で29万人の賑わいでした。抹茶入り緑茶西尾茶缶やオリジナル自動販売機も推進しています。

 祇園祭は総経費として2300万程市からの助成で行ってます。西尾商業組合さんが元々運営をしていらしたのですが、なかなか運営がおぼつかないという事で会議所がお手伝いをするようになりました。ロータリーのメンバーさんも参加して頂いている訳ですが、町ぐるみ、企業ぐるみという形でないと祇園祭りが残っていかないという現実があります。しかし残していきたいと会議所として思っておりますので、引き続き皆さんもやっこに扮して是非ご参加頂きたいと思っております。

 西尾市役所各事業所、補助金助成金の申請支援では国県市の補助金制度を分かりやすくまとめ、会報誌やメールマガジン等で配信しています。現在約200社の企業に登録頂いております。今年度の国の補助制度はほとんど終了してしまっていますが来年度も継続が予想されます。例年年末から年初にかけて公募がありますのでご案内させて頂きます。ホームページやチラシの作成、店舗改造、展示会出展等の販路開拓に最高50万円補助される小規模事業者持続化補助金制度には特に力を入れています。本年度は78件の申請を応援し38件の採択がありました。過去4年間の通算では268件の申請支援で131件の採択でした。

 私が会議所の会頭をさせて頂いてから助成金をゲットしようと非常に進めて参りました。持続化補助金は50万ご自分で用意して下さい。50万助成します。合わせて100万の予算が出来ます。街中の商店主の方、個人事業の方はかなりの事が出来ます。ホームページの立ち上げ、看板、店内の改装、エアコンや照明、テーブルや椅子を変えたり出来ますので助成金もさることながら営業のツールに使って頂きたい。
 
 その他にも様々な補助金のお手伝いをしています。業務用の空調、照明等を買い替えする場合、設備費の3分の1を最大3000万円補助する省エネ補助金。設備投資に利用でき補助率3分の2で最大3000万円を補助する新ものづくり補助金。事業を承継し革新的なサービスを行う場合の事業費を補助率3分の2で最大200万円を補助する事業承継補助金。消費税が2年後に引き上げになる予定です。食料品は8%据え置きで、他は10%になる予定です。この2種類の税率に対応するための新しいレジを買う際の補助金が補助率3分の2最大20万円でこの補助金は現在申請可能です。詳しくは当所へお問い合わせ下さい。
 
 単に助成金狙いというよりも建設・電気関係や家電・空調関係の方に是非このような情報をお客様へPRをして頂き、皆さんの営業のツールに使って頂きたい。そうすると何倍にも広がっていきますし、そこでまた需要を各会社が受けて頂ければダブルで良い事です。上限3000万、単純に9000万円の事業の中で3000万円を頂ける話です。こういう情報を知っていれば今度助成金が使えますからレジを変えたらどうですかみたいな話も私はして欲しいと思っています。これにはテクニックがあり、12月から2月末位に余り予算が出てきます。各省は予算を残したら大変なのでその時に集中豪雨のように使えと出てきます。そこから計画していては間に合いませんので早く皆さんが情報を得て年末迄にはきちんとしたプランを作っておいて頂き、1月20日過ぎに出てきますので、その時に握らないと間に合いません。過去全てそうでした。来年も十中八九そうでしょう。どうか会議所へ情報を集めておいて下さい。こういうことを通じてやっていきたいと思っております。メンバーの方もこの助成金を受け、新たな事をされた実例もございます。活用して頂けたらと思います。この申請ライセンスを今年3月に会議所が取りました。直接できますしご指導も出来ますのでお尋ね下さい。過去の打率は5割。 ホームページや案内看板等、持続化補助金が出来ますのでお問い合わせ下さい。

 諸団体との連携事業では女性会では99名の会員で組織をしています。会員交流会、講演会等を実施し、女性としての資質の向上と会員間の親睦を深めました。50歳以下の経営者、後継者で組織する青年部は会員数94名の組織になりました。

 当クラブから神谷君が青年部の会長として今頑張ってくれてます。9月21日、F1の片山右京さんをお招きして講演会があります。是非お出かけを頂きたいと神谷会長に成り代わってご案内をしたいと思っております。

 地域経済の振興への取り組みでは、会員事業所の意見・要望をまとめ国や県・市に要望活動をしています。西尾市には中小企業対策や工場用地確保、地元企業の優先発注等を要望していきます。国・件へは西三河の商工会議所等と連携し、名豊道路等道路網の整備を要望していきます。名豊道路を使って頂ければ浜松へ行くにもお金がかかりません。

 経営支援事業では3月に当地域の小規模事業者を支援する経営発達支援計画が経済産業省の認定を受けました。これは小規模事業者の課題解決に向け、事業計画の策定や着実な実行を伴走支援する体制、能力を備えた商工会議所を国が認定するものです。今後も国や県の制度と連携し、税務相談や労務相談、法律相談、経営相談等を専門家の個別指導を積極的に行っていきます。5月から7月にIT経営力強化塾を4日間行い、インターネットを活用した販売促進等を応援しました。お店の逸品について話し合い研究する、一店逸品研究会ではホームページやブログ等を月に一度勉強会を開いています。店主が講師を務める町のふれあい教室を10月と2月に開催。チーズ作り、菓子作り、健康教室等を行い各店の新規顧客の獲得を応援しています。当商工会館は本年度竣工10周年を迎えます。これを記念し今年度会員交流事業を実施します。

 会館を作るのに4億8000万位掛かったと思いますが、皆さんから浄財を頂いたのが1億でこの会館が建っております。地元の皆さんのご声援、ご支援があるからこそ会議所が成り立つと一言申し上げて終わりにさせて頂きます。ありがとうございました。

各委員会報告

酒井会長 挨拶

高須幹事 報告

清委員長 出席報告

廣中委員 スマイル発表

野口社会奉仕委員長:西尾KIRARA賞募集案内

神谷親睦委員長:新入会員歓迎会案内

会長挨拶を行う酒井会長 幹事報告をする高須幹事 出席報告をする清委員長
スマイル発表をする廣中委員 西尾KIRARA賞の募集案内をする
野口委員長
新入会員歓迎会の案内をする
神谷委員長

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]