第1240回 通常例会「労働行政の動向~働き方改革の取り組み~」

開催日時 平成29年11月10日 金曜日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 君が代・奉仕の理想
卓話者西尾公共職業安定所 所長 出口義将 氏
お客様
司会進行高須 匀 君

会長挨拶

 皆様こんにちは。駅前のコンベンションホールの建設が開始をされました。商工会議所、西信を中心に我々のクラブのメンバーも多くの人が出資をされたり、寄付行為をされたりと協力をされています。なくてはならない施設ではありますが、維持運営は楽ではないと聞いています。我々のクラブにとって商工会議所も西信も軽んじることはできませんし、ホールも是非とも西尾の人達に利用して頂いて、西尾の活動の中心の施設として栄えて欲しいと願っていることもあり、 クラブとしてどんな貢献ができるか、長期戦略委員会、委員長は私と鈴木正司君との2人と6人の委員で構成されていますが、検討を始めています。どなたにでも結構ですので、アイディアが有りましたらお伝え願います。

 他に1件、2月に「中学生歴史・文化・世界自然遺産体験の旅」と称しまして小笠原ツアーを計画、参加をしてくれる中学生を募集していましたところ、19名の生徒が応募をしてくれました。現在委員会にて選考中です。選考につきましては、多くの人の意見を聞くわけには、いきませんので、委員会にお任せ頂きたいと思います。同行頂ける方は大いに歓迎です。選考に当たりまして、大いに悩んでいます。募集にあたって、作文を書いて貰ったのですが、参加したい気持ちは全員から伝わってきます。全員連れて行くわけにはいかず、さてどうしたものかと、悩んでいます。半分の生徒は残念な想いをすることになります、私の人生、こういった場面では、間違いなく、不採用のグループに入ってきました。悔しい気持ちは充分解ります。採用されない悔しさを胸に大いに悩みながら選考したいと思っています。

 恒づねガバナーから会長挨拶は死ぬ気で取り組めとハッパを掛けられています。そのガバナー訪問も終わりましたので、少し気合が抜けた挨拶になってしまったかもしれませんが、これをもちまして本日の会長挨拶とさせて頂きます。ありがとうございました。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
53 29 35   76.09 100

スマイル委員会報告

【会長 酒井進君】
 最近、働き方がずい分と変わってきたと想っています。
出口様、本日は宜しくお願いします。

【幹事 高須光君】
 西尾公共職業安定所 所長 出口様
 本日はお忙しい中、我々クラブのメンバーにご講演いただき、まことにありがとうございます。

【磯貝総一郎君】
 西尾公共職業安定所 出口所長様
 本日の卓話よろしくお願いします。
 IMのPRチラシをお配りしました。来年の2月24日に向けて協力をお願いします。

卓話

「労働行政の動向~働き方改革の取り組み~」(西尾公共職業安定所 所長 出口義将氏)


卓話者の紹介をする磯貝君

西尾公共職業安定所 所長出口義将氏

「労働行政の動向~働き方改革の取り組み~」

卓話の風景
 こんにちは。ハローワーク西尾所長の出口でございます。この4月に愛知労働局から参りました。本日は例会にお招き頂き、またこの様な貴重な場で色々なご説明をさせて頂く機会を頂きまして誠にありがとうございます。少しだけ自分の趣味等を皆様にお知らせしたいと思います。皆さんと同じになると思いますがゴルフを少しやっています。釣りが好きで半田の港に漁船の中古を持っており、船を使って伊良湖の中電まで。内海でしか走れない小さな船ですのでそれを使ってメバル釣り等に行っています。家庭菜園が好きで毎年オクラを作っていますが、今年は赤いオクラを育てました。西尾へ来て、ハローワークの近くに八ツ面山があり、真っ先に登りに行きました。桜が綺麗で一周見渡せて、ふと思ったのがこの山は昔からある山なのか人工的に作られた山なのかどうなんだろうと思いました。この疑問に詳しい方がおられましたら是非後でこっそり教えて頂きたいと思います。

 ハローワークの紹介をしたいと思います。お手元の資料に公共職業安定所、ハローワークの紹介があります。ハローワークは国の機関です。全国に544あり、愛知の中に16のハローワークがあります。その中の一つが西尾です。組織の位置付けとしては一番上に厚生労働省、 その次に各局に一つずつ労働局があり、その下にハローワークがあります。ハローワーク西尾は比較的小規模の所になります。職員が12名、非常勤職員が19名、通訳が1名という体制で職業紹介等を行っている機関です。

 最近の雇用情勢ですが、先月日銀の名古屋支店が東海三県の景気の判断を発表されました。今までは「緩やかに拡大している」というコメントでしたが、先月初めて「拡大してきている」というコメントに変わりました。この「拡大してきている」というコメントは景気の判断の中で最上級のコメントで、これ以上上のコメントはありません。リーマンショック前の2007年にこの最上級のコメントが出て以来10年半ぶりにこのコメントが出ました。東海地域以外の所でこの拡大しているというコメントが出ている所はありませんので、東海地域は間違いなく日本の中でも日本の先頭を走っていると、ここからも見て取れます。また完全失業率もどんどん低くなっており、失業者も減っております。それに反比例して働く就業者はどんどん増えており、今6000万人超える、非常に多くの方が就業しています。その一部のハローワークの雇用状況ですが、求人と求職の推移が載っていますが、西尾市で出ている求人は概ね2000件あります。仕事を求めている方も2000人いると見て頂ければと思います。求人と求職がちょうど1対1という割合で、比較的就職しやすい状況にあると思います。愛知県では有効求人倍率が1.8で全国的にも高いと言われている中で、西尾市は1倍です。これは西尾市管外の景気が悪いという事ではなく、中小企業が非常に多いという所から来てまして、一つの求人で一人の求人が出ている形です。名古屋地域に行きますと大きな会社が多いので、1企業がまとめて10人や15人求人を出すので、その積み上げの関係で倍率が高くなっています。

 雇用保険の適用事業所、会社は西尾管内では2270と少しずつ増えてきています。事業所が増えるということはそこで働く方も増えてきており、今38,600人の方が就業しています。景気が良いので失業保険を貰う方も少しずつ減っております。今年の9月の状況で約500人という数字が出ておりますが、これは一過性のものであり、良いという判断をしております。

 求人の状況は製造業・医療福祉業が多い関係で求人もそれに伴い沢山出てきております。・製造業医療福祉業では60%以上の求人を出して頂いております。製造業のパートは前年に比べて減っており、医療の方で増えております。これは人手不足が影響しており、製造業は一昨年までは求人を出せばパート求人であろうと充足をしていました。人手不足が深刻となり製造業は少しでも条件を良くして正社員の求人を出すことにより人を募集にしようという動きが強くなっており、正社員求人が多くなりパート求人が減ってきております。医療福祉はとにかく人が欲しいので両方求人を出す企業様が多くなっており、パート求人が多くなってきております。以上のことから景気は拡大していて良いという形で指標からは見えてきています。

 私も4月にこちらへ来て、企業の事業主様からお話をさせて頂き、先行きの景況感をお聞きする中で決して先が明るいと言われている事業主様ばかりではなく、景況感というのは新聞にもあったと思いますが真っ二つに分かれている感じを受けます。先行きが見えないと言われておりますし、受注の確保、人材育成の問題や人手不足の問題も行く先々で言われておりました。幡豆や吉良の方では後継者の問題も多く聞かれます。働き方改革もやる事はやったがこれ以上どうすれば良いのかという声もお聞きします。良い事、悪い事に関しても働き方改革というフレーズは出てきています。

 我が国の経済成長の根本には少子高齢化の現状があります。これを背景に議論が進んでおります。女性・男性・一度失敗した方・障害者の方・難病の方でも。職場・地域・家庭でも皆さんが働ける、あらゆる場で活躍できるような取り組みとして全員参加型の一億総活躍社会の実現に向けて検討がされてきています。これから基本的に労働人口がどんどん減っていく中で、いかに人を使っていくかということころが書かれております。

 働き方改革をめぐる政府の動きは、一昨年の9月から始まり半年間10回も議論がされており、その中で一定の働き方実現計画が今年の3月28日に策定されました。その計画の中身は13項目あります。この13項目の計画の中でよく報道に出てくるのが同一賃金の非正規等の処遇の改善、長時間労働の是正がよく取り上げられている課題です。国の企業文化、ライフスタイル、働き方の考え方そのものを変えていくところからスタートしておりますので様々な改革がトータル的に示されています。ハローワークにも絡むところが多くあり、難病やがんを患っていても仕事が十分できる方がいるにも関わらずなかなか就職が決まらない方は世の中に沢山います。そういった事も理解促進を勧め、これからそういった方が活躍できる場の提供を頂けたらというお話です。

 次に時間外労働の上限規制のあり方です。今まで週40時間制という縛りはありましたが、基本的に罰則規定もなく、上手く協定を結んでいけば上限も制限なくいってしまっていたところもあり、長時間労働というのは他の外国と比べても日本は非常に高い状況にあるので、こういった所を改善していこうという動きがあります。同一賃金、同一労働関係、非正規の処遇改善についてですが、非正規労働者は依然として働く方の4割、2000万人の方が非正規労働者です。奥さん達がパートで自ら望んで非正規で働く事は構わないと思いますが、本当だったらもっと働きたいと思われてる方も沢山おり、そういった所で長時間労働は叶わなく、なかなか正社員として入っていけれないという壁があります。

 働き方改革で求められる主な対応として、中小企業の現状と課題について、中小企業は長時間労働の是正は大企業と比べてすごく長時間労働になっている所は比較的割合としては低いです。ただ人手不足はより深刻な状況で、深刻な状況の中で労働時間の短縮を進めていかなければならないのかという事、現在業種毎に事例を収集してフィードバックをする動きがあります。そういった取り組みをしていただく企業様に対して様々な相談をできる体制や助成金をお支払いする国の支援策を検討している状況です。まだまだ多くの課題があり、これから先も働き方改革については皆様方からご意見を頂いてそれを上にあげてそれをまたふまえて実施していくということになります。

 最後に障害者の雇用についてお話をさせて頂きます。障害を少しでも持ってみえ方は日本全国に愛知県人口に100万人を足した人口です。愛知県の人口は745万人なので845万人の方が何らかの障害を持ってみえる事になります。日本の人口が1億2000万人なので、約6~7%の方が少なからず何らかの障害を持ってみえます。800万人の方が在宅、50万人の方が何らかの施設に入っています。ただ850万人の中で18歳から65歳の働ける年代層は350万人です。残りの500万人の方は小学校生や65歳以上の高齢者の方で占めています。就業ができる350万人をいかに地域で支えていくかという問題が実はあり、私が30数年前に入所した時、障害者は身体障害者の事を基本的に指していたと思います。知的障害者や精神障害者の方はハローワークには殆ど来ていなかった状況でした。

 今思えば近くの地域の企業様の方で雇ってもらっていたとか、就業していなかったのかと取れます。昔は家族が大家族で一人障害の方がみえても家族で支えられたと時代がありました。今は核家族が進み、そういう障害を持っている方がいたとしても家族で障害者を支えることが出来なくなってしまっている時代です。加えて精神障害者の方が非常に多くなっている状況もあり、地域の方で支えていく仕組みを構築しなければならないという中でハローワークは障害者の雇用促進を進めている状況です。

 実際に従業員様の数に応じて、従業員様の数の2%をかけた方を雇用して下さいという法律があります。それに基づいて現在雇用を進めて頂いている状況です。全国で愛知県では2%に渡していない状況ですし、対象となる50人以上の企業様の方で雇用率を達成している状況も残念ながらも50%も越えていない状況です。西尾管内では1.70とあります。低い方の地域に入ります。愛知県の中でハローワークは16ありますが4番目の低い地域になっています。色々な事情があると思いますが一番大きな事情は通勤手段、交通機関が発達しておらず車で来てもらわないといけない等、様々な事情が当管内地域は障害者雇用は進んでいない状況です。それではいけないという所があり、私も4月以降何社か足を運んで障害者雇用の理解促進にお願いしております。またもしかするとお願いに上がるかもしれませんのでその説はよろしくお願い致します。

 最後に虐待防止についてお話をします。熱意のある雇用者がある時を境に障害者を虐待していたという事件がありました。女性の方に対しては性的虐待をしていたり、知的障害者に関してはバナナを大量に食べさせて見て喜んでいた事件がありました。その他にも障害者を預かる施設で面倒を見て頂く職員がどんどん減ってしまい職員が不足してきてしまった。夕方以降の知的障害者の方が外出したりうるさく騒ぐので睡眠薬を強制的に使い眠らせるということをしていた。何人かがその薬のせいで失明してしまったという事件もあります。最初は熱意があって行っていたとしていてもどこかで怒りに変わったりもします。人間というのは自分の思い通りになっている間は怒る事はしません。しかし自分がこんなに頑張ってるのに返ってきて欲しい答えと真逆の答えが返ってきたりすると腹が立ったりします。ついつい分かっていてもキレる事があります。人間というのはそういう面も持っていますし、障害者虐待というのは民間の企業様のどこでも起こり得ます。障害を持ってみえる方がいない所でも障害者から離れて児童の虐待、高齢者の虐待等が起こり得る、どこにでも起こり得るという事を認識して頂き、障害者が養護者による虐待というのは実はハローワークでも担当として行っておりますので、そういう事を地域で聞かれましたら担当者の方にこれはハローワークに言った方が良いという感じで一言言って頂ければ大事になる前に私共が動いてそういうところの芽を摘むという事もやっております。どうぞご協力をお願いしたいと思います。

 私共職業安定所が地域の皆様と連携をしっかり取り、様々な取り組みをしていかないといけないと思っておりますのでこれからもご協力をよろしくお願い致します。本日はどうもありがとうございました。

各報告

会長挨拶:酒井会長

幹事報告:髙須幹事

出席報告:清委員長

スマイル発表:杉浦委員長
会員誕生日・配偶者誕生日・結婚記念日

ベネフェクター認証式:杉浦正昭君

会長挨拶:酒井会長 幹事報告:髙須幹事 出席報告:清委員長
スマイル発表:杉浦委員長 誕生日おめでとうございます ご結婚おめでとうございます♪
杉浦正昭君、ベネフェクター認証式

各種案内

I.MのPRについて:磯貝総一郎君

クリスマス家族例会の案内:神谷親睦委員長

国際大会・ガバナーナイト案内:榊原国際奉仕委員長

I.MのPR活動の報告 クリスマス家族会についての案内をする
神谷委員長
カナダトロントにてガバナーナイトの
案内をする榊原委員長

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]