第1253回 移動例会「第2760地区 西三河分区I.M」

開催日時 平成30年2月24日 土曜日
開催場所 ホテルグランドティアラ安城
合唱曲 国歌・奉仕の理想
卓話者式典記念講演:株式会社リバティ情報研究所 代表取締役宇野正美氏
お客様
司会進行I.M司会:鈴木正司君 懇親会司会:秋山正純君

卓話

西三河分区インターシティミーティング


式典:来賓挨拶

西尾市長ー中村健氏

記念講演ー宇野正美氏

ユダヤから読み解く今後の経済

懇親会:来賓挨拶

愛知県知事ー大村秀章氏
愛知県知事-大村秀章氏

本日は、国際ロータリー第2760地区 西三河分区のインターシティー・ミーティングが、このように盛大に開催されましたことを、心からお祝い申し上げます。
皆様方には、日頃から、地域に密着した幅広い社会奉仕活動に取り組んでいただいております。西三河分区の大髙ガバナー補佐、磯貝実行委員長、インターシティー・ミーティングのホストクラブを務められました西尾KIRARAロータリークラブの酒井会長、そして関係者の全ての皆様方の御熱意と御尽力に、心から感謝申し上げますとともに、深く敬意を表します。
碧海5市の皆様は、私の地元なので、見渡す限りよく知った懐かしい顔ばかりで嬉しい会だなと思っております。

 今日は午後2時から式典があったようですが、午後2時から名古屋で星野仙一さんのお別れの会がございまして、発起人の一人としてしばらく立礼でお礼を申し上げる立場でございまして、懇親会からの出席になりましたことをご容赦いただければと思います。
 星野さんには昨日、愛知県県民栄誉賞を贈らせていただきました。間に合わせるように一生懸命作ったわけなんですけれども、それを献花台の前に飾って、遺影に参るということでございました。また、3月3日にはナゴヤドームでの追悼試合があります。

 また、最近は明るいニュースがあります。オリンピックで羽生結弦さんの金メダルと合わせて、愛知・名古屋の宇野昌磨さんが銀メダルをとって1、2フィニッシュ。合わせて将棋の藤井聡太四段・五段・六段が、全棋士参加の棋戦で優勝した史上最年少の記録を打ちたてたと。瀬戸の地元では、藤井さんはスターでうちの藤井君はというんですが、私いつも言うのが、いやいや藤井さんのおやっさんは刈谷の出身なので、あの藤井さんは刈谷だからねと、いつもむきになってしまうんです。若い人が活躍することは大変ありがたいことだと思います。

 そんな愛知を皆さんと一緒に盛り上げていきたいと思いますが、この西三河は、愛知の稼ぎ頭、愛知県の製造品出荷額等は約46兆円ありますが、半分強が西三河ということでございます。この地域が頑張っていただくことで、愛知が大いに盛り上がっていくと思います。

 先日、新年度予算を発表いたしました。全部で約4兆円の予算でありますが、自動車産業の研究開発施設用地として造成を進めている豊田・岡崎地区の中工区の造成が完了し、日本で初めてのアップダウンのある曲がりくねったカントリー路が完成し、2月19日にトヨタ自動車に引き渡しました。引き続き、造成工事を実施してまいります。
 さらに、企業団地を造って、企業立地を推進していきたいということで、新年度は安城の榎前の土地を14万平米買いましたので、これについても、しっかりやっていきます。 
こういった話を盛り上げていって、皆さんと一緒に愛知県、西三河を元気にしていきたいと思います。

 どうか2018年も皆さんとともに素晴らしい年にしたいと思います。そして皆さんが笑顔で健康で楽しく元気にご活躍いただきますようにご祈念申し上げて、お祝いのご挨拶といたします。おめでとうございました。ありがとうございます。




西尾市長-中村健氏

国際ロータリー 西三河分区 インターシティー・ミーティング 祝辞

 本日は、国際ロータリー西三河分区インターシティー・ミーティングが盛大に開催されることをお慶び申し上げます。また、西三河分区9のロータリークラブの会員の皆様におかれましては、日ごろから地元に密着した社会奉仕活動に熱心に取り組んでいただき、厚く御礼申し上げます。
 さて、この時期、どの自治体においても、議会で新年度予算の審議がされている頃かと思いますが、これからの日本が直面する一番大きな課題は、人口減少への対応です。政治の世界では、ここ数年「地方創生」という言葉が盛んに言われておりますが、その言わんとすることは、地域独自の魅力を磨き上げたまちづくりを進めていくことで、定住促進を図るということであります。
その一方、市民ニーズが多様化していく中で、すべての課題を行政だけで解決していくことがますます難しくなってきています。西尾市においても、市民、企業、各種団体の皆様の知恵と力をお借りしながら、独自の魅力を活かした住みよいまちづくりをしていきたいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
結びになりますが、各ロータリークラブの発展と、本日お集りの皆様方の今後ますますのご健勝、ご多幸を祈念いたしまして、お祝いの挨拶に代えさせていただきます。

株式会社リバティ情報研究所-代表取締役 宇野正美氏

 *講演内容概略*
 インターシティミーティングの記念講演では、テーマは「世界のタブー、ユダヤ問題を解く」と題して、過去・現在・未来にユダヤがいかに関係しているのか、講師の白熱した講演を出席した皆さまはときどき驚かさられることもありながら、静聴していた。録音NGなため、詳細をあげることはできないがかなり込み入った内容の話もあり筆者(澤村)はとても驚くばかりだった。今後の世界経済の行方、これから日本が向かう未来の話もされ参加された皆さま一人ひとりがどのように感じ取ったか、、、いずれにしても、およそ1時間30分の講演は終始驚き・刺激がたくさんある時間でした。

インターシティミーティング

 去る平成30年2月24日の土曜日、安城市のグランドティアラ安城において、第2760地区の西三河分区インターシティミーティングが、西尾KIRARAホストにておこなわれました。当日は天候にも恵まれ、KIRARA会員メンバーは忙しくもそれぞれの役割の仕事をし充実した一日が過ごせたのではないかと思います。

当日の最終確認をしています 会場となりましたホテルグランドティアラ安城の正面ロータリー 来賓・出席者のお出迎えの様子
式典司会の鈴木正司君 オープニングセレモニー オープニングセレモニー2
インターシティミーティングの開催を宣言する磯貝総一郎I.M実行委員長 大髙ガバナー補佐挨拶 ホストクラブ酒井会長挨拶

インターシティミーティング2

 式典では、来賓挨拶、次年度ホストクラブの紹介、記念講演などスムーズな進行にて、スケジュール通りに運営できたと思います。また、大髙ガバナー補佐より次年度ガバナー補佐の寺部保美氏へ福を招く熊手がサプライズとして手渡されました。下記写真あり。

式典ソングリーダーの野口君 神野ガバナー代理の加藤定信地区幹事 次年度ガバナー補佐寺部保美氏(三河安城RC)
大髙ガバナー補佐より熊手の贈呈 次年度ホストクラブの三河安城RCの皆様 式典閉会の挨拶をする伊藤則男副会長
記念講演の講師紹介をする髙須光幹事 入会3年未満の会員に対するセミナーで講師を務めた田中パストガバナー 3年未満セミナー風景

懇親会1

 式典後の入会3年未満会員のセミナーを終え、大懇親会がおこなわれました。懇親会には大村秀章愛知県知事もお越し頂きお言葉を頂戴しました。アトラクションでは松田幸一氏、古橋一晃氏、宇戸俊秀氏の生演奏が会場をにぎやかにしました。会員同士の懇親も深まった事と思います。

懇親会の司会進行:秋山正純君 懇親会開催に先立って挨拶する磯貝総一郎I.M実行委員長 乾杯の音頭は田中パストガバナー
各クラブの事務局さん 懇親会風景 懇親会にて親睦を深めます
各クラブの会長席 挨拶廻りをする大髙ガバナー補佐

懇親会2

 懇親会の終わりは定番の手に手つないでを歌い閉会した。当日、ご出席いただいた皆様をKIRARA会員にてお見送りし、反省会を行いメンバー1人ひとりが思う事を述べた。

談笑のひと時 KIRARAメンバーは少しお疲れの模様? 恒例の手に手つないで♪
会場が一致団結 KIRARAメンバーにてお見送り

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]