第1284回 第26回KIRARA賞贈呈式

開催日時 平成30年11月16日
開催場所 西尾信用金庫中央支店2階
合唱曲 我等の生業
卓話者西尾を美しくする会 鶴城丘高校音楽部
ビジター山崎秀夫君(西尾RC) 西込修詞君(愛知 ロータリーEクラブ)
お客様
司会進行大高純治君

会長挨拶

 先日、10日11日と地区大会がありました。今までは名古屋のキャッスルで行っていましたが、今回は豊橋の村井ガバナーのもと、地元ということで蒲郡ロータリークラブさんが企画をし、蒲郡市民クラブとクラシックホテルの2会場で行われました。土曜日はRI会長の代理である田中さんをお迎えした晩餐会等があり、11日に地区大会がありました。バリー・ラシンさんの本年のテーマである「インスピレーションになろう」ですが、始めは私もインスピレーションになろうというと、インスピレーションという言葉遣いに違和感があり、誤訳をした人がいるのかなと思っていましたが、今回の地区大会の中で村井ガバナーが「あなたの街からロータリーを、そしてあなたの街でロータリーを」という言葉と一緒に説明をしていて、我々一人ひとりがインスピレーションになって「あなたの街からロータリーを、そしてあなたの街でロータリーを」ということでした。だんだん年齢を重ねるうちに、インスピレーションにならない、活気や新しいアイディアがなくなってくるということなのかなと、今回の地区大会を通じて、RIの会長が言うように毎日をインスピレーションになって、ものごとを良く見て、学ぶ人の行動や言動をみて、KIRARA賞を受賞したお二人のような影の行動をよく学んで、残りの人生を楽しんでいこうと感じました。皆さんもKIRARAロータリーの中で、なんとなく住みやすくて特別嫌なこともなく過ごしているかもしれませんが、インスピレーションを発信してちょっと光った人になっていただけたらと希望しています。私も努力しますので、よろしくお願いします。

出席報告
会員総数 出席免除者 本日の出席会員数 MU数 本日の出席率(%) 修正出席率(%)
54 30 38   92.68  

スマイル委員会報告

【大須賀慶一会長】
「西尾を美しくする会」の高野修滋様「県立鶴城丘高校音楽部」髙島公行様ご多忙の中、私共例会場までおいで下さいましてありがとうございます。日ごろの素晴らしい活動をKIRARA賞でたたえることが出来まことにおめでとうございます。こんごとも末長く続けられることを希望します。
【鈴木昭夫幹事】
蒲郡での地区大会に参加して来ました。昼に蒲郡うどん蒲郡みかん2ケめひかりの唐揚、めひかりのにぎり寿司1貫パン、三河の干物、三河ポークの焼肉、アカシャエビの入ったラーメンこれは最高に美味しかった。それにミニうなぎ丼すべて試食しました。おかげで弁当は食べられませんでした。

【愛知ロータリーEクラブ 西込修詞君】
初めてメーキャップさせて頂きました。
今日よろしくお願い致します。

【太田五九郎君】
ようこそキララへ。
高野様 西込様これからも西尾の街をどんどん美しくしましょう!
私は地域のゴミ拾い隊でガンバリます。

卓話

第26回KIRARA賞贈呈式(西尾を美しくする会 鶴城丘高校音楽部)


西尾を美しくする会の推薦者 太田五九郎君

西尾を美しくする会 代表 高野修滋様

担当社会奉仕委員長 丸目藤二君

鶴城が丘高校音楽部の推薦者 野口要二君

鶴城が丘高校教諭 髙島公行様(代理)

受賞者代表二人と会長・監事
【司会】
推薦者の太田五九郎君からご紹介をお願いします。

【太田五九郎君】
それでは紹介させていただきます。今回のKIRARA賞、高野修滋様。おめでとうございます。高野さんは元鶴城丘高校の教員で、現在西尾市米津町にお住まいです。推薦理由は西尾を美しくする会ということで、私のごみ拾い隊と似通ったところがありまして、意気投合しまして推薦をさせて頂きました。高野さんは16年前に西尾市の全ての公共施設のトイレを定期的に素手で掃除をされ、これを見た時にはびっくりしました。素手でなければいけないのかと思いましたが、愛情をこめてきれいにされているようです。そしてその西尾を美しくする会の発起人を同時にやられた愛知県Eクラブから起こしになった西込修司さん、偶然今回蒲郡の地区大会でお会いしまして、是非こちらの例会に出席させて頂きたいということで今回応援に来ていただいております。どうぞよろしくお願いします。以上です。

【司会】
続きましてもう一団体、県立鶴城丘高校音楽部高島様の紹介を、野口要二君よろしくお願いします。

【野口要二君】
 日ごろから生徒さんたちは学校のクラブ活動として練習に励んでおられますが、年に30回近く音楽祭や地域のお祭りなどで演奏を披露しておられます。そのほかにも老人施設、保育園、幼稚園、病院などに慰問、ボランティアとして演奏活動を10年以上にわたって続けておられます。また過去においては名鉄西尾蒲郡線の存続支援も含めましてジャズ列車を企画、実施されまして、西尾蒲郡線の存在をアピールするなど地道な活動を続けてみえます。また、音楽の普及や発展に大きく貢献をされ、癒しを与えてもらっていると思っております。KIRARA賞に選んでいただけて卒業生の一人として私も大変嬉しく思っております。高島さんにつきましては、再任教諭でございまして、鶴城丘高校は本日文化会館で創立110周年記念の式典をやっておられまして、顧問の伊藤先生がとても出てこられるような状況ではございませんで、なんとかどなたかということでお願いをしたら、音楽部の顧問としてもやっておられましたし、大変学校に対しては色々なことを知っておられますので、ちょうどよかったかなと思っております。ではよろしくお願いします。

【司会】
それでは表彰状、副賞の贈呈に入りたいと思います。 

大須賀会長より2団体に表彰状及び記念品贈呈

それではここで受賞者の方にご挨拶を頂きたいと思います。高野様お願いします。

【高野修滋様】
皆さんこんにちは。只今過分な賞を頂きまして大変恐縮しております。ありがとうございました。私は西尾を美しくする会という会を立ち上げたのは3年前で、西込さんと出会ったのが平成9年、1997年でございまして大変良い意味でショックな体験をしました。その経験で感動したわけですが、その感動をずっと持って現役教師をしておりましたので、子供たちと一緒に共有していきたいということで鶴城丘はじめ、私は西尾高校、碧南高校と転勤しましたが、生徒と一緒に活動してまいりました。この9月で丸21年になりまして、22年目に入ったわけですが3年前からは西尾市を重点的に西込さんと一緒に綺麗を広げていきたいということで西尾駅、西尾の図書館、井桁屋公園、竜神通りの高砂公園、吉良吉田駅、吉良ワイキキビーチというようなかたちで順番に掃除をさせてもらっています。今年の6月に吉良のワイキキビーチを掃除した時には、中村健市長さんも参加されまして、「やってみないとわからないこともある」と感想を話され、本当にこれはなかなかいざやってみると認知して賛同してくれる方も少ないのですが、私はこういう小さな活動を今後も定期的に積み重ねていって、やがては西尾市からごみがなくなる、西尾の街が住みやすくなるということを願って活動していきます。今回このような形で表彰頂きまして、また皆さんに発信できる形となったことを大変嬉しく思っております。最後に私のこのような活動を支えてくれているのは実はイエローハットの鍵山秀三郎という方のバックアップが非常に大きいです。そして私が今までやってきて気づいたことの中では、人の気持ちはいつも目にしているものに似てくるということであります。2500年前お釈迦様も同じようなことをおっしゃっていて、1番目に「自心清浄」、自分の気持ちがきれいになる、2つ目に「他心清浄」、その周りの人の気持ちもきれいになる、3つ目に「諸天歓喜」ということで全てのものが喜んでいきいきとしてくる、4つ目が「端正の業を植ゆ」ということで掃除をするといろんなものが整ってくる、そして5つ目が「命終の後、まさに天上に生ずべけれん」といいまして、死んだ後あの世に行ってから生き返るという功徳をお釈迦様は2500年前に説いております。5番目の死んでからのことは私もまだ経験していませんのでわかりませんが、4つは本当だなということでこれからもこの活動を深めて広めていきたいと思います。本日は過分な賞を頂きましたこと、ありがとうございました。

【司会】
それでは高島様お願いします。

【高島公行様】
失礼致します。日ごろはきららロータリークラブの皆様から多大なご支援とご指導を頂きまして本当にありがとうございます。校長に代わりましてお礼を申し上げたいと思いますのでよろしくお願いします。本来顧問の伊藤が出席しなければいけないのですが、先ほどご紹介ありましたように本日本校110周年の記念式典を西尾文化会館の方で行うということで、それに先立ちまして音楽部が演奏をするという運びになっておりまして、どうしても伊藤が指揮をしなければいけないということでこちらに来ることができませんので、私が代理ということで来させて頂きました。配布しました印刷物を読んでいただければ細かい経緯はわかるかと思いますが、読ませて頂きます。

愛知県立鶴城丘高校音楽部顧問 伊藤環
この度は第26回西尾きらら賞を賜りありがとうございます。本来ならば顧問の私が出席して西尾KIRARAロータリーの皆様に御礼を申し上げるべきところでございますが、本日本校の創立110周年記念式典を西尾市文化会館において行います。記念式典に先立って、午後1時から音楽部が記念演奏をすることになっており、私のほかに指揮をする者がおりませんのでぶしつけではございますが、代理の者をを出席させて頂くこととなりました。大変申し訳ありません。それでは活動報告をさせて頂きます。私は本校が西尾実業高校から総合学科の鶴城丘高校に変わった平成16年に岡崎工業高校から異動してきました。音楽部の顧問を希望しましたが、新参者の希望は通らず剣道部の顧問となってしまいました。この年は武道場が建替えのため、剣道部は校外での練習を余儀なくされました。そのため剣道部顧問として、生徒引率と道具の運搬、そして音楽部の指揮もすることとなりました。剣道部顧問としての業務をこなしながら、音楽部顧問としても夏は西尾まつり、冬は恵保育園、春は住宅展示場などで演奏しました。当時は管楽器の少ない編成でしたが、3年生のアルトサックスとトロンボーンに上手な生徒がいました。またリズムセクションの1年生の4名が有望でした。この年の西尾まつりで演奏した曲にルパン3世のテーマとブラウドメアリーがありますが、この2曲は今でも演奏曲に入れています。ただ、平成18年ごろまでは、吹奏楽の譜面を手直しして演奏するという部活動で、方向性が定まらない状態でした。平成19年のある日、部長がDVDを手渡して、「私たちはこれをやりたい、とにかくこのDVDを見てください」と熱く語ったのでした。そのDVDはスウィングガールズでした。そこでビッグバンドでジャズという方向を定めました。私は元々吹奏楽の出身で、方向は定めたものの何をやっていいのかわからず、暗中模索の状態でした。とりあえずインターネットで色々探して本と譜面を探して、研究と練習が始まりました。しかし誰もジャズについて教えてくれる人がいないので、とても不安でした。岡崎市がジャズの街をアピールしていて、ジャズミュージシャンにとってのあしながおじさんとして内田修さんを大々的に宣伝しているのを知り、当時岡崎駅近くのシビックセンターにあった内田修コレクションを訪れ、本校の実情を話して相談に乗ってほしい、譜面があったら貸して欲しいと切り出しましたが、全く相手にしてくれませんでした。その後なんとか独学でロックやスイングのリズムのパターンを消化して、指導しました。その成果を他校にもアピールしたいと思い、吹奏楽連盟に加盟してビッグバンド編成で吹奏楽コンクールに出場してしまいました。演目はバードランドとA night in Tunisiaで、県大会まで進むことができました。そしてこれ以降ビッグバンドスタイルが定着することとなり、色々なつてを頼って音楽大学や専門学校の講師にレッスンをお願いすることもありましたが、継続的な指導がないままスイングしないビッグバンド状態が続きました。この状態を変える契機となったのが平成25・26年の2年間に実施したジャズ列車でした。名鉄西尾線の車中での演奏はそれほど高度なものではなかったのですが、マスコミに大々的に報道され、様々なところから演奏の依頼や問合せが増えました。西尾KIRARAロータリークラブからも継続的に講師を派遣して頂いたり、更にはドラムのシンバルを寄贈して頂きました。けんもほろろであった岡崎市も守屋純子さんなど豪華な講師を揃えたジュニアジャズキャンプに誘ってくれたりしました。おそらく日本で最高に上手い高校生ビッグバンドの名古屋青少年ビッグバンドもコンタクトをとってくれるようになりました。そして昨年からは安城ジャズクラブからアマチュアのサックスプレイヤーがコーチとして毎週土曜日に指導してくれることになりました。更に、今年から私の中学時代の友人がリズムセクションをほぼ毎日指導してくれています。ジャズ列車はそもそもお酒の席で本校の国際ビジネス系列の先生にジャズ列車なんてどうかなと切り出したのがきっかけでした。半分冗談だったのですが、国際ビジネス系列の先生がどんどん話を進めてしまったのです。ジャズ列車で注目を集めたのは音楽部でしたが、実際に苦労されたのはその先生と国際ビジネス系列の生徒達です。彼らにはとても感謝しています。彼らが頑張ってくれたから今の音楽部があると思っています。
以上です。

その後に活動風景ということで写真がたくさん載っております。同じ演奏は省いておりますが、これだけたくさんの活動をして来れたということで、先ほどご紹介がありましたように年間30回以上の演奏活動を行わせて頂いております。生徒の活躍する場をこうやって作れて、地域の皆様にもご支援頂き愛される鶴城丘高校ということで、また本日はKIRARA賞をいただき、ますます頑張っていきたいと思っております。本日は110周年の記念式典とこのKIRARA賞と2つおめでたいことが重なったと喜んでおります。本日はどうもありがとうございました。

【司会】
ありがとうございました。これをもちまして西尾KIRARAロータリー賞贈呈式を終了します。

【大須賀会長感想】
西尾を美しくする会の高野さん、そして私の母校でもあります鶴城丘の高島さん、今お聞きしておりますと色々なところでこういう美化運動をやられている方は私も知っております。私の家の近くでも自転車で犬を連れて、木の間のごみや缶をちゃんと分別しながら回収してみえる姿は決して素敵な姿ではないのですが、やっておられることは本当に尊敬する、感慨深いです。ああいう風に私はまだなれていないですが、ああいう姿を見ると今高野さん達がやってみえることも同じことだと思います。人に見てもらってどうのこうのよりも、美しくすることによって自分も磨いて人間として立派な人生を過ごしたいという思いがあられるのだろうと、やはりこういう方たちの一つ一つの行動によって、私たちもそういう方の善行を見習って、機会があればそういうことをやりたいなと思っております。
そして鶴城丘の高島先生、私も100周年の時はよく知っていたのですが、もう既に110周年ということで今日文化会館でコンサートをやってみえるということで、ジャズの世界の中で音楽、来年の5月にまた野口君の企画で実業のジャズの音楽を、具体的に場所等は決まっていませんが、こういう形も長く続いていくと思います。今後ともご活躍をお祈りしまして、御礼のご挨拶に代えさせていただきます。どうもありがとうございました。

各種委員会報告

会長挨拶  :  大須賀慶一会長

幹事報告  :  鈴木昭夫幹事

出席報告  :  市川 治君

スマイル報告 : 澤村彰佑君

米山功労者  : 加納 隆君

その他委員会報告 :
堀田義之君(地理研)
秋山正純君(親睦委員長・お城研究同好会)
太田五九郎君(ゴルフ同好会)

会長点鍾 鈴木昭夫君幹事報告 市川君 出席報告
澤村彰佑君
スマイルボックス報告
米山功労者 加納隆君 堀田義之君 地理研案内
秋山正純親睦委員長 各種案内 太田五九郎君 ゴルフ案内 ビジターとして西込修詞君
愛知ロータリーEクラブより来訪

詳細はホームページをご覧下さい。 [http://kirara-rc.jp/kaihou.php]